晴れ時々素っ頓狂
音楽とかバンド活動とかサッカーとか映画とか。 楽天家。能天気。ボケつき。
映画とか外食とか。
朝、Mとシネプレックスわかばで、一昨日ネット購入しておいた映画「レボリューショナリーロード」を見る。

332137010102.jpg 33213701002.jpg

レオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットという、「タイタニック」の再共演がキャッチコピーだったけど、「タイタニック」なんて大嫌いな映画だからそれはどーでもよろしい。
「アメリカン・ビューティー」のサム・メンデス(ケイトの旦那である。)ということで、ユーモアも多少はあるかと思ったが、それは全くなく、かなりシリアス、かなりヘヴィーな映画。
つーか、とにかくやたら夫婦喧嘩のシーンが出てくる。
これが演技合戦でもあるのだが、「アメリカン・ビューティー」が亭主の立場から描いてたのに対し、この映画はどちらかと言うと、主婦の立場から描いていると思う。
そして私自身も主婦の気持ちの方に共感できたのは、私が出世欲とかが全くないからかもしれない。
仕事人間の旦那が見たら、ディカプリオの方に共感するのかもしれない。
告白すると、映画を見てた8割方くらい?目がうるうるしていた。
お涙頂戴シーンでも何でもないのに。
ネタバレっぽいことはあまり書きたくないが、最後の方で二人が何事もないように朝食をとるシーンがあまりに怖く、そしてまた本当のラストのワン・シーンがとても印象的だった。
見終わった後、Mが「時代設定を1955年にしたのは、今にすると説得力ないからだろね。」と言ってたが、確かに今だったら、ああいうことで悩み、ああいう展開になってしまい、そしてまた悩む夫婦はいないんだろうなあ。

映画の後、「YAOKO」で買い物して帰宅。
Hが昨日録画した「21世紀少年」を見ていたので一緒に見てしまう。
映画館で見たよりさらにつまらなく感じた。
突っ込みどころ満載過ぎだし。

夕方、ちょっと遅くなったけど、お袋の誕生日ということで、先日一度行って家族に好評だった「そうま」へ。
Kも仕事が終わった後に合流して、ものすごく久しぶりに6人で夕食。
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

月末終了。ライヴ見に行く。
月末。
それなりにバタついて終了。
夜、しづえさんとあまりかさんと(プリンセスも乱入)、「What's The Dickens」で「TK & THE BLUES BLASTERS 」というブルース・バンドを見る。
なが~い演奏のブルースは嫌いだと言っておきながら、堪能してしまった。
つーかブルースでもああいうシャッフル系とかブギ系はぜんぜんOKよ。
なんてこったい!(っていう意味らしい。店名。)
要するにドクター・フィールグッド系というか。
すげーかっちょよかった。
プロだわー。
同時に僭越ながら歌いたい衝動にかられた!

今日のいちまい。

The Definitive Groove CollectionThe Definitive Groove Collection
(2007/02/12)
Sister Sledge

商品詳細を見る


最初の頃はジャクソン5の女性版?ってな感じだったシスター・スレッジ
「Mama Never Told Me」なんて軽快なポップ・ソングでお気に入りな曲。
まあ、時代は感じるけど。
その後はナイル・ロジャースが絡んできてほとんどシック状態に。
「We Are Family」はあまりにもディスコでちょっとアレだけど、「He's the Greatest Dancer」や「Thinking of You」なんてほんといい曲だ。
通して聴くとシックより好きかも。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

なが~い打ち合わせ。
朝一からシステム会議。
要領えない人が同席したので時間ばかりくって終わったの2時だっつーの。
それはできねーってさっきから言ってんだろーと何度心で叫んだことか。

今日のいちまい。

touch Me!(初回限定盤)(DVD付)touch Me!(初回限定盤)(DVD付)
(2009/01/21)
倉木麻衣

商品詳細を見る


聴いてるっていうと「え~っ」て言われる確率がかなり高い倉木麻衣
いーじゃんいーじゃん。
まー確かに曲のクオリティとかは最初の頃に比べるとだいぶ落ちてきてる気もするけど。
それでもここまで付きあってるのは、途中からロックっぽい曲もやりだして、それがツボにはまってるとこがある。
シングル曲でいえば、「Stand Up」とか「Feel Fine!」とか。
この人の歌はパワー・ゲージがえらくちっちゃいから、ロックのビートには完全に跳ね返されて浮きまくってしまうのだが、その摩訶不思議な浮遊感がたまらない、みたいな。
このアルバムでいうと1曲目とか。
ただし、付属のDVDのインタビューはなんだかなー。
ライヴ映像だけでいいだろ。
バッカみたいだもん・・・って初回特典のDVDなんてファンしか見ないから別にいいのかぁ。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

ただただボーッと。
気が抜けた。
やる気ねー。
一日ダラダラ遊び呆ける。
今夜は代表の試合だ・・・と思いきや、えっ中継ないの?
スポンサー付きのどーでもいい親善試合じゃないんだけどなあ。
いちおーアジアカップの予選で、しかも貴重なアウェイ戦、しかもしかもワールドカップの最終予選で同組のバーレーン戦じゃんか。
バーレーンが意地悪したのか?日本のテレビ局がアホなのか?
なんでなんでなんでなんで???

