晴れ時々素っ頓狂
音楽とかバンド活動とかサッカーとか映画とか。 楽天家。能天気。ボケつき。
月末だい。
うー。
月末だというのにシステムの不具合があって、なかなかしんどい一日だった。
月曜でやる気ないのも相変わらず。


今日のいちまい。

ステッペンウルフ・ゴールドステッペンウルフ・ゴールド
(2008/06/25)
ステッペンウルフジョン・ケイ

商品詳細を見る


ステッペンウルフって何故かゴールデン・カップスとダブってた。
ゴルーデン・カップスはGSとロックの間という微妙な位置づけっつーイメージがおっきかったんだと思う。
ステッペンウルフが所属してたダンヒルにはスリー・ドッグ・ナイトとかもいて、当時にしてはポップスよりのイメージと「Born To Be Wold」のロックな曲との微妙さと重なったのかもしれない。
そんなにはっきりと説明できるもんでもないんだけど。

だけど、このバンドは今改めて聴くと、ものすごく地味なバンドである。
ブルース?R&B?の匂いが強く、メロディーを聴かせるような曲はほとんどない。
やたら大きいギターはちょっと野暮ったく、ジョン・ケイの歌もそれほどうまいもんではない。
声質はJガイルズ・バンドのピーター・ウルフに近いけど、ノリで押し切れるほどのパワーもなく。
それでもそうした野暮ったさ、だささみたいなロックは嫌いではないのだから、音楽っつーのもわからないもんだ。

「Born To BE Wild」はさすがにもういいやーつートコだけど、「Rock Me」「Magic Carpet Ride」「Sookie, Sookie」とか、結構いける。
また、「For Ladies Only」は珍しくメロディがちゃんとある曲で、昔から大好きだ。

まあ、2枚組のベストとなるとちょっと聴き通すのはしんどいんだけど、このアルバム収録のジョン・ケイのソロって聞いたことなくって興味持ったもんだからね。
「ふーん」で終わっちゃったけど。

ところで、先述の「Sookie, Sookie」とか聴いてるとゴールデン・カップスとダブったイメージもそんなにかけ離れてないな、と思うのであった。
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

練習とか。
キリスタの練習@朝霞台「アベル」。
練習後、「サイゼリア」でくっちゃべってから帰宅。

夜、「内藤vs亀田」の試合を見てみる。
ボクシングなんてきちんと観るの初めてかもしれない。
二人の実力は全くわかんないけど、試合前の亀田の表情がやけに落ち着いてて、何か感じるものがあったのに対し、チャンピオンは緊張感があって必要以上に気合を表に出していたので、「こらー挑戦者が勝つかなー」と思ってたら、その通りになった。
ちなみにトリノ五輪の時の荒川静香の表情にも同じような空気を感じた。
他の日本人選手は緊張つーかピリピリしてる感じがしたけど、荒川選手だけは落ち着いているように見えた。
何かやり遂げられそうな時ってのはオーラを発するんだね、きっと。

その後、wowowで「スモーキング・ハイ」というコメディを観るが、なんか変な映画で。
笑いのツボがよーわからん。
しかも猛烈な睡魔であえなく撃沈。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

うだうだ過ごす。
昨夜は深夜遅くまでスカパーのワールドカップ特番を見てしまう。
ああいう番組見るとやっぱり来年が楽しみになるなあ。


今朝は、起き抜けに先日録画しといた「俺たちに明日はないッス」を見る。

俺たちに明日はないッス デラックス版 [DVD]俺たちに明日はないッス デラックス版 [DVD]
(2009/05/22)
柄本時生遠藤雄弥

商品詳細を見る


「百万円と苦虫女」が面白かったし、wowowでやったオムニバス「上野樹里と5つの鞄」の1作に出演もしていたことに興味を持って見てみたのだが、作品自体はとっちらかった印象。
3組の男女高校生の青春ラヴロマンスってとこなんだけど、主人公がとにかくスケベなことしか考えてなくって、あまりほろ苦さ的なものはない。
そんだったら、もうちょっと笑わせてくれれば良かった気がするけどなー。
もしくはもっと女子高生寄りの目線で撮った方が面白くなったんじゃなかろーか。
でも映像的な才気は感じました。


午後はレッズ戦。
vs京都サンガ。
「0-1」の敗戦。
今年はコーナーやセンタリング上げられた時に相手をフリーにすることが多いなあ。(しかも複数人!)
「とりあえず守って様子見」チームにも弱いし、もともと連敗中のチームには弱いっつーのもあるからイヤな予感あったけど。
とにかく前節、言い勝ち方したのに水の泡かよ。
こういうのって伝統なんかね。
また、アントラーズがガンバに勝って、これで最終節、目の前で優勝胴上げされるっつー悪夢が現実的になってきた。
今度は「強いチームには強い」レッズの伝統(?)に期待するしかない。

さてその後は残留争い「大宮vs柏」を見る。
さらに「インクレディブル・ハルク」を見てたら途中で眠ってしまった。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

