晴れ時々素っ頓狂
音楽とかバンド活動とかサッカーとか映画とか。 楽天家。能天気。ボケつき。
大晦日。
やっとひと段落。
とりあえず大掃除。
といっても掃除機かけてから、よっぽど汚いところを雑巾で拭いたら、あらもう夕方。
その後、Mと処分したマットの替わりを買いに「しまむら」、その後、正月の食品を買いに「ベルク」へ。
あーなんか今年は年末のフンイキを味わう期間がやけに短かったなあ。

夜は「GGR」の特別番組を見てから、いつも子供が見てる「笑ってはいけない」をつられて見てる。
それにしても今年はレッズ以外は楽しいことばかりの一年だった。
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

実質仕事納め&忘年会
昨日は月末のため会社へ。
入り口がロックされてて一瞬あせる。
暗証番号聞いてたんだったっけ。
予定よりは早めに片付き、少し早めに池袋の忘年会会場へ。
幹事だったもんだからさー。
CRすぎのことその仲間たちの忘年会。
「NIJYUMARU」っつーとこ。
3時間コースだったけど、早めに始めたから時間はたっぷり。
2次会は予めピックアップしてた店を予約。
「甘太郎」っつーとこ。
カラオケがある個室だったんだけど、洋楽がないっつーことで、流れで3次会はカラオケへ。
みんなはまだ次行きそうだったけど、私は終電で帰宅。

さて今日は大掃除だす。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

仕事納め。
午前中、MSから携帯を受け取るため、新宿駅の改札へ。
昼から会社の納会。
適当に食うだけ食って後は仕事。
夕方、いつもよりちょい早めに退社。
床屋に寄って帰宅。


今日のいちまい。

MANIA MANIERAMANIA MANIERA
(2006/10/25)
ムーンライダーズ

商品詳細を見る


i-Podで音楽聴くようになるとアルバム単位って概念がなくなる。
けど、これはアルバムで聴きたいっつーのもある。
ムーンライダーズのアルバムはたいがいそのパターン。
中でもこのアルバムは異色なだけにベストとかで聴くと浮いちゃう気がする。
「Kのトランク」とか「花咲く乙女よ穴を掘れ」「スカーレットの誓い」なんて今でこそ難なく聴けるけど、当時は異様な曲だったよなあ。
だいたいタイトルがどれも変だろー。
なんでもレコード会社が発売を見送ったっつーことだけど、無理もない気がする。
いや今聴くとホントいいアルバムだけどね。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

やっと復活。
一日中ダウン。
やっと調子が戻った時には日が暮れてた。
もちろん何もやらず。
明日はYPJ忘年会の誘い受けたけど、行くの断念。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

続・忘年会とか。
昨日は今年最後のバンド練習。
都市航海@代々木「Noah」。
練習後に「よよぎあん」というとこで忘年会。
いつものメンバー、TYとMSにMを加えてニ次会。
行ったのは覚えているが、会話の記憶がほとんどない。
終電には間に合ったが、Mが気分悪くなり途中下車したので、結局川越市からタクシー。
そしたらMSから電話があって携帯を店に忘れたとのこと。
今日ついでがあるとのことだったので、MSにとりに行っていただいた。
なきゃないでどうにかなるかとも思ったが、電話がかかってきたりして迷惑がかかりそうなので明日受け取りに行ったほうがいいね。

で、今日は珍しく二日酔い。
ダメだ、気分悪くなってきた。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

忘年会とか。
昨夜、You Tubeをいろいろ見てたら「ミーン・マシーン」をめっけた。



いやぁ、かっちょえー。
チャラとYUKIのツイン・ドラムだぞー。
歌の伊藤歩も凄すぎるぞ。
ほとんどヴォーカリスト達が演奏して女優が歌うってのもかっちょいい。
こういうコンセプトでバンドやってみたいな。
知り合いのヴォーカル陣集めて演奏にまわり、バンド経験ない人が歌うっつーの。
面白くね?

で、今日は会社の忘年会だ。
青山のSERAN(セラン)っつーとこ。
なんか話題のおしゃれなイタメシ屋らしいんだが、食い物が少なくって、ほとんど空きっ腹状態でワインがぱがぱ飲んだので酔っ払っちまった。
で、ウチの会社は、毎年、新人が幹事をやって、彼らの企画力等が試されるんだが、今年の新人の女の子がバニーちゃんのかっこしてたのにはまいったなあ。
思い切ったなあ。
思わず携帯で2ショット撮ってもらっちゃったじゃないか。
また、ビンゴは若い娘用の服コーディネイト一式とか当たるし。
値段は結構するんだろうけど、縁がねー。
この先、若い娘でもかこった時のプレゼント用にとっとくか。