今日のいちまい。

OpenOpen
(2004/02/24)
The Blues Image

商品詳細を見る


つーわけで(なにが?)今日はブルース・イメージの2枚目「Open」。
3枚目と比べるとロックっぽい。
ブルース・ロックっつーやつですな。
ヒットした「Ride Captain Ride」はやっぱサイコーにかっちょいい。
この頃の名曲のひとつだろ。
マイク・ピネラの歌もグーっ。
ただ、昔からこの曲聴く度に気になってたんだけど、1ヵ所だけ音程のフラツキがあるんだよね。
音程が狂っても気にならないことも多いんだけど、この1ヵ所はどーしても気になって仕方ない。
惜しいっ!っていつも思う。
でもま、それを置いとくと他にもかっちょいい曲数曲ありまして。
「La Bamba」「Parchman Farm」なんかカバーしてたりして、これもまた良し。
で。
音程以上にダメなのが、1枚目の名残か、なが~いブールスが入ってるってこと。
これだけで減点対象だもんね。
もうほんっとダメ、演奏時間長いブルースは。
3曲目と最後の曲が入ってなきゃ、自分にとってはかなりの名盤になったんだけど。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

夕方には達人。
一日中支払調書の発送作業。
単純作業も何時間もやれば熟練してくる。
夕方には袋封入の達人になっていたに違いない。

さて、憂鬱な1月も目途がたってきた。
明日当たり思い切り気が抜けそう。

夜、マイHPの更新やら手直し作業。


今日のいちまい。

Blues Image/Red, White and Blues ImageBlues Image/Red, White and Blues Image
(2005/03/29)
The Blues Image

商品詳細を見る


ブルース・イメージの1枚目と3枚目の2in1だけど、この2枚は全く違うアルバムだ。
そもそも中心人物のマイク・ピネラが3枚目では脱退している。
1枚目はバンド名通り、ブルースがベースで、それも60's後期から70's初頭にかけてにゴマンと存在していた、例の「あの」ブルースで、アルバムとしては全然たいしたことない。
3枚目はブルース色はほとんどなく、かなりポップなアルバムで、これはもう別バンド。
まあ唯一共通してるトコといえば、後にマナサスに加入する、ジョー・ララっつーうまいんだかへたっぴぃなんだか良くからないパーカッショニストがいて、ラテン色があるってことかな。
このラテン色こそ、このバンドの面白みで、3枚目の1曲目(このアルバムでは10曲目)なんかかなりかっちょいいんだぜ。
この2枚に挟まれた2枚目の「Open」ばかりが有名なんだけど、個人的にゃあ、3枚目が一番好き。
あ、でもマイク・ピネラは好きよん。
ずっと後に出した「ニュー・カクタス・バンド」なんて最高にかっちょいいからね。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

眠い。
眠い。
頭が回らない。
やばい。
仕事が進まない。


今日のいちまい。

HEAVEN’S GATE
(2008/01/23)
天野月子

商品詳細を見る


ゼロの調律ゼロの調律
(2008/07/30)
天野月子

商品詳細を見る


昨年出た、天野月子のマキシ2枚「Heaven's Gate」と「ゼロの調律」。
アルバムはなーんか評判悪いんでまだ買ってない。
でもこのマキシはなかなか良い。
5周年記念で一度に5枚出たマキシも良かったし、アルバムだと力が入りすぎてしまうんだろーか。
だからマキシのカップリングあたりが一番いいのかな。
そういや、カップリング集の「ウイノナ・ライダー」は今思えば彼女の中で一番好きなアルバムかも。
で、この2枚、一番のお気に入りはやっぱり「Heaven's Gate」のカップリング「セブンとデート」。
今までのような暗いイメージではなくて、明るいポップス。
曲もアレンジも好み。
こういう曲が書けると今後が楽しみだけどね。
その他はいつもの「つっこ節」で、こういう退廃ムード満載ロックは椎名林檎とちょっとかぶるけど、この人は良くも悪くもトップスターっつーのにはなれそうもない、B級オーラが漂いまくりなので売れはしないんだろなー。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

選挙とかライヴとか。
午前中、川越市長と市議会の補欠選挙に行く。

午後より、CRすぎのこ出演の「天知茂祭2009 INDOOR LIVE!」@東中野「プリズン東京」。
ごうじんさん欠席の中、バタつくがどうにか終了。
何か珍しく緊張してしまったが、楽しめた。
出番が早かったのでそこそこ呑んだが、意識のある内に最終で帰宅。
明日からまた忙しいのでもう寝よーっと。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