くぷぷぷ。
うーん。
大変な一日であった。
でも何とかこなした。
すげーな<自分。

夜、Mが会社を出るのが遅くなったとのことで、KHと駅前で待ち合わせ、たまには違った所でと、「ジョイフル」というファミレスにて夕食。
やたら安いな、ここ。


今日のいちまい。

SONGSSONGS
(1999/06/02)
SUGAR BABE

商品詳細を見る


あれ。前にも書いた気がするが・・・まあいいや。
シュガーベイブを久しぶりに聴いた。
えーと、昔聴いた時は洒落た感じもしたけど、今聴き直すとなんか凄くアマっぽく感じるのはなんでなんだろう?
アレンジが取ってつけたようにも聴こえるが。
モロにアイズレー・ブラザーズのアレンジのパクリ「DOWN TOWN」はいい曲にうまくはまってるけどねー。
その他はアレンジ過剰な感じがしてしまうなあ。
ブレイクとかなんか気になる。
ただ、大貫妙子の曲は当初はどこがいいんだかよくわかんなかったけど、最近は受け入れられるようになったっつーか、心地よく聴けるようになった。
この人はアメリカじゃないんだろーなあ。
ヨーロッパとかそんなんじゃなかろーか。
自分の耳が変わったということなんだろーけど、面白いものだ。

ちなみにボーナストラックのデモとかライヴは若気の至りとして、それなりに楽しく聴きました。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

小諸へ。
義父の一周忌で小諸へ。
MとHと。
9時半までに着かないとならなかったので、6時半起き。
命日は明日だが、あれから早一年。
寺でお経をあげてもらった後、会食。
墓参りしてから実家へ少し寄って帰宅。


夜、早く帰ってきたので、ゆっくりとwowowで映画2本見てしまう。

まず、「26世紀青年」っつー超くだらないおバカ映画。

26世紀青年 [DVD]26世紀青年 [DVD]
(2009/10/02)
ルーク・ウィルソンマーヤ・ルドルフ

商品詳細を見る


まあ、批評しようもないなあ、こういうのって。
あまり笑いどころは多くなかったし、そもそも洋画のパロディはわかんないことが多いからなあ。
ただ、なんとなーくクセになりそうな匂いはした。


あと、先日映画館で続編の予告みたばかりの「トワイライト~初恋~」。

トワイライト~初恋~ スタンダード・エディション [DVD]トワイライト~初恋~ スタンダード・エディション [DVD]
(2009/09/18)
クリステン・スチュワートロバート・パティンソン

商品詳細を見る


ベストセラー本の映画化だそうだけど、見せ場の割りにSFXが地味。
(続編の予告の方は、見た限りではSFXはパワーアップしてそうだけど。)
ストーリーはなんか少女趣味って気がしないでもないけど、主演のクリステン・スチュワートが魅力的なのでまあ許せる。
この人、「パニック・ルーム」の少女だってんだから、ちょっと驚いた。
ただ、バンパイヤが白塗りでメイクしてるのはいらない気がしたなあ。
あと、雷の日にバンパイヤたちが野球やるっつーのはどーなのよ?


そんなーこんなで明日は休み明けで大変そうな月末前日。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

ほっと。
した。
一気にいろいろ片付いた。
予定より早く帰宅でけた。

そういえば会社で制作した番組がエミー賞を受賞した。
レッド・カーペットである。
凄いなあ。


今日のいちまい。

AA
(2005/03/24)
スーパーカー

商品詳細を見る


映画「ピンポン」で知って興味を持ったスーパーカー
その後、テレビでライヴを見て聴かずにいられなくなった。
これはシングルのA面を発売順に入れたシングル集らしい。
タイトルもいいよね。
(ついでに「B」ってーのも出てる)
初期のギター・サウンドからピコピコ系が加わってくる中盤以降。
でも、例えば「くるり」あたりと比べると、よりソリッド。
サウンド的にはこういう方が好きだ。
あと、男女ヴォーカルってーのがいいよね。
マキシマム・ザ・ホルモンとか、途中で女性ヴォーカルが出てくるってのはバンドにとって物凄い武器だよな。
あと、Baseball Bearとか、ベースが女性ってのかっこいいよなー。

「STROBOLIGHTS」「YUMEGIWA LAST BOY」 とか、たまに無性に聴きたくなるのであった。
解散が惜しまれます。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

結構。
しんどかった。
先週テキトーに切り上げたツケが。
中間の仕上げと月末の準備と。
やること多いなあ。

そんなこんなで、遅くに会社出たら、東上線がダイヤ乱れ。
上福岡で投石のため窓硝子が割れたんだと。
全くなんてことするんだ、バカヤロー。


今日のいちまい。

ベスト・オブ・グー・グー・ドールズベスト・オブ・グー・グー・ドールズ
(2001/05/30)
グー・グー・ドールズ

商品詳細を見る


グー・グー・ドールズって聞くと、なぜか映画「マネーピット」に出てきた女装バンド思いだす。
で、バンド名からついハード・コアなイメージを勝手に抱いてしまうけど、割と王道ロック。
聴きやすい。
でも、泥臭さみたいのは全くない。
あと、例えばボン・ジョヴィなんかと比べると、極によってギターの音とか、ブレイクの仕方がオルタナっぽいというか。
こういうのはありそうでなかったような気もする。
いや、凄くいい感じである。
唯一知ってた「Iris」が入ってないし、オリジナル・アルバムは聴いたことないから、選曲の中心点がわかんないし、ベストという感覚で聴かなかったけど、割とガンガン来るポップなロックだろーか。
最近はこういうのは結構好き。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

焼いた。
キリスタCD-R。
20枚。

午後、Mと買い物。
「しまむら」「AOKI」「ガス・ステーション」「ベルク」と巡る。

今日はもうなんかウダウダっと。
いいなー、こういう一日。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

映画とか。
早起き!