今日のいちまい。

ポッパーモストポッパーモスト
(1999/07/16)
ちわきまゆみ

商品詳細を見る


ミーン・マシーン繋がりで、ちわきまゆみを聴く。
「よごれたいのに」がYou Tubeの関連動画で出てきてさ、改めてぐっときてしまったのだぞなもし。
で、このアルバムは編集もんだけど、シングルのカップリングとかのレア集で、カバーも多く、ベスト・アルバムっつーわけではない。
収録のオハイオ・エクスプレスとかベイ・シティ・ローラーズを聴いてると、この人はどポップをニュー・ウェイヴっぽくっつーのが基本路線なんだろなー。
ほんで。
それは私にとってストライクなんだわ、これがまた。
ヴォーカルは、低音でドスきかせて歌う時と、ケイト・ブッシュみたいにフワフワと高温で歌う時があって、曲によって使い分けてる感じ。
けっして歌のうまい人じゃないけど、表現力は抜群にある人だなー。
最近は活動してないけど、どうしてんだろ?
アルバムはこれ入れて多分8枚しか出てないけど、ちょっと通して聴いてみようという気になったのだった。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

いやあ。
ぜいぜいの一日だった。
打ち合わせしながら、いろんなやりとりしてたから、夕方まで打ち合わせが伸びてしまって、そっから一気にデスクに溜まった仕事をこなした。
気づいたら夜になってた。
1時過ぎくらいに30分ほど食事休みしようとしいうことになったのだが、私が打ち合わせが終わるのを待ち構えてたヤツラのおかげで昼も食い損なってしまった。

そうそう、そういや昨夜、血便が・・・。
自覚症状は何もないんだが。
やはり内視鏡やらんとダメか。


今日のいちまい。

COOL DRIVE(MAKERS) THE COMPLETE BOX(DVD付)COOL DRIVE(MAKERS) THE COMPLETE BOX(DVD付)
(2006/02/22)
COOL DRIVEcool drive makers

商品詳細を見る


ここんとこ忘れかけてた「クール・ドライヴ」を聴く。
もうだいぶ前になるけど、ラジオの司会をやってたのを聴いて彼らの存在を知った。
とにかく「COOL TRAIN」って曲がかっこよくて、いっぺんに気に入った。
番組でかけてたその他の曲もすごく良くできてて、「ベスト出たら買おうーっと。」と思ってた。
R&Bテイストで、ホーンもバリバリ、メロも頭に残るし、詞も卒がない。
才能ある人ちだなあとずっと思ってた。
で、しばらくしてベストが出たので早速聴いてみたんだが、これが少し聴いてると飽きてしまうのだ。
1曲1曲はとても良くできていい感じなのに、なんか続けざまに聴くとイヤになっちゃう。
ベストっていう性格上なのかもしんないけど。
ちなみに、この人たちはバンド名が縮小したんだけど(以前は「クール・ドライヴ・メイカーズ」)、その時にフツーのJ-POP路線に変更した。
それもなかなかよくできてる。
しかし結局、流行ることもなかったし、やっぱり続けざまに聴くと飽きてしまう。
音楽ってほんと不思議なもんですね。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

寒い朝だった。
おおっ。
冬っぽい。
さびぃさびぃ。

仕事は佳境。
月末の準備とか。

ところでつまんないことだけど、帰りにi-Podをシャッフルで聴いてたら、家に着く前がBoAの「メリクリ」。
必然的に、Mixiの更新にこのタイトルが載った。
子供が大きくなると縁がなくなるけど、クリスマス・イヴだったね、今夜は。


今日のいちまい。

ベター・トゥ・トラベルベター・トゥ・トラベル
(2006/11/22)
スウィング・アウト・シスター

商品詳細を見る


スウィング・アウト・シスターのファースト。
男女3人のグループってだいたい男2女1で、しかも男1が脱退するってパターン多いよな。
トンプソン・トゥインズとかドゥ・アズ・インフィニティとかドリカムとか。
スウィング・アウト・シスターーに至っては3人だったのは、このファーストだけっつー。
パーカッションの人がやめて2人になって作った次作の方が完成度は高そうだけど、このアルバムはなんつーたって「ブレイクアウト」が入ってるからね。
これは本当に名曲だと思うな。
個人的にはボサとかジャズの要素より、フィリー・ソウル部分をもっと全面に出して欲しかったけど、アルバムを出すごとに流れは逆に。
よって5.6枚目くらいから買わなくなってしまった。
その分、このファーストと2枚目、これはいつまでも聴いていたいアルバムだ。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

最後の祝日。
午前、録画しておいた「M-1グランプリ2008」を見る。
最終決戦に出場した3組、NON STYLE、オードリー、ナイツはどれも面白く大笑いした。

午後、Mと川越へ買い物。
帰ってきてすぐに両親とMHと「そうま」に夕食に行く。
Hの誕生日が近いっつーことで。
量的にはイマイチだったけど、手が込んでておいしかった。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

二日続けて。
呑むとやっぱりそれなりになるなぁ。
むにゃむにゃ。

朝、会社でいきなり、「先日もらった仮払いが1万足りなかった」と言ってきた女の子が現れる。
仮払いはデスクに預けて、デスクの彼女らが振り分けてるので、経理に言ってこられても困るんだが。
それに、そもそももらった時に確認しなかったのが悪いんだし。
んでも担当のデスクが、よりによって今日休みだったので、同日に仮払いを受け取った人に確認してあげた。
他の誰かの所に1万円多くいってるはずだから。
優しいなあ。自分。

