晴れ時々素っ頓狂
音楽とかバンド活動とかサッカーとか映画とか。 楽天家。能天気。ボケつき。
一日バタバタ。
さすが月末。
しんど。


夜、昨日の試合のスカパー・バージョンを観る。
昨日のTBSと比べると深さが違うぅ~。
民放のサッカー中継はやっぱりダメだ。


今日のいちまい。



実は、ピンク・フロイドは「ウマグマ」から聴き始めたもんで、シド・バレット時代はベストとかに入ってるような有名曲しか知らないのであった。
で、どういう意図があってこういうアルバムが出たのかは不明なんだけど、ピンク・フロイドのベストは大好きで、何種類も聴いてきてて、今でも時々聴いたりする。
もしかしたらオリジナル・アルバムより好きかもしんなくて、それなりの期待感があった、この初期ベストなわけす。

最初の2曲「Arnold Layne」と「See Emily Play」は、初期のシングル曲であり、今更感はあるものの、ベストには欠かせない曲。
シングル・バージョンなんで、モノなんだけど、音はいいなあ。
他のどのベストのものよりいい。

「Matilda Mother」は、シド・バレットの作で、デビュー・アルバムに入ってた曲すね。
そういうわけで、初聴きす。
リアルタイムで聴いてたら面白かったかもしれないと思わせる曲だね。

「Jugband Blues」は、「神秘」収録曲だけど、ベストの「エコーズ~啓示」で聴けた曲です。
「神秘」はろくに聴いていないアルバムのひとつで、本作では、ここでギルモアさん登場てことになるんかな。
結構ポップで、間奏のホーンとか聴くと、ニック・メイソンのソロを思い出しちゃう。

「Paintbox」もシングル曲で、ベスト「Relics」にも入ってたので知ってるよーん。
リック・ライトの曲は何気に好きなんだな。

初聴き、デビュー・アルバム収録の「Flaming」はBBCセッション。
シド・バレットの曲だけど、時期的に演奏もバレットだろう。
演奏はリック・ライトが目立ってるけど。

「In The Beech Woods」は、シド・バレットの未発表曲らしいっす。
インストだけど、至極真っ当?でアクのない曲だ。
真っ当過ぎてボツになったん?と思えるほど。
知らなかったら、ピンク・フロイドってわからないんじゃないか。
そして、この曲でも、誰よりもリック・ライトが存在感を発揮。

「Point Me At The Sky」は、シングル曲で、ウォーターズとギルモアの2人で歌ってるみたい。
サイケデリックな感じだねー。
ビートルズの「Lucy In The Sky With Diamonds」とダブってしまうんだが。
結構好きす。

で、「Point Me At The Sky」のカップリングだった「Careful With That Axe, Eugene」。
シングル・バージョンでの収録。
この曲もベストには欠かせない。
「ウマグマ」のライヴで聴いたのが最初だったっけなあ。
なんか不安煽る曲で、怖かった。
叫びみたいなやつがさ。

「Embryo」はですよ、 この曲聴くために「Works」つーベストを、わざわざ買ったんだけどなあ。
まあ、いかにもウォーターズな曲だ。
ヴォーカルはギルモアぽいけど。

「Ummagumma Radio Ad」という、「ウマグマ」のラジオCM?を挟んで、BBCセッションが2曲続く。
ただし、こちらはもうバレットからギルモアに替わっている。
まずは、「「ウマグマ」からの「Grantchester Meadows」。
まあ、良くあるウォーターズがほぼひとりでやってるような曲。

もう1曲の「Cymbaline」は、映画「モア」のサントラからだね。
このアルバムも聴いてなかったけど、収録の「The Nile Song」が好きでね。
当時、ドーナッツ盤買ったな、確か。
ただ、音がひどくてさ、これはかなりいい音になってるけど。
でも、この曲も悪くないね。
にしても、ウォーターズの曲を、結構ギルモアが歌ってるんだなあ。

同じライヴでもライヴらしいライヴ「Interstellar Overdrive」もデビュー・アルバム収録曲だね。
これも「Relics」に収録されたインスト曲だ。
このライヴでは、演奏はすでにギルモアだけど。
それがまた、スライド・ギターなんだけど、結構オンでハードで。
最後、歓声も聴こえる。

また、BBCセッションに戻って、「Green Is The Colour」。
この曲も、映画「モア」のサントラ収録です。
そして、これもウォーターズ作のギルモアVoだね。
ピンク・フロイドにしては珍しく明るい曲だなあ。
で、メドレー気味に、再び「Careful With That Axe, Eugene」へと。
ノリがスタジオのとは違うので、別曲のように聴こえるのであります。

で、ディスク2へ。
最初の5曲は、映画「砂丘」からの未発表音源。
映画も観てないし、アルバムも未聴。
この頃は、ロック・バンドが映画のサントラを手掛けるなんて珍しかったねー。

アコギによる、「On The Highway」、同じくアコギとハープシコードらしきが入る「Auto Scene Version 2」、ピアノのみのインスト「The Riot Scene」、 多分ギルモアのスキャットの「Looking At Map」、と、どれもとっても短い曲。
この内、「The Riot Scene」は、「狂気」収録の「Us And Them」の原曲ぽい。
そして、「Take Off」は、5曲中、4人で演奏しているビート感のある曲で、「One Of These Days」の後半部分ぽいので、もしかしたら元になった曲かもしれない。