昨日ネットで購入しといた「イングロリアス・バスターズ」をMと見に行く。



面白い。
マカロニ・ウェスタンっぽい演出、ワン・シーン長セリフ・・・と初っ端からタランティーノ。
もっとハチャメチャでバカバカしいい映画かと思いきや、いろんな意味で良くできてた映画だったなあ。
特に演出、脚本、カメラワークなど、SFXかぶれのハリウッド映画が忘れてる映画の原点が見れた・・・なんてのはほめすぎか。
役者も、ナチの将校とユダヤ人女性が素晴らしく、ブラピがかすんでしまうくらい。
いやあ、それにしてもセリフのやりとりだけであそこまでドキドキさせるのってうまいよなあ。
音楽の使い方も面白いし、パロディめいてたり、カメオでマイク・マイヤーズが出てたり、繰り返し見ても楽しめるとこがたくさんありそう。

夕方はMと「ロヂャース」へ猫餌、CD-R等を買いに行く。
帰ってから、キリスタのCD-R制作。
10枚作ったらイヤになってしまった。
で、録画しっぱなしになってた「ファニーゲーム U.S.A.」っつー映画を見る。

ファニーゲームU.S.A. [DVD]ファニーゲームU.S.A. [DVD]
(2009/06/26)
ナオミ・ワッツティム・ロス

商品詳細を見る


なんだろねー、これ。
見てる人をむかつかせる映画ってーのかなー。
理不尽なまま進んでいき、いつウサが晴れるのかと思いきや・・・。
見てる人を挑発してるのかね?
まあ、ストーリー展開はともかくとしても、タランティーノを見た後では、シナリオ、演出ともにスリル不足。
笑えない反則技は洒落にもなんないだろ。
ティム・ロス、ナオミ・ワッツ、と役者はいいんだけどねぇ。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

レッズとかライヴとか。
朝はフー・ファイターズのDVDを見る。
その後、埼スタへ。
vsジュビロ。
先制するも逆転されて、もはやこりまでかと思ったが、残り10分くらいで同点、ロスタイムに勝ち越し、と大いに盛り上がったのであった。

その後、うねさんのライヴを見に新中野「弁天」へ。
MSも行くというので待ち合わせて軽く呑んでから行く。
ライヴ後も少し残って呑んで帰宅。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

小休止。
決算中休み。
金曜だと気も緩む。
珍しくメンドーなこともほとんどなく、平穏な日々。
来週がちょっと怖い。

夜、先日途中で眠ってしまった「イーグル・アイ」を見る。
今回も睡魔が襲ったが、何とか持ち堪えて最後まで見る。
どーしたって「2001年宇宙の旅」を思い起こすね、こら。
感想としてはまーまーかな。


今日のいちまい。

グレイテスト・ヒッツ(初回生産限定盤)(DVD付)グレイテスト・ヒッツ(初回生産限定盤)(DVD付)
(2009/11/18)
フー・ファイターズ

商品詳細を見る


もっとごり押しするバンドかと思ってたら、意外と聴き安かったフー・ファイターズ
だってバンド名が・・・。
ニルヴァーナは最初のオリジナル・アルバム3枚以降は全く聴いていないし、カート・コバーン以外はあんまし興味なかったりで、フー・ファイターズも別に聴く機会もなかったけど、ベストくらいはと思ったのだった。
15周年を記念してのベストかどうかわかんないけど、逝ってからもう15年も経つんだね。
予想通りニルヴァーナっぽい曲もあるけど、全体的にポップな感じ。
つーか耳馴染みのある曲多いなあ。
「Learn To Fly」とか「All My Life」とか。
ラジオで聴いてるのかしらん。
新曲の「Wheels」なんてユルユルでビックラこいた。
ただなー、ハードをベースにアコギの曲やポップでライトな曲も交えて・・・つうパターンは食傷気味で、どれもおんなじ印象になっちまう。
オリジナル・アルバムを聴いて行けばまた違ってくるのかもしんないけど。
なーんてきつく言ってる割に結構好きです。
キンクスと同名異曲の「Skin And Bones」みたいな曲も演れるのはかなり懐は深そう。
あまりにキャッチーな「This Is A Call」とかはビートルズっぽくて面白いし。
個人的には「Everlong」のアコースティック・バージョンみたいのはいらないかなー。
しかもアコースティックな曲で終わってしばらく無音・・・その後にボーナス・テイク・・・みたいなのもこれまでもさんざんあって「また?」ってなもんで、軽~く失望感。
だけど、聴こえてきたのが「Band On The Run」。
やっぱデイヴさんはビートルズ(ポール?)好きなのかしらん。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

寒い。
雨だし。


今日のいちまい。

海岸狂想曲-海岸ラプソディー-海岸狂想曲-海岸ラプソディー-
(2005/02/23)
ヒルタナユミと魅惑の東京サロン

商品詳細を見る


つーわけで、たまらずヒルサロを聴いてしまうのであった。
自分にとっては極上のいちまい。
後に出たミニ・アルバム聴いた後も、このアルバムを超えていない。
まず、歌がいい。
世界中でデュエットしたい歌手ナンバー・ワンです。
色っぽくて適度にクールで昭和歌謡の匂いもちゃんとする。
唯一、文句を言うとすれば「愛・ランド」が浮いてるトコか。
「熱風」の時であれば、この手の曲も馴染んで聴こえたかもしんないんだけどねえ。
これもヒルタ様の歌の魔力のせいなのかもしんない。
なお、「秋田音頭」については、このバンドはバンマスの歌でズッコケ系をアルバムに必ず1曲入れるっつーポリシーがあるみたいだから、まだギリギリ許せるんだけどねー。

「海岸狂想曲」は生涯の名曲であります。
愛してます。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

うーむ。
ヤマは超えたろうか。
なーんて思ってると忘れてた何かがやってきたりするから油断大敵。
あーもう仕事ばっかでいやんなる。

それにしても寒い!!