いや、すぐに見つかったんだけどさ、みんな金もらう時って確認しないんか?
おいおいってなもんだ。


今日のいちまい。

ロンドン・コーリングロンドン・コーリング
(2005/11/23)
ザ・クラッシュ

商品詳細を見る


今日はジョー・ストラマーの命日だそうだ。
クラッシュで一枚あげろと言われたら、やっぱ「ロンドン・コーリング」だわなあ。
次の「サンディニスタ!」もすげえアルパムだけど、クラッシュつーよりもクラッシュ・ファミリーのアルバムみたいだし、やっぱこれっしょ。
とにかくパンク大好きって人には「ポップになりすぎ!」って批判受けたアルバムだけど、そんだけ音楽の懐が深いんだよね、クラッシュって。
レゲエはもちろん、「スタッカリー」まで出てくる。
ロックンロールにしても、多くのパンク・バンドとは違う、付け焼刃じゃない、しっかりと根ざした何かがあるっつーか。
その上で、超かっちょいいんだから、言うことなしだなあ。
いつまでもロック魂を痺れさせてくれるアルバム!

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

忘年会とか。
というわけで、昨夜は新宿「ぞんぶん」にて都市航海周辺の例のメンバーで忘年会。
30年間ほとんど変わらない話題で盛り上がって、2次会まで。
3次会に行きそうな輩もいたが、そのまま切り上げる。
おかげで終電は余裕で間に合う。

考えたら昨日はそこそこ飲んだ。
今日もまだちょっと酒が残ってる。

そんでそのまま夜、CRすぎのこの練習。
練習後、「ジョナサン」でごくごくかる~くワイン呑む。
ごうじんさんに和光市まで送ってもらう。
それでも川越市からタクシー。
今こうして書いてるくらいだから無事到着。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

土曜朝恒例。
CDについてたDVDで未見のものを片っ端から見る。

スティーヴ・ウィンウッドのは新旧映像を織り交ぜたインタビューなんだが、これがなかなか興味深かった。
今年で60だってさ。
家から広大な畑をトボトボ歩いてスタジオへと向かう。
畑で採れた菜種油を車に使ってるとか、野鳥や小動物のために畑作ってるとか話し、アコギでロバート・ジョンソンみたいな曲を歌う。
そして一方ではクリス・ウッドやジム・キャパルディとジャムってた時代を懐かしみながらも、新しい音楽のフレイバーを探してる。
いい生き方やね。

その他、大塚愛のPV集は相変わらず。
以前WOWOWでやってたのを見た時はイマイチだったので、あんまし期待してなかったのにとても良かったhitomi。
KTから別れてからのヤツはほんにいいよ。

その後、Mと「ロヂャース」「SATY」コース。
猫餌、食料品、コートなど買う。

ほな。
今日は忘年会なんで。
また明日。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

よっしゃ。
きたきたきたきた。
やっと週末。
仕事やり残したけど、来週来週。
とりあえずやっとたどり着いた。


今日のいちまい。

TotoToto
(2008/02/01)
Toto

商品詳細を見る


TOTOが出てきた時はボズ・スキャッグスのバック・バンドだったつー触れ込みだったんだよなあ。
懐かしい。
ボズ以外にも、スティーリー・ダンでジェフ・ポーカロ、ロギンス&メッシーナでデヴィッド・ペイチはそれぞれもうすでにいい仕事をしてたから期待もあった。
不思議なことに、最初聴いた時はこっちが勝手にイメージしてたものとずいぶん違った感じがしたけど、今聴き直すとボズの幻影がはっきり見える。
シェリル・リンの加わった「Georgy Porgy」は今でも傑作だと思うし、ヒット曲の「Hold The Line」は良くできたポップな曲だ。
まあTOTOは4枚目が一番有名なんだろーけど、面白いのは2枚目くらいまでじゃなかろーか。
TOTOって専任のヴォーカリストがいるのにルカサーとかペイチも歌ってるんだよね。
しかも専任のヴォーカリストの方がどうも好きになれないっつー。
なんつーか、「あーわかったわかった。うまいうまい。」って言いたくなるような感じなんだよね。
要するにヴォーカリストの歌が「楽器的」というか。
卒がなさすぎてつまんないつーか。
演奏はそれでもいいんだろーが、歌はねぇ。
まあ、これは個人的な好みかもしれないけど。
歴代のどのヴォーカリストにもそう感じるのは、同じような人選んでるんだろなあ。
ルカサーとかペイチの歌の方が「歌」らしく聴こえるってのはなんだか面白い。
いずれにせよ、TOTOってもっと味のあるヴォーカリストが入ってたらもっと好きになってたのに、といつも思うんだよね。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

ぶひん。
まだ木曜かあ。
長い・・・そして密度が濃い。
仕事密度。
楽しくない。
それでも年末調整終わったったぞぉ~い。
やっほぉ~い。
後は月末から年初にかけての処理やな。
正味5日くらいでやらにゃいかんのかぁ。
つれぇー。

ところで。
朝、濃霧で電車遅れる。
今の所に引っ越してきて18年くらいになるけど、伊達につけられた地名じゃないんだよね。
結構かすみってることが多いのだ。
まあ、朝はちゃんと運んでくれさえすれば遅れてもいいです。
車内寝てるし。