休養日。
久しぶりに一日うだうだする。
午前中、Mと猫餌など買いに「ロヂャース」へ。
「ハード・オフ」にも寄って、使えねーLogitecのi-Podの録音アダプターを売ろうとしたが、800円だと言うのでヤフオクに出すことにした。
でもまあ落札されても1000円がいいとこかなぁ。

夜、wowowでオバマ大統領の就任式のコンサートをちょっと見る。
すごいなあ、アメリカって。
何でもショーになる。
それにしても日本の某首相とは何かどえらく違うなあ。
風格っつーか、気品っつーか。

その他の時間もダラダラとテレビ見る。
スカパーで、恒例の女性レポーター座談会とか、昨年のJリーグ・ダイジェストとか。
ダイジェストは見てる内に腹が立ってきちまった。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

頑張った。
一日中、単純作業。
とりあえず、個人の支払調書の発送。
郵便局の時間ギリギリ別納で間に合う。
だいぶ気が楽になった。
今週はとにかく目いっぱい。
疲れた。

帰る途中、Mからメールがあり、駅前で待ち合わせて新しくできた中華料理屋でメシ食ってく。


今日のいちまい。

バーズ・オブ・プレイ(紙ジャケット仕様)バーズ・オブ・プレイ(紙ジャケット仕様)
(2006/06/28)
ゴドレイ&クレーム

商品詳細を見る


ゴドレイ&クリームにしたら、すごくまとも?なポップ・アルバム。
地味だ。
アナログでは最初の5曲がA面でポップ色が強く、以降がB面でちょっと暗めっつーアルバム。
時期的に音楽ビデオで忙しくなってきた時期だと思うのだが、ちょっと迷いとかあるのかもしれない。
それでも1曲目のアカペラ・スキャットとかかなり面白いけどね。
まあ、もうちょっとひねくれ度がアップしてたらもっともっといいアルバムになったに違いないけど。
ボーナス・トラックで「ゴールデン・ボーイ」とか収録。
これは女性コーラスの入ったかなり好きな曲。
ポップスをこういう感じでできたら楽しいだろうなあ。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

多忙。
いやあ、いっぱい仕事した。
その上、今日は朝打ち合わせが長引いたので、昼食を食い損ねた。
体に良くねーよ、こんな仕事ぶりじゃあ。
さすがに今週はそろそろ疲れが溜まってきたし。
あーやだやだ。

夜フトンに入ると、チャンがいつも私とMの上を行ったり来たりする。
一番快適な寝床となるポジションを探しているのだが、今冬は私のトコに落ち着くことが多い。
おかげで重い思いをして眠ることが多く、疲れが溜まる一因にもなってるなあ。


今日のいちまい。

PAPERMOON(初回生産限定盤)(DVD付)PAPERMOON(初回生産限定盤)(DVD付)
(2008/12/10)
Tommy heavenly6

商品詳細を見る


February6はすっかりなくなってしまった、Tommy Heavenly6のマキシ。
いい曲なんだけどさ、さすがにそろそろネタも尽きて来たかなあ。
そろそろ第3の人格でも考えた方がいいのか?!
近い内にFebruary6とHeavenly6のそれぞれのベストが出るらしいが、そろそろ打ち止めってことなのかもしれない。
「Lollipop Candy」あたりがピークだった感もなきにしもあらず。
ブリグリ再結成もしちゃったし、次はどんな手で来るのか結構楽しみなんだけど。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

進まない。
早いとこ今月やらねばならない仕事をやっつけてしまいたいのだが、全く進まない。
そんでもやれることだけでもと思い、頑張ってしまったら帰りが遅くなってもうた。
久しぶりに思い切り仕事したからちかれた。


今日のいちまい。

ギタリストを殺さないでギタリストを殺さないで
(2007/05/16)
bloodthirsty butchers

商品詳細を見る


というわけでブラッド・サースティ・ブッチャーズの「ギタリストを殺さないで」。
新作が出ないまま、もう2年近く経ってしまった。
昨日のBaseBallBearに比べるとポップさは薄れるが、執拗なリフの繰り返しはよりロックっぽい。
田渕ひさ子加入前は知らないけど、こういう時折女性voが入るのが最近好きだったりする。
マキシマム・ザ・ホルモンとか。(デス声はダメじゃが)
結構、ミュージシャンズ・ミュージシャンみたいなバンドらしいけど、確かにカリスマっぽさはあるな。
吉村氏の歌は決してうまくない。
うまいっていう意味ならBase Ball Bearの小出氏の方が全然うまい。
でもその分ロックっぽいというか、直接脳に来るというか。(こんなんで言いたいことが通じるんだろーか?)
1曲目なんか油断すると1日中頭の中グルグル回ってるもんね。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

2009年代表初試合とか。
i-Podの録音機のバッテリーの減りが激しいので、充電用のアダプターをヤフオクで落札したのだが、今日届く。
こらーいいや。

明日以降の自分に仕事は押し付けて、とりあえず今日は代表の試合のため、早い目に社を出ようとしたが、帰れず。
見れたのはほんの終わり20分くらい。
代表の試合っつったってアジアカップ予選だし、相手はイエメンだから、勝敗どーのっていうより、新しい戦力とかはどーなのよ?的なムードだったんだが、点入んねーなー。
「2-1」で辛勝したものの、メンバーの底上げができたとは言い難いんじゃなかろーか。
ほとんど見てないからわかんないけどね。
まあいーや。
大事なのは2/11だからさ。