代表戦見逃したけど、香港戦だしな。
まーいーや。
あ、長谷部代表初ゴール!
やっと来たね。


今日のいちまい。

400x397007022700018.jpg熱風タイフーン
(1998/05/21)
熱風音楽市場魅惑の東京サロン

商品詳細を見る


東京密林(トーキョージャングル東京密林(トーキョージャングル
(1999/05/21)
熱風音楽市場魅惑の東京サロン

商品詳細を見る


ヒルサロになる前の熱風音楽市場魅惑の東京サロンの2枚。
1枚目で15人、2枚目が13人っつー大所帯。
ヴォーカルが4人(男1女3)もいるんだもんね。
ジャズ、カリプソ、サンバ、ボサ、ファンクをあくまで歌謡曲風に仕上げる。
しかしねえ、予想通りというか、男性ヴォーカルでサンバとかやられるとどーしてもサザンみたいで二番煎じっぽくなってしまう。
バンドの技量は段違いなんだけど。
あと、ヒルタナヤミ様を聴いた後だと、どーしても歌に魅力が乏しいというか。
いや、別に良くないわけじゃあないんだけどさ、歌ってキャラとか個性ってやっぱり大事だよなあ。
全体的にヒルサロより歌謡曲っぽく、録音なんかも演奏とかオフ気味。
でも歌謡曲狙うのであれば、もちっと「泣きの部分」つーかグットくる箇所が欲しいかなあ。
それはメロディなのかもしれないし、歌い方なのかもしれないし、でよくわかんないんだけど。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

終わらん。
中間決算が。
しかし新しいシステムってほんと大変なのねー。
このままだと、来年くらいまで後引きずりそうだなー。

夜、Mから連絡があり、駅前の「龍昇飯店」で食事をすることに。
子供たちもいたようだが、私の到着が遅かったのでさっさと先に帰ってしまった。


さて。
すでにミクシイでは告知したけど、こっちでも書いとこうっと。
キリスタのCDができてしまいますた。

72801265242.jpg

スタジオでドラム5時間~ベース2時間~ギター4時間
カラオケルームで歌とコーラス4時間・・・と重ねていって、のりーが最後仕上げてくれました。
今思えば「あーすれば良かった」的なとこはたくさんありますが、現時点、現状況下では最高レベルのものができたのではないかと思っております。
ご希望の方には無料配布いたしますので、連絡くださいましね。
ぜひ聴いてやってください。


今日のいちまい。

IIIIII
(1998/07/18)
サンタナ

商品詳細を見る


サンタナで一番好きなアルバムといったら三枚目。
基本的に野暮ったいグレッグ・ローリーのヴォーカルとオルガンは結構好きなんだなー、これがまた。
あと、ニール・ショーンが入ってる唯一のアルバムつーことで、彼の若々しいギターとサンタナのまったり感のあるギターのツインは結構心地よい。
ああ、あとデヴィッド・ブラウンの大雑把なベースは歴代ベーシストで一番好きだったりもする。
このアルバムを最後にグレッグ・ローリーとニール・ショーンは脱退してジャーニー結成するわけだけど、しっかり追っかけてってったのはこのアルバムがあったからだと思う。

前半はインスト部が多くて、多少つらいけど、大好きな曲、5曲目の「Everybody's Everything」への導入部みたいな感じで聴けてしまう。
この曲はホーンも入っててかっこいいんだな、これがまた。
アコギでポップな感じの「Everything's Coming Our Way」もサンタナのイメージとちょっと違っててなかなかよろしい。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

しんど。
この土日ですっかり仕事が大変なことを忘れてしまった。
今朝思い出して、すっかりブルーになっちまったよ。
おーやだ。
でも中間決算の目途はたった。
でもまだ、あれとあれとあれもやらにゃ。
今月は出勤日が少ないから大変だ。


今日のいちまい。

クール&ザ・ギャング・ゴールドクール&ザ・ギャング・ゴールド
(2008/09/03)
クール&ザ・ギャング

商品詳細を見る


意外とヒット曲が多く、ベストも2枚組くらいじゃないとダメだわなー、のクール&ザ・ギャング
特に前半のディスコ系の方が好きで、「Jungle Boogie」なんてバカっぽくていいよなー。
「Funky Stuff」とか、ファンキーな曲も多いんだけど、あくまで軽いトコがミソ。
マイグルでカバーした「Celebration」なんて、久しぶりに原曲聴いたら、その軽さに改めてビックリさ。
ああいう曲をあんだけサラリンと演奏しちゃうのは、もしかしたら凄いことなのかもしれない。
(ついでに言うと、「Celebration」はシングル用のショートじゃなくて、アルバムのロング・バージョンの方がいいです。)
逆に「Joanna」なんかは、曲はもんの凄くいいのに、あっさり過ぎてつまんない。
あと、「Get Down On It」はダンス★マンの歌詞が傑作過ぎて、そっちのがしっかり沁みついてしまった。
いや、原曲は原曲でいいんだけどさ。
どのみちコモドアーズあたりよりは断然格上だと思うな。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