夜、後半からだけど、CWCの準決勝「マンUvsガンバ」見る。
打ち合いで、ガンバの良さが思う存分発揮できる試合展開となった。
「5-1」になるも2点返して「5-3」。
ガンバがあきらめずに奮闘したおかげで面白い試合にはなったけど、それでもやっぱり世界との差はおっきいかな。
仮に同点に追いついても、1点余計に返されて負けるのが見えちゃうつーか。
もっと力が拮抗した相手だったら、マンUもああいう攻めあうような戦い方はしなかったろうしなあ。
中継している局もそういうことはちゃんと伝えないといかんと思うが、おバカな日テレじゃ無理か。
テレ朝とは違う意味で聴いてられんもんね。
話すことはデータばっかだし、くっだらねーことデフォルメしてバカ騒ぎするし。
バーカ。


今日のいちまい。

ナイン・ライヴズ(初回生産限定盤)(DVD付)ナイン・ライヴズ(初回生産限定盤)(DVD付)
(2008/05/28)
スティーヴ・ウィンウッド

商品詳細を見る


前作に続いて地味地味路線のスティーヴ・ウィンウッド。
「オルガン主体で音薄目、でもグルーヴ感は物凄く」は前作と同じく。
80'sしてたり、ロックしてたウインウッドも悪くなかったけど、彼にはこのあたりの音が一番似合うような気がする。
なんつーか、ブルースとかジャズとかラテンとかがごっちゃになったような・・・時にフュージョンっぽかったり。
変拍子の曲もあったりする。
ソロっていうよりトラフィックみたいな感じかな。
それもトラフィックの後期・・・っつーのかしらん、マッスル・ショールズとかと演ってた時のフンイキ。
私はウィンウッドの歌が好きなので、インストちょい長めはトラフィックの途中からちょっと物足りなかったのだけど(「プレゼンス・オブ・ザ・ロード」もクラプトン本人よりブラインド・フェイスでのウィンウッドの歌の方が好きだし)、このアルバムは演奏が少々長めながら、歌を堪能できるギリギリの長さかな。
ラストの曲なんてほんといい曲だよ。
まあ、力まずに自然体で楽しんでるフンイキが出てるとこもいいし。
ただBGMになっちゃいそうなとこは否定できないけどさ。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

やっと。
中日かあ。
今週は長いなあ。
忙しいのは相変わらず。
今日は寒い上に雨。
おもろいことがなんもない。


今日のいちまい。

LOVE LETTER(DVD付)LOVE LETTER(DVD付)
(2008/12/17)
大塚愛

商品詳細を見る


先日予約注文した大塚愛の新譜が昨日届いたので早速聴く。
出てきた当初はaikoっぽさもあった人だけど、途中から「なんでもありだもんねー」方向に持って行ってしまったので、たとえばフルオケでほとんどスキャットなジャズ、「シヤチハタ」みたいな曲が出てきても驚きはそれほどないし。
そんな優柔不断ぶりと適度にキャッチーなメロと、時にコミカル、時にしっとりする曲と「女の子だから」と許せる器量を最大限に生かし、いまやaikoとは全く違う道を行っている感じ。
aikoが幅を広げられず(あえて広げず?)マンネリ気味になってるのに比べて、いやぁ、大したしたたか者だと思います、愛ちゃんって。
スキをたくさん見せて、その気になると「えー。なんのことぉ?わかんなぁーい。」って言いそうな女の子キャラだけど、まんまとその気になったフリして聴くのが素敵なんでしょう、きっと。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

たいへん。
忙しゅうございます。
もうやだ。


今日のいちまい。

ザ・シングルズ 2007ザ・シングルズ 2007
(2007/09/05)
ザ・クラッシュ

商品詳細を見る


クラッシュのアナログ時代のシングル・ボックスは当時カセットに録音してよー聴いた。
B面はミック・ジョーンズのへたっぴなヴォーカル曲が多くて、それはそれで好きだったし。
このシングル集は前に出たのと若干曲も違ってて、曲順も年代順になってない。
曲はどれも馴染み深くて、今更って感じのアルバムだけど。
「This Is England」だけはちょっと違和感があるのは、やっぱ半分メンバーが違うんだから、「そらそーだ」ってことなんだろーか。
で、このアルバムの目玉は「Guns Of Brixton」のリミックスだけど、まあ元の方がいいわなあ。
「The Magnificent Seven」のシングル・バージョンが貴重っつったって、途中でブチ切られてるだけだし。
クラッシュのベストとしては「Story」「Essential」にボックスの「Broadway」も出てるし、編集盤としては「パール・ハーバー」も「Black Market」もあるから、今更シングル集なんてあまり意味ないのかもしんないんだけどさ。
そんでも前に出たシングルのボックスみたいなんじゃなくて、ただAB面を時代順に収録した「ちゃんとした」シングル集を(2枚組?)で出して欲しいんだよね。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

さむい。
今年は雨が降るとしばらく寒さが厳しくなるそうで。
昨日雨だったので、確かに今日はさびい。
年末調整やらで忙しさは続く。

一昨日から「キリスタ・年末ライヴ」の話が急浮上してたけど、諸事情により、なくなった。
日程的にはとても厳しかったんだけど、なくなったらなくなったでちょっと寂しかったりもする。