今日のいちまい。

完全版「バンドBについて」完全版「バンドBについて」
(2009/01/07)
Base Ball Bear

商品詳細を見る


BaseBallBearのインディーズの楽曲揃えて2枚組で再発。
こらー買わない手はないと思ってたら、すでにKが持ってたので借りてすます。
最近このパターン多し。
どうしてもナンバー・ガールを思い浮かべてしまうのだけど、それは「ちょっと変態的なフレーズ」「だけどメロはポップだったりする」「あくまで土台はUKロック」みたいな部分がそうさせるんだと思う。
そしてその部分こそが私の大好物でして。
ナンバー・ガールなき後、向井氏のザゼン・ボーイズはやってることは応援したいものの、あんまし楽しんで聴けないし、どうしたってこのBaseBallBearとかbloodthirsty butchersとかに期待しちゃうよなー。
BaseBallBearは歌はとてもまとも、というか耳障りが良いし、適度な表現力もある。
このインディーズ時代の音を聴いて驚いたのは、逆に最近のアルバムでもなんていうか、この時代のひた向きさみたいのが失われていないこと。
物凄く音楽に純粋な人たちなんだと思う、そういうのが湧き出てるんだよね。
そんでこういう音聴くと、ああ、ロック・バンドっていいなあ、自分もやりたいなあと思うのであります。(やってるけど。)

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

たりい。
大変たり~でございます。
法定調書が終わるまで仕事も憂鬱だし。
あー1月なんか大嫌いだ。


今日のいちまい。

パラシューツパラシューツ
(2008/06/11)
コールドプレイ

商品詳細を見る

静寂の世界静寂の世界
(2008/06/11)
コールドプレイ

商品詳細を見る


Kがいつのまにかコールドプレイの初期アルバム2枚を買っていたので貸してもらう。
昨年マイ・ブームになったのがこのコールドプレイとレディオヘッドなんだけど、どちらも、なんていうか内にエネルギーを向けてるみたいなトコがあって、そのあたりに魅かれたフシがある。(レディオヘッドは突然弾けるけどさ)
しばらく外へ発散させる傾向にあった自分の音楽ライフの反動かもしれないなぁ、などと思っているわけです。
アル・グリーンの歌とかも、同じような理由で去年は良く聴いたりしたし。
しかしコールドプレイったら若者のくせに地味だよなあ。
メロディもいいんだかどうなんだかわかんない。
グルーヴ感がすごいとか、ノリがいいとかももちろんなく。
そんでもなんかリフとか頭を巡って聴きたくなるんだよね。
風邪ひいてるんじゃなかろーか?のヴォーカルの鼻声も癖になる。
まあ、どのアルバムも変わり映えはしないんだけどね。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

今日も練習とか。
午後からCRすぎのこの練習@新高円寺「クラフト・スタジオ」。
これで全ての所属バンドの練習初めが終わった。
ベースのAさんが初見参。
初めてっつー感じがしないと思ったら、2年前、すぎのこに参加して初めてのライヴの後の打ち上げにご一緒して、朝まで飲んだのだった。
練習後、「マックドナルド」に寄って帰宅。
そういえば、出かけ間際に、先日楽天のオークションで安価で落札したi-pod用の録音機が届いたので、今日の練習で試してみるがちゃんと録音できた。
バッテリーの減りが早いのが気になるが、その他は問題ない。
以前購入したLogitecのダメダメ録音機はヤフオクにでも出すか。


夜、以前中途半端な見方をした「アヒルと鴨のコインロッカー」を見る。

アヒルと鴨のコインロッカー [DVD]アヒルと鴨のコインロッカー [DVD]
(2008/01/25)
濱田岳瑛太

商品詳細を見る


変に見てしまわないで、きちんと見ていればもっと面白かったろうなぁ。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

練習。
朝からマイグル練習。
予習やってこうとしたけど、音はぜんぜん忘れてた。
とりあえず構成だけ覚えて行く。
久しぶりに全員集合。
やっぱみんな揃うと気持ちいい。
話聞くとインフルエンザでもないのに正月から寝込んだヤツ多数。
何かの呪いか?!
練習後、定着しつつある食い放題「シェーキーズ」へ寄って帰宅。

夜、DVD「アイリス」を見る。

アイリス [DVD]アイリス [DVD]
(2006/12/22)
ジュディ・デンチジム・ブロードベント

商品詳細を見る


主役、ジュディ・デンチの若かりし頃がケイト・ウィンスレットじゃあ違和感ありすぎだけど。
愛する人がアルツハイマーになってく時どーすんの?っつー渋いが重いテーマを淡々と描いたとこが良い。
若いカップルに見て欲しい・・・などとおっさんじみたことを言ってみる。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