練習とか。
昨夜は眠い目こすりながら代表戦を最後まで見たけど・・・。
まあ、守備とか中盤のつなぎとかは「よくできました」的なとこはあったけど、ゴール奪えないことにはねえ。
南アフリカからゴール奪えないで、ベスト4はねーだろって感じ。
やっぱり得点しないと。
で、試合後、のりーの尽力でキリスタのMDが終わってた。
思ってた以上の出来といっていい。
実力考えれば100%以上の力は発揮されたろう。

さて今日は、昼よりCRすぎのこの練習。
SAXさん、初見参。
練習後はいつもの通り、「ジョナサン」にてミーティング後帰宅。
いつもの通り、ごうじんさんに和光市まで送ってもらう。

夜、wowowで「イーグル・アイ」を見ながら眠ってしまう。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

録音とか。
朝は先日文句をたれた大塚愛のCD付属DVDを見る。
今更って感じのPV6曲は少ないかな。値段の割に。
RIP SLYMEの人とのコラボだけは、今までのイメージと違ってて新鮮だったが、出来としてはたいしたことない。

昼より、駅前の「カラオケ・オール」にてキリスタ録音。
のりえもんと歌とコーラス。
歌はともかく、コーラスはやってみないとわかんない状態だった割にうまくいったんじゃあなかろーか。
いやそれにしても、昼時のカラオケなんてどーせガラガラだろーと思ってたら、開店前から並んでいる人がたくさんいてビックリ。
予約しといて良かったよ。

んで家に帰ったら、Mがいなかった。
昨日、会社で事情ありの不幸があって、今日は泊りがけになるという。
ほんと、いろいろ大変そう。

夜は子供たちと「バーミャン」にて夕食。


その後、録画しといた「ハンコック」を見る。

ハンコック エクステンデッド・コレクターズ・エディション [DVD]ハンコック エクステンデッド・コレクターズ・エディション [DVD]
(2009/09/02)
ウィル・スミスシャーリーズ・セロン

商品詳細を見る


うーん・・・。
途中までのハチャメチャぶりは笑ってすむんだけど、収束に向かってから途端につまんなくなった。
こういうまとめ方は「なんだかなー」って感じだ。
シャーリーズ・セロンもこういう映画に出ちゃうんだね。
オープニングでいきなりJガイルス・バンドが流れたのは良かったけどね。


んでこれから代表戦。
まあ、国内の親善試合は今の時期意味ないから、アウェイってことで楽しみ。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

続・昨日。
今日もまいった。
疲れました。
仕事ばっかしてたので、なんも書き事ないし。


今日のいちまい。

ジェーン・バーキン ベストジェーン・バーキン ベスト
(2006/01/25)
ジェーン・バーキンジミー・ロウルズ

商品詳細を見る


んなわけで、ボーッとした頭でジェーン・バーキンを聴く。
疲れた頭にゃ癒されます。
ちょっと間違うと眠ってしまいそうだけど。

ゲンズブールとのデュエット「Je T'Aime Moi Non Plus」は定番だけど、照れながらも聴いてしまう。
放送禁止になったってことだけど、ほんと?
フランス語なんて聴いてても意味が全然わからん。
「L’aquoiboniste」はドラマの主題歌になったようで、そこそこ有名だろか。
なんかこの人の歌はいわゆるウイスパー系なんだが、妙に情熱的でもあるっつー不思議な感じ。
音は古臭くなく、結構モダン。
ただ、「Lolita Go Home」がなんで入ってないんだ?と思ったら、ベストの続編が存在するようで弱った。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

まいったね。
なんか一日中、間違い探ししてた。
だってみんなシステムで入力したのチェックしないままなんだもん。
まったくもう。


今日のいちまい。

ナイト・イン・ニューヨークナイト・イン・ニューヨーク
(2002/11/27)
エルボウ・ボーンズ&ザ・ラケッティアーズ

商品詳細を見る


疲れた日にはさんざん聴いたお気に入りを聴くに限る。
キッド・クレオール繋がりで知ったエルボウ・ボーンズ&ザ・ラケッティアーズ
とにかくシングルになった「Night In New York」のかっこよさ。
そしてヴォーカルのステファニー・フラーのヴォーカルがなんとキュートなことよ。
先日、マイグルのミーティングで誰も知らなかったことに軽いショックを受けた曲。
「Other Guys」「I Got You」も大好きな曲。
他の曲での男性陣二人のヴォーカルがフツーすぎるのだが、まあそれを補って余りあるほどの演奏と素敵な彼女の歌。
BS&Tのルー・ソロフとかも参加してるのだ。
このアルバムについては語りだすと止まらなくなりそうだが、今日は疲れてて長文綴る気力ないので、いずれそのうち続きを語ることにする。

あれ?
いつのまにかYouTubeのリンク機能がなくなってる。

この曲だい!