今日のいちまい。

ベスト・オブ・ダン・ハートマンベスト・オブ・ダン・ハートマン
(2004/07/22)
ダン・ハートマン

商品詳細を見る


「あなたを夢見て」って曲が大好きだ。
歌ってるのがエドガー・ウインター・グループのベーシストだったダン・ハートマン
その後、ディスコ路線に進んで、JBなんかにも曲提供したりで、有名曲もそこそこあるんだけど、ちゃんとしたベスト盤がいまだに出ていない。
HIVで他界した人だぞ、ちゃんと出せよ、おい。
いちおー名ばかりのベストはあるが、これがねぇ~。
バージョン違いが多くて、私はフツーのシングル・バージョンのベストが聴きたいんだけど。
大好きな「あなたに夢見て」はリミックス・ロング・バージョンだし、逆にフル・バージョンで聴きたい「Vertigo~Relight My Fire」は輸入盤がインスト(要するにカラオケ!)、日本盤は「Vertigo」と「Relight My Fire」をわざわざ切り離してのシングル・バージョンっつー。
輸入盤の編者はなんでも過去にアルバム収録されていないバージョンを入れようとしたようなんだけど、そんなのはレアもんとして出してくれ。
まっとうなベストが先だっつーの。
ただ、曲はどれも素晴らしく、本当に才能のある人だと感心してしまいます。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

のんびり。
日曜日。
夕方、Mと灯油入れに行ったり買い物やらに出た以外、ひたすらうだける。
溜まっていたDVDやら録画したのをたくさん鑑賞。

CD付録のKYON2のDVDはちょっと期待してしまったが、歌がつらすぎたなあ。
ブランク空きすぎるとやっぱ難しいもんだね。

レッズの最終戦のセレモニーはやっと見る気になった。
試合はともかく、岡野とウッチーのコメントにはうるっと来た。

金曜にやってたU2のライヴはまあ相変わらず凝ってて良く出来たものだ。
全く退屈させないし、風格さえ感じるな。
いや、4人でこんだけ聴かせられるって凄いよな。
まあそういうサウンドを考え出してしまったってことなんだけど。

レディオヘッドの来日時のライヴはやっとのこと見たけど、これもなかなか素晴らしい。
ステージに独特の世界観みたいのがあって、淡々としてるんだけど、知らず知らずのうちに引き込まれる。
レディオヘッドは曲聴くとU2っぽいと思うこともあるんだけど、ステージ見てしまうとイメージが全然違う。
うまい言葉が見つからないけど、U2は外にエネルギーが向いてる感じで、レディオヘッドは内へ内へと向かってる感じ。
内へと向いてても、バンドがプレなく同じ方向向いたグルーヴ感があるので聴いてても心地よい。(通じるかな?)

夜、いちおーCWCの「ガンバvsアデレード」を見る。
アデレードもやっぱりつおいね。
ただ、チャンスをはずしすぎたかな。
ガンバの得点は素晴らしかった。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

練習とか。
朝からマイグル練習。
マイグルは、前回の練習を義父の件でパスしたので久しぶり。
コーラス覚えるのいっぱいで頭がフリーズしそう。
練習後、「シェイキーズ」で食い放題。
貧乏性なもんで、つい食いすぎて腹苦すぃい。

帰宅後、途中からだが、J入替戦「ジュビロ磐田vsベガルタ仙台」を見る。
やっぱり入替戦はサイコーに面白い。
地力では磐田が上だが、仙台も良く頑張って結果的に紙一重の差だった。
最後は川口。
ロスタイムの「あわや」も神業セーブ。
この人はホント、ギリギリ追い詰められた状態に強い人だ。
しっかし、シーズン終盤のレッズは今日の仙台なら間違いなく負けてたろうなあ。

夜、喪中の葉書作業。
と言っても宛名は勝手に印刷してくれるのでラクなもんだ。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

遊んだ。
やる気ないので。
でもホント言うとちょっとだけは仕事した。
ほょ~、やっと週末。


今日のいちまい。

ブリュッセルより愛をこめてブリュッセルより愛をこめて
(2007/02/23)
オムニバス

商品詳細を見る


UKのファクトリー・レーベルのベルギー版?クレプスキュール・レーベルの初期コンピ。
アンナ・ドミノやアンテナが入る以前みたいだから、本当に初期の初期なんだろな。
ジョン・フォックスのジングルに始まり、いきなりトーマス・ドルビーの「Air Waves」の初期バージョンが出てきてゾクッとする。
・・・って、これ目当てで買ったんだけど、ゾクッはそこで終わってしまった。
以降はちょっと退屈だった。
特にシンセがうなるだけだったり、歌がなくてセリフだけとかって曲は辛すぎる。
やっぱ最低限何らかの「ノリ」めいたものはないとなあ。
今をときめくマイケル・ナイマンが入ってたり、ニュー・オーダーやドルッティ・コラムの音源は貴重なんだろーけどね。
でもそれも大ファンでもない限りわざわざ聴くこともないって感じ。
まあ、歴史の1ページを体験するって程度のアルバムですな。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