明日はもう休み。
今週は仕事はいっぱいしたんだけどさ、会社にあんまし長いこといなくて。
あっちゅー間の1週間だった。
いやあ、それにしても今日も忙しかった。
まいったまいった。


今日のいちまい。

The FinestThe Finest
(2005/04/19)
Fine Young Cannibals

商品詳細を見る


アルバム2枚しか出ていないんだけど、そんでもベストが出てるファイン・ヤング・カニバルズ
ソウルである。
ファルセットである。
なかなか、である。
「She Drives Me Crazy」っつーヒット曲がある。
しかしなんかこうパーッとした存在になりえなかったのはやっぱルックスなんだろか。
私にしたって、いかにもゲイっぽい・・・いやそんだけならいいんだけど、、決してかっこよくないルックスはあんましいい印象残してないもんね。
プレスリーの「サスピシャス・マインド」をカバーしてて、これがなかなかよろしい。
実はこの曲はいつか自分のバンドでカバーしたいなあ、と密かに思ってたのだが、先にやられてしまって舌打ちした記憶がある。
要するにセンスいいんだよね。(自分と同じでってか?)
ところで、このバンドみたいに、80年代のUKってソウルをリスペクトした若いバンドがたくさん出てきて、それもどれもなかなかでさ、結構好きで聴いたんだけど、あの人たち・・・・・クリスチャンズとかアニマル・ナイトライフとか・・・・・は今何処に行っちゃったんだろね。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

会社早退。
あ゛ー。
昨日休んだから仕事溜まってるというのに早退せにゃならん。
んで、2時頃に会社出て、川越の赤心堂病院へ。
入院しなかったわけだから、別に会社のそばの病院でも良かったなあ。
でもレントゲン撮ったら良くはなってるって。
わーい。
連休グータラしたのが良かったのかしらん。
ただ、喜んだのも束の間。
肺炎が治ったとしても、ブラっていうのがあって(気管支の弱い部分が元で肺がペラペラで風船状になった部分だって)、深呼吸するような激しい運動してると肺が破れるかもしんないとのこと。
「歌・・・うーん・・・深呼吸するだろうからやめた方がいいかも・・・」って言われる。
まあ、できたらセカンド・オピニオンとして他の呼吸器系の医者にも診てもらいなはれ、だって。
何かショックだなあ。


今日のいちまい。

フリー・ソウル~ザ・クラシック・オブ・ブルーノート2フリー・ソウル~ザ・クラシック・オブ・ブルーノート2
(2004/10/06)
オムニバスホレス・シルヴァー

商品詳細を見る


たまにはジャズも聴く。
ブルー・ノート・レーベルのコンピ。
この「フリー・ソウル」シリーズは粋がった選曲が鼻につくシリーズで、まあ、テレビドラマみたいに突っ込みながら聴くのが正しい聴き方なんだろーけど、ことジャズに関してはほとんど知らないので突っ込みようがないっつー。
ジャズといっても、カバーが多くて、曲によってはイージー・リスニングにしか聴こえなかったり、ジャズというよりラテンっていう曲も多い。
全体的にはやっぱり聞き流してしまうなあ。
そんな中、歌モンはほとんどないんだけど、やっぱマリーナ・ショウなんかは一際光ってて、「おっ」ってな感じで聴きいってしまうね。
あと、カバー曲のうち、スティービー・ワンター2曲にジャクソン5にマーヴィン・ゲイっつー、どんだけモータウン好き?っていう選曲は偏り過ぎでないかい?
あ、結局やっぱり突っ込んでしまった。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

会社休む。
義父の四十九日で会社休み、MHと小諸へ。
小諸はここんとこずっと雪だったそうだが、今日は晴れてたので車で行けてラッキー。
すげー寒かったけどね。
で、実家でお経をあげてもらってから墓へ行き、会食。
実家に戻って休んでから帰宅。
帰り、ずっと調子悪かった会社用のマウスを購入するため、「ヤマダ電気」に寄る。
ついでに空気清浄機も購入。
その後、「YAOKO」で買い物して帰宅。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

寒い。
最近の冬はちょろいとなめてたら、急に寒くなったなあ。
しまったなあ。
明日会社休むし、明後日は早退しなきゃいけないので、ちょっとがんばって仕事した。
肺炎と診断されて薬もらってからは熱は出ていない。
痛み止めとか炎症防ぐのとかの薬が効いてるのかもしれないが、特につらい症状はない。
でも、やっぱなんか胸の辺りがヘン。
ちょっと息苦しいというか。


今日のいちまい。

<COLEZO!><a href=スタイリスティックス" style="border:none;" />スタイリスティックス
(2005/06/22)
スタイリスティックス