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

びえーん。
一日必至こいて仕事したのに、じぇんじぇん進まないよーん。
結構遅くまで頑張ったんだがなあ。
まあ、明日明日。


今日のいちまい。

【初回限定封入特典:「ラブ アイズ」(メガネ)付】LOVE is BEST(DVD付)【初回限定封入特典:「ラブ アイズ」(メガネ)付】LOVE is BEST(DVD付)
(2009/11/11)
大塚愛大塚愛×SU from RIP SLYME

商品詳細を見る


わーいわーい、メガネ付きだあ・・・って要らないよ、これ。

というか、これって詐欺じゃない?
いくら悪徳エイ●ックスだって、この売り方はあまりにひどすぎるぞ。
こんなことしていーのかよ、大塚愛ちゃんよぉ。

まず、これはベストではない。
新曲+シングル・カップリング曲+リアレンジ集であり、しかも前ベストと曲かぶりまである上に、前ベストに収録されていなかった曲は全く収録されていない。
「恋愛写真」と「ポケット」はリアレンジ組である。

前の初ベストが中途半端な収録で、「フレンジャー」以降が収録されていなかったから、当然ベストの第2弾と思って早々予約しちまったじゃないか。
しかも時期的に続編発売の頃合いだしな。
タイトルも明らかに「ベスト第2弾」の勘違いを狙っているように思える。
初ベストの段階から、これは全て仕組まれたことなのかもしれない。
騙された自分が悪いのか。
本当に頭きた。
エイ●ックスのCDは今後一切買わない。
(今のところ)

あ、曲のこと書いてなかった。
曲はいいです。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

最近多い。
慌ただし感だけがあって、実はほとんど仕事が進んでいないことが。
なんなんだろね、こり。
あーもろもろの案件でストレスが溜まる。


今日のいちまい。

More, More, More: Best of the Andrea True ConnectionMore, More, More: Best of the Andrea True Connection
(1998/02/26)
The Andrea True Connection

商品詳細を見る


どっちかつーとおバカ・ディスコの部類に入りそうな、アンドレア・トゥルー・コネクション
このヴォーカルのアンドレア・トゥルーつー人はポルノ女優だったそうで、ポルノ女優が音楽で成功したケースってのは少ないんだってさ。
そんなにうまくはないけど、セクシーなウィスパー・ヴォイスは魅力がある。
前職をそれなりに生かしたってことかしらん。

ヒットした「More More More」は文句ない傑作。
「Paty Line」もゴージャス感があってなかなかよろしい。
中ヒットの「N.Y., You Got Me Dancing」や「What's Your Name, What's Your Number」も結構良くできてるぞ。
歌の持ち味を生かしたプロジェクトのいい例だね、こら。

ベストは何枚か出てるけど(つーかオリジナル・アルバムってそんなに何枚も出てないけど・・・)、このベストはどれもロング・バージョンで、ディスコつったらやっぱロング・バージョンだろーっつー王道を行ってる意味でもいいんではないだろか。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

あれれ。
なんか体の調子悪いかも。
起きてるのがちと辛い。
そろそろ猫が夜寄り添ってくるので、寝てても疲れる。
原因はそれか。


今日のいちまい。

血と汗と涙血と汗と涙
(2001/02/07)
ブラッド・スウェット&ティアーズ

商品詳細を見る


今更なのだが、時々無性に聴きたくなるアルバム。
ブラッド・スウェット&ティアーズのセカンド。
当時はシカゴと2大ブラス・ロック・バンドみたいに騒がれてたが、今聴くと2つのバンドはだいぶ耳障りが違う。
カバー曲にローラ・ニーロ、ビリー・ホリデイ辺りってのは当時のロック・シーンから言ったらかなり渋い選曲だわなあ。
面白いのはシカゴもBSTもスティーヴ・ウインウッド絡みのカバーしてるんだよね。
シカゴは「I'm A Man」だし、BSTは「Smiling Phases」ってのは、バンドのカラー考えると何だか面白いチョイスだなー。

BSTは当時のロック・バンドにしてはフツーに演奏がうまかったと思う。
つーかちゃんとしてた。
それにヴォーカルのデヴィッド・クレイトン・トーマスの無骨さが妙にフィットしてた。
この人、歌う前はカナダのきこりだったんだよね、確か。

先述のカバー曲に加え、ヒット曲の「You've Made So Very Happy」「Sometimes In Winter」「Spinning Wheel」と、かなりの名盤だよね。
ただ、プロローグとエピローグでエリック・サティを持ってきてるのも結構いい感じなのに、ボーナス・トラック入れちゃうと何かおかしなことになるよ。
あと、ファーストのアル・クーパーのブルースがしんどかった身としては、正直「Blues, Pt. 2 」だけはちょっと・・・です。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

映画とかレッズとか。
朝、昨夜ネットで予約しといた「スペル」をMと見に行く。

79e0aaa0.jpg     

さすがのサム・ライミ。
わかりやすい布石とか、ベタな怖がらせ方とか、飽くなき(?)B級へのこだわり。
古典的な手法に拘るとこは過去のホラー映画へのオマージュ。
いーんでないの。
ツッコミ厳禁の映画だよね。
堅いこと言わずに楽しもうってとこか。


その後、不要なPC関係を処分しに「PC-DEPO」へ。
引き取ってくれただけでもよし。

午後からはレッズ戦。
vsFC東京は「1-0」の勝利。
FC東京はたぶん今一番調子が良くて、強いのではなかろーか。
そういう相手には強いよな、ほんと。
しかも相手がホーム14戦負けなし、公式戦6連勝中ってのを聞いて、なおさら勝てる気がした。
連敗中のチームには負けてあげたりするけど。
まあ、今は勝ち負けより中身だけど、前半はメロメロ、後半いい感じで得点もした後に、元気君が退場・・・。
後半の入りからして、どんなもんか楽しみだっただけに残念。
MVPは、10人になってから相手のチャンスを潰しまくった阿部ちゃんと、ファインセーヴ3つの山岸。