やる気なし。
今日もやることいっぱいで、忙しかったんだけどさ、もうやる気おきねーでやんの。
今週はもういいや。
後はいいでしょ?来週でも。


今日のいちまい。

Secrets of the Hive: The Best of Procol HarumSecrets of the Hive: The Best of Procol Harum
(2007/08/28)
Procol Harum

商品詳細を見る


以前もオールタイムなベストはあったけど、10作目の「Something Magic」までだった。
これは復活アルバムも含んでの、まさに現時点でのオール・タイムなプロコル・ハルムのベスト。
この人たちは活動歴の割にアルバムはそんなに出していないんだけど、まあそれでもそれなりの数にはなるし、メンバー・チェンジもちょこちょこあったし、サウンドも変わったりして、2枚組のベストくらいじゃあやっぱり物足りない。
特に、お気に入りの「Procol's Ninth」からのチョイスが1曲のみっつーのはプンプン!とお怒りモードだ。

復活アルパムはライヴ含めて3枚あるんだけど、このベストには5曲も入っている。
マシュー・フィッシャーが戻ってのアルバムっつーことで、ロビン・トロワーは最初の復活作のみの参加、ドラムはBJウイルソンじゃなくて、なんと!ビッグ・カントリーのマーク・ブレゼジッキー(あ゛ー言いにくい)、他も新メンバー。
要するにゲイリー・ブルッカーとマシュー・フィッシャーが仲直りした記念アルバムみたいなもんなんじゃなかろーか。
このベストが出たのもそのあたりと関係しているかもしれない。
ちなみに「青い影」の作曲者が、このベストでは今までのゲイリー・ブルッカーからマシュー・フィッシャーに変わっている。
まあ復活アルバムも単体で聴く分にはいいのだけど、こうしてベストに入って聴くと、なんか過去の曲の焼き直しっぽく聴こえてしまう。
やっぱプロコル・ハルムと名乗るのは「Somethin Magic」までで良かったのかも。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

なんなんだー。
今日もド多忙。
ちょっと洒落にならん。
年末だから?
さぁー。

明け方、夢の中で駄洒落を言うっつーヘンな夢を見た。

魚屋へ行くと「牛たん」があったので「びっくりぎゅうたん!」と言ったけど全くウケなかったので、「ホッケー(OK)」「イエーイ!(エイ)」と言ってごまかす夢。

忘れないうちに、と起きざまにすぐMに話した。
そしたら「つくづくノーテンキ、根っからの楽天家だね。」と褒められた。

さて世の中クリスマス・モード。
クリスマスって子供の頃から何がHAPPYでめでたいのかよくわかんなかったけど、何か楽しそうだから「まいっか」って過ごしてきた。
で、何がめでたいの?
とりあえずクリスマス企画もんの今日のいちまいx2。

CHAINCHAIN
(2008/11/26)
BONNIE PINK

商品詳細を見る


そもそもボニー・ピンクのデビュー・シングルが名曲「オレンジ」で、なぜかこのタイトルでクリスマスの歌だった。
で、何年ぶりかのクリスマス・ソングってことなんだろうけど、会社で聴いてるJ-WAVEでやたらかかるもんだから、すっかり耳に馴染んでる。
「オレンジ」は・・というか、あのアルバムは聴くとなーんか暗い気持ちになったけど、最近のボニピンはいい意味で軽やかになった。
6曲入りでクリスマスのスタンダードが4曲。
リーダー曲のアレンジ曲がもう1曲。
この4+1がリーダー曲を上回るほどの出来。
すごくいい。

24 Xmas time(初回限定盤)(DVD付)24 Xmas time(初回限定盤)(DVD付)
(2008/11/26)
倉木麻衣

商品詳細を見る


倉木麻衣のは2曲プラスいまだなくならないカラオケトラック2曲。
リーダー曲はラップなんかも出てくる、ちょっと変わったクリスマス・ソング。
出来はまあまあかなぁ。
カップリング曲はなーんか桑田圭祐が作りそうな曲で、狙ったのかな?
まあいい曲です。
この人のカップリング曲は、いつもリーダー曲に負けないくらいのクオリティなので、ついいつもマキシも買ってしまうのだった。
あ、あと前々から思ってたけど、この人は自分で詞は書かない方がいいと思う。
タイトルも割といつもダサい。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

多忙。
忙しい。
仕事が。
おかげで仕事以外のことができない。
フツーそう?
仕事ばっかやってたので書くこともない。


今日のいちまい。

Nice Middle(初回限定盤)(DVD付)Nice Middle(初回限定盤)(DVD付)
(2008/11/26)
小泉今日子

商品詳細を見る


前作「厚木I.C」からもう数年は経つんじゃないかと思う、KYON2の新譜。
「N゚17」以降はアーティスティックに地味に細々やっていきますわ~路線になったと思うけど。
そんでもいちおーKOiZUMiX PRODUCTIONとか、楽曲募集した企画モンとか、それなりにやってたけどね。
でもやっぱり何か物足りなかった。
この人の歌は器用じゃないし、曲を膨らませたりもできないから、アイドル要素がなくなると、曲との化学反応を楽しむしかないわけで。
そういう意味じゃ近田春夫とのコラボ作「KOIZUMI IN THE HOUSE」で最大級の科学反応を体験してしまった後は、聴く側もちょっとやそっとのアルバムじゃあ満足できなくなっていたんだろなあ。
そして前作ではついに地味そのもの、曲を歌うただのシンガーそのものになってしまい、この先ちょっとどーなんの?、と。