商品詳細を見る

大学の時に良く行ってた喫茶店でさんざん流れてたために聴くのもイヤになってしまったという、悲惨な出会い方をしたスタイリスティックス
しばらく聴く気もおきなかったもんなあ。
ファルセットというとやはりスモーキー・ロビンソンが一番最初に浮かぶんだけど、スタイリスティックスのファルセットはかなり洗練されてて、しかも甘ったるいし胡散臭いし、であまりいい印象もなかった。
そもそも男の歌手が女言葉で歌うムード歌謡みたいなイメージがあったんだよなあ。
実際は歌詞的にどうなん?
・・・で、時を経て今はフツーにスンナリ聴けるようになったっつーのは大人になったからかしらん。
ギャッツビー使用曲とかがやっぱ一番有名なんだろーけど、どれも馴染みのある曲ばっかなのは、どれもヒットしたからか、当時さんざん聴かされたからかはよくわかんない。
邦題「誓い」って曲が地声とファルセットを行き来しててお気に入り。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

今日もうだっと。
午前中は、HDDに録りっぱなしになってた「ハイ・フィデリティ」を見る。

ハイ・フィデリティ 特別版 [DVD]ハイ・フィデリティ 特別版 [DVD]
(2006/04/19)
ジョン・キューザックティム・ロビンス

商品詳細を見る


面白い。
冴えないレコード店のジョン・キューザックの恋愛もんっていってしまえば簡単だけど。
音楽好きには特にたまらんかもしれない。
舞台はシカゴみたいだけど、なぜかロンドンとかをイメージしながら見てた。
こういう、レコード店で働きながら音楽に囲まれて暮らすのって一時憧れてたような気がする。
競演はジャック・ブラック、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、ティム・ロビンスにお姉ちゃんキューザックまで。
しまいにゃスプリングスティーンやらも出てくる始末。
ほんと楽しい映画だわ。

映画見た後は、Mとネットで話題になってた「旬」というラーメン屋で食事。
近くの「YAOKO」で買い物して帰宅。


帰宅後はDVD「ライフ・オブ・デビッド・ゲイル」を見る。

ライフ・オブ・デビッド・ゲイル (ユニバーサル・セレクション2008年第7弾) 【初回生産限定】 [DVD]ライフ・オブ・デビッド・ゲイル (ユニバーサル・セレクション2008年第7弾) 【初回生産限定】 [DVD]
(2008/07/10)
ケビン・スペイシーケイト・ウィンスレット

商品詳細を見る


アラン・パーカーらしい重くて淡々とした映画。
油断すると眠くなるが、つまんないってわけでもなくってのがいかにも「らしい」。
そんなわけで、サスペンスだけど、ドキドキハラハラっていうのはそんなにナシ。
でもケヴィン・スペイシーとケイト・ウィンスレットが出てるから、演技見てるだけでもそれなりに盛り上がる。
それにしても「ユージュアル・サスペクツ」といい、「アメリカン・ビューティー」といい、ケヴィン・スペイシーはこういう顛末が多いなあ。
まあ、この2つに比べれば衝撃度はないけど。
演出も地味だし。

3連休もあっちゅーまに。
あ~あ。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

まあうだうだと。
何かやっぱり胸に違和感あり。
そらそーか。
んで、一日養生。

いらないCDをヤフオク出して、昨日のキリスタの練習音源をファイル化したら午前が終わり。
午後はDVD「1980」を見る。

1980 [DVD]1980 [DVD]
(2004/07/07)
ともさかりえ犬山イヌコ

商品詳細を見る


以前、CATVで見たが、結構面白かった。
勢いもあったし、犬山イヌコが存在感あったし。
2度目の今回は1度目ほどのめりはしなかった。
粗さも見えちゃったせいもある。
でもまま面白かった。

夜はWOWOWで「ライラの冒険」を見ていたら途中で爆睡。
どうもこの手のSFファンタジーもんは最後まで起きてられないなあ。

その後CATVで「チーム・バチスタの栄光」を見る。
映画の完成度からすっとちともったいないとこもあるけど、そこそこ面白かった。
医療サスペンスっていうカテゴリーになるんだろうけど、コメディ・タッチにしたとこが良かった。
細かい遊びがあるのも楽しいしね。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

練習W。
朝、都市航海の練習@代々木「NOAH」。
ギターのSが病欠だったため、何年ぶりかでソロを弾いてしまう。
練習後、即、朝霞台へ。
「かつや」で遅い昼をとってからキリスタ練習@朝霞台「アベル」。
新曲が6曲も増えたぞ。(含・過去の焼き直し)
練習後、駅前の「一休」で新年会。
つまんないことで盛り上がって、気づいたら11時。
いやあ、良く飲んで食ったわ。

体調は何か悪くない。
どこまで薬で抑えられてるのかわかんないけど。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