さて、その後もスカパーのJリーグ中継をずっと見る。
J2の2チームの昇格が決まり、J1の1チームの降格が決まった一日。
終盤のJリーグはやはり面白い。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

録音とかPCとか。
キリスタの録音@川越「スタジオチコ」。
のりえもんとギターの録音。
普段は歌のついでにしかギター弾いていないので、必死にギター弾いたもんでもんのすごく疲れた。
まあ、よれとかいろいろもろもろあっけど、実力からいってあんなもんかなー。

その後、かねてからの懸案事項、Hに渡すPCの整理とかなんとか。
いろいろやってほんと疲れたわい。

夜、wowowで「ブラック・レイン」をやっててつい見てしまう。
ずっと前に見てだいぶ忘れてたけどね。
それにしてもこの映画の松田優作はやっぱいいなー。
そしてアンディ・ガルシアも脇役だけど、存在感がある。
しかしリドリー・スコットはいつも画面が暗くて、ボロいテレビだと見づらいわい。


その後、録画しといた「百万円と苦虫女」をやっと見る。

百万円と苦虫女 [DVD]百万円と苦虫女 [DVD]
(2009/01/30)
蒼井優森山未來

商品詳細を見る


こら面白い。
ロードムービーと家族とロマンスを織り交ぜた、コミカルでほろ苦い映画。
いやしかし、この映画ほど蒼井優の魅力を引き出した映画はないと思う。
その魅力を引き出した監督がタナダユキという女流監督。
同性だからこそ、ということなのか。
当然のような不思議なような。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

ミーティングとか。
高田馬場の白木屋にて、マイグルの今後の方針を話し合うべく集う。
全員参加というわけにはいかなかったが、なかなか実のある話し合いだったのではなかろーか。
今日は無事に急行の最終で帰宅。


今日のいちまい。

ノー・ライン・オン・ザ・ホライゾンノー・ライン・オン・ザ・ホライゾン
(2009/02/25)
U2

商品詳細を見る


何か物凄く貫禄あるなあ。
「All That You Can't Leave Behind」と「How to Dismantle an Atomic Bomb」でシンプルなロック回帰?って感じで、自分の好み的にはその方が嬉しかったけど、近作はイーノとラノワとまた組むっていうじゃない。
どーなるかと思ったけど、結果的には同じ流れだと思った。
まあ、サウンド的には近作より凝ってるんだけどさ、「The Unforgettable Fire」「The Joshure Tree」辺りとは違うなあ。
思うに、曲作りに風格があるようになったつーか。
どれもいい曲だ。
確かシングルになった「Get On Your Boots」が一番イマイチ感があるくらい。
あと、ボーノの歌についても同じで、風格も漂うし、なんつーても表現が格段に広がった気がするなあ。
まあ、これを「老いた」とするか「広がった」とするかってとこかな。

U2ってデビューから、随分といろいろやってきたけど、常に歌と曲については大事にしてきたんだと思う。
それがこの風格になったのかもしんないな。
やっぱり無視できないバンドだ。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

そういえば。
誕生日でした。
53歳が54歳になっても大差ないけどね。
59歳が60歳になる日は楽しみで仕方ないけど。

今日、来年の手帳とカレンダー持ってきた業者が現れた。
早くねーか??
そんなに急かさないでくれよ。


今日のいちまい。

K.K.WORKS 1998-2000K.K.WORKS 1998-2000
(2001/06/27)
Kahimi Karie

商品詳細を見る


なんだーかんだとマイ・ブームになってるカヒミ・カリイ
ヤフオクやブック・オフで何百円で売ってるもんだから、何枚か買ってしまうた。

で、これはユニバーサル時代のベスト。
多分、5枚のアルバムからのセレクト。
中期ってことになるんかな。
短期間のベストということもあっけど、ベストと呼ぶにはあまりにまとまっている。
本人選曲つーことで、ミックスのバージョンにもこだわったらしい繊細な、最早トータル・アルバムだな、こりゃ。
そして、前のベストに比べるとさらに一筋縄ではいかなくなってる感が強まってる。
ラテンやジャズやラップやダブやテクノなんかが独特の調合でひとつにまとまった感じ。
同じボサなんかでも、初期みたいにストレートなものでもなく、捻った上に他の要素が交じり合ったみたいな。

いずれにせよ、なんか魔力があるんだわ、この歌声。
はまるとはまるんだよねー。
最後はこのウィスパー・ヴォイスが好きかどーかってことになるんだろー。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

今日まで寒い。
明日からまたあったかいとか。
まあ11月だからね。
寒いのも仕方ないんだが。

朝、腹が痛かったんだが、来客とかでバタついて、2時間くらい我慢してしまった。
はぁ~、辛かった。
つーわけで、一日中、仕事でばたつく。
結局、税務調査をまだ引きずっているのだった。
いろいろめんどー多し。