で、この「Nice Middle」つーアルバム。
「小泉今日子はブギウギブギ」っつー曲は「おっ」って思っちゃうよね、やっぱり。
安心する自分がいたり。
なんつったってこの人は曲中に自分の名前を入れることができる唯一のシンガーなのだ。
「KYINKYONはフツー」「なんてったってKYONKYON」なのだ。
一方で歳を感じさせる「今日の約束」もあって、バラエティは豊か。
傑作アルバムではないけど、今後の新しいKYON2像に期待の持てるアルバム・・・っつーことでひとまずホッとしたのであった。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

今日になって。
土曜の疲れが出た。
朝起きるのがちょっとしんどかった。

そのフェスが打ち上げ含めて予算以内に収まったので、VANDAレコードで大塚愛の新譜を予約注文する。

41ocz55FEzLSS400.jpg

先日amazonで購入した輸入CDが届いたが、包装がもんのすごくヘンで、開封するのに苦労してしまった。
要するにピッチリと密閉されてて、はさみ入れる余白がない上にカッター入れるにはCDに直接あたっちゃうみたいな。
キャラメルやガムをくるりんちょと開ける赤いヤツみたいのついてればいいのに。


今日のいちまい。

BETTER SONGS OF THE YEARSBETTER SONGS OF THE YEARS
(2008/10/29)
奥田民生

商品詳細を見る


土曜にWONKY見たばっかつーのもあって聴いてみました。
奥田民生のB面集。
シングル全部買ってた私は総括的な意味しかありませんが。
名曲「ワインのばか」とか「マザー」の弾き語りセルフ・カバー、まだユニコーンが存在してた頃のソロ・シングルB面の「健康」(A面の「休日」の方はこれでめでたく唯一のアルバム未収録曲とあいなった。)とか、聴きどころはいろいろあれど、自分の曲メドレーは圧巻だわ。
ほとんどがワンフレーズで展開していくメドレー。
なんだそれ。
いったい何曲のメドレーなんだろう。
終盤は2拍とかで曲つなげちゃうってスゲー。
いや、要するに歌詞をおもしろおかしくつなげてるんだが、「アホー」のひとことで何の曲かわかるってのも圧巻だわ。

ところで、あの大名曲「メリハリ鳥」が入ってねーと思ったら、先に出たベストに収録されてたんだっけ。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

ちょっとだけ寝る。
今朝は帰宅後2時間ほど寝る。
昼、Mと「葱馬鹿らぁめん膳」にラーメン食いに行く。
それから「ロヂャース」に行き、日用品や猫餌など買い込み、「ベルク」に寄って帰宅。
帰宅後、すぐに爆睡してしまうが、腹が減ってすぐに目が覚める。
なに、この健康感溢れた食欲。

その後も寝たり起きたり。
あーもう寝よ。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

結局朝帰り。
飲み屋出る時までは川越市行き終電~3人(withのりー&ひろ)でタクシーでそれぞれの家へ・・・って手はずだったんだが。
タラタラしてたら終電終わってた。
東上線組が6人もいたからなんとなく安心してしまったのかな?
結局、成増行き終電に乗って、成増駅近くの居酒屋で始発を待つ。

っつーわけで「ロケンロール・フェスティボーVol.6」でのキリスタ・初ライヴは無事(?)終了。
ご来場のみなさん、ライヴを盛り上げてくださったみなさん、ありがとうございます。
仕事の帰りに寄ってくれたTY、娘さん親子ほど歳の離れた妹さんを連れて見に来てくれたSや呑み会を中座して来てくれたJ、いつも必ず来てくれるGとかほんとありがとうございました。
バンドも、もちろんライヴも初体験の、わがバンドの紅一点を気にかけてたら、終了後、TYが「おめー最初からチューニング狂ってたっつーの」だって。
ガ~ン。
ダメダメだったのは自分でした。
すんません。

ところで最後、出演バンドが交差して演った「Feelin' Alright」は、ほんとにぶっつけセッションだったけど、聴けたもんだったのだろーか。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

とりあえずいろいろ回復。
おっ。
朝起きたら腰もだいぶマシになってた。
よし。
これなら明日はだいじょぶだい。

喘息の薬もらいにいつもの医者に行くのだが、混んでて何度か足を運んでは諦めて帰ってきてる。
インフルエンザ大流行ってことなんだしょか。
急に夜中に発作とか出ないといいけどなあ。

午後、物凄い雨。
経理の部屋は牢獄みたいに高い所に排煙窓があるだけなので、普段は外の天気が全くわかんないんだけど、今日の雨はあまりに凄くて何事かと思った。
昼は風も生暖かかったけど、夜は一気に寒くなる。
変な陽気だわ。


今日のいちまい。

グレイテスト・ヒッツ リミテッド・エディション(DVD付)グレイテスト・ヒッツ リミテッド・エディション(DVD付)
(2006/01/25)
レニー・クラヴィッツ