なんか。
病気が判明しただけで、気が楽になった気がする。
痛みやらは薬で抑えられるしね。
夜、熱がないのも久しぶりで、いやあフツーに元気っていいもんだ。

今日のいちまい。

THE VERY RUST OF UNICORN CDTHE VERY RUST OF UNICORN CD
(1994/04/27)
UNICORN

商品詳細を見る


なんか、ユニコーンが再結成するって知ってからユニコーンばっか聴いてるんだよね。
オリジナルアルバムはもとより編集もんも。
このアルバムは元々は別々に発売されたライヴとベストもどきの2枚組。
「クリームの素晴らしき世界」を思わせる。
ライヴCDはそういえばこれ唯一だったんだね。
ユニコーンって映像つきで見た方がいいに決まってるからあんまり考えたことなかった。
とはいえ、「忍者ロック」とか「ユニコーン・メドレー」とか楽しいけど。
あと、ベストもどきは有名曲があまりなくて、ちょっと地味な選曲っつーか。
でもライヴとあわせて聴くと、なーんかユニコーンの良さが滲み出てくるんだわあ。
シングル並べただけだと良さが全くわかんないからねー。
ベスト・アルバムではないけど、ユニコーンの良さを知るには最適な編集もんってことだね。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

医者巡りの日。
朝、医者に行って症状が改善されない旨を告げると、レントゲンを撮ってみることに。
そしたら肺炎だってさ。
紹介状書くから、入院の可能性があることも考えて自宅近くの病院にすぐ行きなはれっつーことになる。
Mにどの病院がいいのか尋ねると、さらに情報通のIさんに電話してくれて、結局、赤心堂病院がいいんでないかということに。
もちろん午前中で会社早退。
で、その病院ったらド混みで。
2時間くらい待ってやっと受診。
そこから血液検査、尿検査、CTと周ってから再び医者のとこに戻って、会計して、薬もらって、で終わったの6時だもんね。
入院した方がいいけど、通院でもいいっていうから通院にした。
ただし、きついことはすんなっつーからきついことはやめよー。
仕事も頑張るなっつーから頑張るのやめよー。
あー、ただ深呼吸するようなことすんなっていうから、歌なんかダメでしょうか、と尋ねたら、「今までだいじょーぶだったんだからだいじょーぶだとは思うけど、勧めはしない。まあ突然痛みと供に肺がつぶれるくらいだよ」とか怖いこと言う、お茶目な医者だ。
そもそも紹介状と共にもってきたレントゲンの写真を見るや、「こらー結核もありえるかも」なんて脅し文句も言ってたな。

帰り際、他に注意することあるか聞いたら、「良く寝て良く食べろ」って。
それフツーにやってるから。

今日のいちまい。

ヴェリー・ベスト・オブ・ウィリアム・ベルヴェリー・ベスト・オブ・ウィリアム・ベル
(2007/07/25)
ウィリアム・ベル

商品詳細を見る


スタックスの中でも何故か地味な印象のウィリアム・ベル
曲によっちゃあ、結構キャッチィーなメロディがあったりして、これ、いわゆるその「サザン・ソウル」なんていってしまっていいの?みたいな。
えーと、曲は手堅い。
いわゆる良くできている。
歌も手堅い。
時々はずれるのも許されるその周辺の人の中ではちゃんとしすぎてるのかなあ。
それが地味な印象になるんだろか。
そういや。
昔、この人のアルバムを友人から2.3枚借りて録音したカセットはそこそこ良く聴いた。
アレンジの参考になったんだもん。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

無理して出社。
2日も休めないので、無理して会社へ。
案の定、書類がヤマのよう。
体調が悪い上に、やることが次から次へとくると、案外もろもろな判断は冴えわたるものだな。
余裕がないから余計な思いやりめいた発想も浮かばず、バッサバッサと取捨選択してくみたいな。

それにしても喘息が良くならない。
胸が痛いっつーのはいつもと違う。
熱も帰宅して測ってみたら37.9度あった。

今日のいちまい。

Der Kommisar: The CBS RecordingsDer Kommisar: The CBS Recordings
(2005/03/29)
After the Fire

商品詳細を見る


アフター・ザ・ファイアっていかにも80年代のバンドでさ、ちょっと気になってたんだけど、まあ一発屋だよね。
唯一のヒット曲「Der Kommissar」にしたってファルコのカバーだし。
ところが、この時期(70年代後半~80年前半)の、こういう「ちょっとポップ」なニュー・ウェイブ系って割と好きなんだよねー。
まあ、もっと売れ線で割り切れてればもっと後世に名前を残せたのかもしれんけど、すべてにおいて中途半端感はある。
インスト部分とか時々ムキになって長くなったりしてるし。
半面そこが面白いんだけどね。
このCDはCBSに残した3枚のアルバム+ボーナス・トラックっつーお得盤。
円高で輸入盤が安くなってたのでつい買ってしまったというわけだす。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

ついに。
会社休む。
朝起きた段階で、一日横にならずに過ごせる自信がなかった。
で、休んでるどころではないのだが、思い切って養生に全力を注ぐ。

熱は37度台を上がったり下がったり。
咳は全然良くならない。
フトンで寝ていると咳がひどいので、時々起きてはスーハーする。
スーハーしてるついでにヨーロッパ企画のDVDを見てしまう。
「冬のユリ・ゲラー」ってーの。