今日のいちまい。

51vx6DUAZbL.jpgザ・ベスト・オブ・ヴァニラ・ファッジ
(1993/02/25)
バニラ・ファッジ

商品詳細を見る


ロックに目覚めさせてくれたバンドのひとつ、ヴァニラ・ファッジのベスト。
ライノ編集だけあって、シングル・バージョンに拘ったなかなかの選曲。
特に、「You Keep Me Hanging On」はアルバム・バージョンは長くてかったるいし、シングル・バージョンは切り貼りした人がほんとに素晴らしい仕事したって感じで、このバージョン収録しないで、なーにがベストだっていえるほどの出来。
「アレンジで曲がこんだけ変わるのかー」って最初に思ったのが、このバンドかもしれない。
「You Keep Me Hanging On」もそうだけど、ビートルズの「Ticket To Ride」なんかもかなり面白い。
まあ、バカラックの「The Look Of Love」やドノバンの「Season Of The Witch」みたく、のぺーっとしたアレンジは今聴くとちょっと辛いけどね。
あと、ブルースっぽいカクタスが演りそうな曲もあるけど、何かが違うのはなんだろね。
オルガンが入ってるのはおっきいのかな。
「Lord In The Country」みたいな、ゴスペルにしちゃうとこはカクタスにはないもんな。

あ、ひとつだけライノに文句があるとすれば、「Shotgun」はアルバムの長いバージョンが良かったかなー。
ドラムの遅くれ目ドタドタ感が、シングルだとイマイチ物足りない感じだもん。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

入間航空祭。
去年は行けなかったが、毎年恒例の「入間航空祭」にMと出かける。
昨日、深夜に迎えに来てもらったこともあって、家を出るのが予定より遅くなってしまった。
しかも車に乗ってたら気分が悪くなってしまった。
うーむ、来年の11/2は早く帰宅しよう。

毎年この日は、割と近くの「SATY」は駐車場がいっぱいになるのだが、今日も出かけるのが遅れたこともあって入り口は長蛇の列。
いつもの穴場の駐車場に周る。
ここは「SATY」より近く、しかも無料で都合がいいのだが、その内、停められなくなるかもなー。

航空祭は去年来なかっただけで、いくつかルールが変わってた。
以前は閉鎖されてた通用門が開放されて、混雑のストレスが軽減。
脚立の禁止、開始45分前にレジャー・シート禁止になってた。
脚立はともかく、シートはスカスカしてる場所にまで注意にやってくるってどーなのよ。
融通が利かなすぎ。
それにお年寄りまで立って見ろっつーのもなんだかなー。

天気が良く、見晴らしも良かったので、いつも以上に遠くまで良く見えたが、ちと寒かった。
近くのギャルが「王様のブランチ」並みのテンションで叫んでて笑えた。
また別の親子連れはどう見ても親の方が興奮してた。
子供は多分それほど興味ない。

終わってから、「SATY」で買い物して帰宅。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

呑む。
なんかこういう休日の合間って士気が上がらないよね。
月曜だからなおのこと。

夜、久しぶりにじゃいと池袋で呑む。
MSも来る。
終電を逃し、Mに川越市まで迎えに来てもらう。


今日のいちまい。

MF10 -10th ANNIVERSARY BEST-(DVD付)MF10 -10th ANNIVERSARY BEST-(DVD付)
(2009/10/07)
m-flom-flo loves YOSHIKA

商品詳細を見る


m-floはデビュー当時、夜のJ-WAVEで司会をしていた時に初めて聴いた。
特に「Hands」という曲は、ピアノのフレーズが印象的なとてもいい曲ですっかり気に入り、アルバムも買ってしまったのだった。
そのm-floももう10年だってさ。
嵐も結成10周年とかで最近やたらテレビに出てるけど、月日が過ぎるのは早いもんだよねー。(べたっ)

Lisaのいた3人時代とlovesシリーズの2枚組なんだけど、lovesシリーズのは前にもベストが出てるし、選曲も3曲くらいしか変わらないので「なんだかなー」って感じだけど、Lisa時代ベストは初めてなのでやっぱ買ってしまった。

loves時代のシンガーはBoA、Bonnie Pinkを始め、安室にminmi、melody.、Crystal Kayに野宮真貴 & CRAZY KEN BAND・・・と超豪華。
minmiとmelody.は曲もよくってお気に入りだけど、加藤ミリヤとMONDAY満ちるが一番の聴きどころかなー。
どっちも前のlovesベストに入ってなかったしね。
それぞれ違うシンガーが楽しめるけど、もうちょっと個性を引き出せたような気がしないでもない。
まあ、Bonnie Pinkあたりは結構「らしさ」が出てるけどね。

それでもやっぱり全体的にはLisa時代の方がいいんだよねー。
Lisaの声が好きっつーのもあるし。
(顔はタイプじゃないけど)

なお、付属のDVDは歴史をダイジェストで(「カウンダウンTV」みたく)まとめたもので、それなりに面白い。
まあ、1回見ればいいかなーって感じのもんだけど。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

いろいろ。
昨夜は遅くまで録画しといたwowowドラマを見てしまう。
珍しく朝遅く起きる。

今日は昼前、Mと「ロヂャース」へ猫餌などの買い物へ。
「バーミャン」で昼食後帰宅。

前のPCで使っていた、カセットから音楽ファイルを作るインターフェイスが、今のVISTAでは全然うまくいかないので、夕方、Hと「PC-DEPO」に見に行く。
1980円のが売ってたんで買ってきたんだけど、こんな安いのでだいじょぶかしらん。
後は同じくVISTAでなかなか思い通りにいかないマイHOMEPAGEをどうするかだなあ。
あと、「ハード・オフ」にも寄って、H用の安いディスプレイ等も見て周る。
結局買わなかったけど。
ついでに「POPOLA」内の「ブック・オフ」にも寄ってから帰宅。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

copyright © 2005 晴れ時々素っ頓狂 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.