商品詳細を見る


なーんか久しぶりに聴いた。
嫌いな音楽じゃないけど、次はまたしばらく聴かないだろーなーと思ってしまうぞ、レニー・クラヴィッツ
リフ中心のロックなので飽きちゃうのかしらん。
あと、バンドとしての面白味がいまひとつってこともある。
いい例がカバーの「アメリカン・ウーマン」で、あんなほとんどワン・パターンの曲、例えばバンドのグルーヴ感じみたいのがなきゃあ聴いててつまんねー。
オリジナルのゲス・フーはちゃんとバンドの面白味があったもんね。
とはいえ、「It Ain't Over 'til It's Over」とか「Heaven Help」みたいなシットリ系はなかなか良い。
ロックっぽいイメージばかりあるこの人だけど、今後聴いてくとしたらこういう曲になりそう。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

あれ木曜日。
あー眠い眠い眠い。
睡魔の打ち合わせ。
もうテキトーでいいから、困んない程度に誰か代わりに聞いといてくれ。

ふと気づくと周りは年末モードでないの。
カレンダーとか会社にいっぱい届いてるし、テレビは「年忘れ」何とかって番組やってるし。
毎年言ってる、1年過ぎるのは早いもんだ。


今日のいちまい。

VOICEVOICE
(2008/11/26)
中島美嘉MICA 3 CHU

商品詳細を見る


いやあ、すっかり歌に安定感増したと同時に面白みが半減してしまった中島美嘉だけど。
それでもこのアルバムは前作よりはまだ不安定なトコが多い。
曲の性か、気の性か、制作者が「やっぱ彼女の歌は不安定さこそが魅力だよなあ」と改めて意識したか知らんけど。
曲は聴いたことあるのが多くて、タイアップとかやたらしてるんだろーなー。
mica3chuも入ってるんだけど(これって実際の演奏は森三中じゃないよね?!)、曲がナミで、もちっと面白かったら良かったけど、まあでも前作の綾戸智恵との中途半端なコラボなんかより全然面白い。
アルバム終盤になってちょっと今までになかったタイプの曲も出てくるけど、全体的にはやっぱ器用になりつつある。
不器用さの魅力とのバランスの醍醐味は次作に持ち越しってことで。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

とりあえず。
昨日早く床に入ったのが良かったのか、完全復活!ってとこまではいかないけど、だいぶ持ち直した。
あ、腰はまだ痛いけど。

会社は溜まった1日分の仕事がかなりきつかったが、まーどうにかこなしてとりあえず元に戻ったかしらん。
会計ソフトをネットワーク版にしたんだが、設定がわかりづれー。
サポートセンターと電話であれこれ。
こらー自力で設定は無理だわ。


今日のいちまい。

ヒストリー・ミックス Vol.1(紙ジャケット仕様)ヒストリー・ミックス Vol.1(紙ジャケット仕様)
(2006/06/28)
ゴドレイ&クレーム

商品詳細を見る


ベストってほどのベストじゃない、そこはほれ、ゴドレイ&クリームだし。
アナログでは国によって収録曲が違ってたようだけど、CDになって無事全部網羅されたみたい。
目玉はもちろん過去の曲を細々と繋ぎあわせた2曲。
特に日本盤のアナログにも収録されてた、10CCの曲の繋ぎあわせ「Wet Rubber Soup」は、、最後「I'm Not In Love」の「Big Boys Don't Cry」のセリフから、書き下ろしの「Cry」に移るとこでちょっと鳥肌モンなわけで。
この素材を細か~く丹念に切り貼りするっつー世界は、彼らのビデオ作品と全く同じだよなあ。
こういうことすんのがつくづく好きな人たちなんだね。
ほんでいちおーベストっぽく見せかけようとして過去発売曲も入ってて、「Save A Mountain For Me」や「Golden Boy」なんかは改めていい曲だなあと思ったりするアルバムだい。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

告別式。
朝、6時半くらいに起きて、一家+父親と小諸へ。
義父の告別式。
小諸では式よりも1時間早く集まるのが慣例だそうで、たとえば今日は告別式が10時半からだったのだが、9時半には全員集まっていて、葬儀社の人の「少々早いですが、式を始めます」なんてアナウンスとともに始まってしまう。
着いたのは9時過ぎで、親族側だったので、「おーおー待ってた」的な扱いであった。
もちろん「郷に入っては郷に従え」でおとなしく従いましたが。

午後、実家に一度寄って休憩してから帰路につく。
帰りは平日だったのでガラガラ。
1時間半ほどで到着してしまった。

で、今朝は腹の具合が悪いのと気持ちわりい上に、寝返りうとうとすると腰が痛いっつー3重苦で朝早くに目がさめてしまった。
まあ、今日一日よくもってくれたって感じだ。
灰寄せの料理もほとんど食えず、ふらふらだし。
家に帰って熱測ってみたら、微熱おじさんだったし。
なんだかなー。
ボロボロだなー。
ここんとこずっと調子がわりいなー。
しかも日によって症状いろいろ、いろんな組み合わせだし。
とほほだよ、まったく。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

copyright © 2005 晴れ時々素っ頓狂 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.