070422-0.gif

こら、おもろいわ。
良くできてるし。
体調悪くても面白いんだから、健全者が見たらさらに面白いんだろう。
本広克行が「サマータイムマシン・ブルース」に次いで映画化するって話があるのも頷けるなあ。

しかし一日家にひとりでいると、冬だけに猫2匹が入れ替わり擦り寄ってきて大変だわ。
横になると上に乗るし。
寝てると脇に来て「起きろー」と鳴いたり飛び乗ったりするし。
あ、もしかして喘息が良くならないのは猫のせいかなあ。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

初日から体調悪し。
仕事始めから熱っぽく、体がだるい。
午前中の内に医者に行く。
風邪薬と風邪が誘発したっぽい喘息の薬をもらってくる。
血便の話をしたら、とりあえず5日ほど座薬やってみて止まったらめでたし、止まらなかったら専門医に紹介状書いてくれるとのこと。
あと、医者で計った時は平熱だったんだけど、会社に戻ってしばらくしたら急に熱が上がってきた。
フラフラするし、関節も痛い。
咳をすると胸が痛くなってきた。
で、夕方、早めに会社を退社。
熱計ったら38.7度。
なんかやっべえなあ。

今日のいちまい。

服部(紙ジャケット仕様)服部(紙ジャケット仕様)
(2007/12/19)
ユニコーン

商品詳細を見る


な、なーんと、ユニコーンが再結成するんだって。
フダンは再結成バンドってあんまり興味ないけど、ユニコーンみたいにジャンルにこだわらずにいろいろやってきたバンドだと話が別だよなー。
しかもメンバーも「あの」5人だっつーでないの。
こらー楽しみだ。
で、当然ユニコーンのアルバムを聴いてみる。
初期はともかく、阿部Aが入った辺りからはどのアルバム聞いていいんだか迷ってしまう。
とりあえず手始めは、「おかしな二人」「大迷惑」「服部」「デーゲーム」とヒット曲が並んだこのアルバムかなあ。
とにかくこのバンドは、くっだらねーことを超一生懸命やるのが面白いわけで。
もちろんそれでいてある程度のクオリティは保ってるから楽しいんだけど。
あと奥田民生がギターもっと弾きたい!のを理由にメンバーに頻繁に歌わせるようにしたのもこのアルバムあたりからか。
しっかし「人生は上々だ」なんて当時よく歌ってたね。
彼らは今の時代、どんな曲やるんだろー?

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

食っちゃ寝。
一日静養に努める。
いや仕方ない。
病気なんだから。
食っちゃあ寝てを繰り返す。
合間にDVD「人のセックスを笑うな」を見る。

人のセックスを笑うな [DVD]人のセックスを笑うな [DVD]
(2008/07/25)
永作博美松山ケンイチ

商品詳細を見る


長回し気味のカットが素晴らしい。
さらにそこに乗る、セリフだか役者そのものの言葉だかわかんない会話が素晴らしい。
テーマとかストーリーとかを考えるんじゃなく、監督がメイキングで述べてるように、「感じる」映画。
それが証拠に特典ディスクに収録のカットされたシーンは説明的なものが多いし。
甘く切なく、かといって重いわけでもなく、滑稽で暖かい気持ちになるような。
映画ってほんと見て感じるものだなあとつくづく思える映画。

で、もう今日はフツーの日曜で明日から仕事。
一日養生したおかげで熱は下がった・・・かな?
で、今日も早く寝よ。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

新年会とか。
昨夜はやはり37.7度の熱があった。
早く寝て、汗ぐっしょりかいたら、朝は元気。
午前は先日見たDVD「クワイエットルームにようこそ」のボーナス・ディスクを見る。
最近はこのボーナス・ディスクも見ごたえがあって、しかも面白かったりする。
だからついDVD買っちまうんだよなぁ。

午後からは、10日がバンド練習のWヘッダーになっちまったので、今の内にやらにゃいかん譜面などを。

夕方、毎年恒例、F家とS家と新年会のため、Mと和光市へ。
「坐・和民」で一次会、二次会で連日のカラオケ「歌広」へ。
呑んでる途中で再び熱っぽくなる。
10時半ごろ駅につき、Hが出かけてたのでKに迎えに来てもらう。
家に帰って熱測ったら39度もありやんの。
寝よ。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

正月2日目。
Kが車にETCをつけたいとというので、Mと3人で「オートバックス」へ行く。
取り付けに1時間半くらいかかるとのことなので、対面にある「ヤマダ電気」をぶらつき、近くの「がってん寿司」で昼食。
車を受け取ってから、鶴ヶ島の「シダックス」へカラオケ。
4時間コースで歌って終わったら外は真っ暗。
その後、「カインズ・ホーム」をぶらつき、「エコス」で買い物して帰宅。
カラオケで歌ってるあたりから熱っぽい。
血便もまだ日によってあるし、なんかいろいろヤだね。
寝よーっと。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

copyright © 2005 晴れ時々素っ頓狂 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.