そして、「Embryo」再び。
ディスク1のテイクよりも後のBBCセッション音源だ。
長~いセッションで、スタジオもんよりハードな演奏になってて聞き応えがある。
子供の声は重ねたのかなあ?サンプリング?つうか、当時ならテープか。
拍手とかも入ってるし、スタジオ・ライヴなのかな。
「Echoes」の途中のSEぽいのも出て来て、この演奏からのアイデアだってのがわかる。
また、後半の演奏は「Atom Heart Mother」の一部みたいにも聴こえる。

そして、本作の目玉であろう、4人による演奏の「Atom Heart Mother」す。
完全にライヴ・バージョン。
ホーンがないから、まあ違う曲みたいだよね。
途中のコーラスみたいのは、シンセ?テープ?なんじゃらほい。
ノリが変わった後のベース~ギター~オルガンと続く途中のソロは聞き応えあるなあ。

で、次の「Nothing Part 14」は、「Echoes」に発展したと思われる曲。
ただ、インストで、歌のverse部分そのものがないけどね。
また、終盤の演奏は、「One Of These Days」にも聴こえるね。

ここから、アルバム「雲の影」からの3曲。
このアルバムも未聴なんだよね。
まず、「Childhood's End」。
時々こういうグルーヴ感のある曲があるよね。
リズム・セクションが違ったら、ファンキーな曲になったかもしれない。
ピンク・フロイドは、多分これでいいのだけど。
ギルモアの曲とヴォーカルっす。

で、次はウォーターズの「Free Four」。
アコギでハネた、ハンドクラップなんかも入ってる明るい曲だ。
ベストでは、「Works」にも「A Foot In The Door」にも入ってたけど。

最後はウォーターズ&ライト作、ヴォーカルはライトの「Stay」。
フツーにポップな曲です。
前述のように、リック・ライトの曲は好きなのです。

さて、未発表曲はもちろん、聴いていないアルバムからの曲が多いので、なんか嬉しいコンピもんです。
ライヴも「ウマグマ」以来聴いていないし。
既にベストなんかで聴けた曲でも、音が良くなってるし、聴けて良かった、そんな楽しいアルバムした。
スポンサーサイト

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

とりあえずホッ。
サッサと会社出てレッズ。

チャンピオンシップの決勝、アウェイのvs鹿島アントラーズ。
試合間隔があいたのと、相手が準決勝に勝って勢いづいていることもあって慎重に、それでも隙あれば得点狙うって感じだった。
まあ、あまりパスが回らなかったし、攻撃は今一つだったけど、今日はアウェイの戦い方をしたと思っている。
槙野や森脇もほとんど上がらなかったし、攻守の切り替えの速さと当たりに気迫は見えた。
PKはラッキーだったかもしれないが、それよりも無失点で終えたことが大きい。
アウェイ・ゴールまでついてきたのだから上出来だろう。
12/3の埼スタが楽しみだ。


今日のいちまい。



なんだーかんだと追い続けるフジファブのニュー・マキシ。
3人体制もすっかり板についた。

で、「SUPER!!」だ。
あー好きなタイプの曲だね。
アップ・テンポの疾走感溢れるポップ曲。
どんどんキャッチーになってるなあ。
まあ、アクはほとんどないし、似たような曲があった気もするけど、チャイナっぽいギター・リフや途中の仕掛け、ブレイクなどのアレンジも面白いし、いい曲だよ。
山内総一郎の曲に金澤ダイスケがサビをつけてできたらしいっすよ。

カップリングの「夜の中へ」は、それほど多くない加藤慎一の作。
スカ基本の、なかなかの佳曲。
サビのメロもよし。
ブリッジからバイテンに行くとこのアレンジも楽しい。
転調のとこだけ、ちょっと取ってつけたぽく感じたけど。

で、おまけDVDついてました。
「フジファブリックのLIVE TOUR 2016“三日月ADVENTURE”大反省会」ってタイトルで気づくべきだった。
ライヴ映像かと思いきや、ツアーを終わっての居酒屋談義だった。
大反省会だもんな。そらそっか。
もはやバラエティ番組です。
オーディエンスの「えー」やパフもある感じ。

2曲聴く限りは、来月発売のアルバムに期待はできる。
もうほんとポップスって感じになっちゃったけどね。
ロック・バンドとしての試みぽい部分もあるんだろうか。

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

たりい。
土曜の疲れに月曜のだるさ。


今日のいちまい。



そうこうしている内に(イミフ)ゆう子たんのソロが届いてしまいました。
amazonからの梱包がでっかくてあせったら、ポスターが入ってたのでした。

まあ、期待も少しだけしたんだけどさ、1曲目の「永世のクレイドル」を聴いて、あ~って感じでしたね。
もっと違う世界期待してたんだけどね。
早い話、和楽器バンドから和楽器を抜いたらこんな感じってこと。
メロはそのまま、和楽器のかわりが、ピアノやその他キーボード類てだけで。
ギターは結構重ねてたり、音は多少分厚くなってるかもしれない。
ちょっとディスコぼい感じもするので、モロにしたら面白くなるかもと思ったけど、ゲーム曲なら仕方ないのかなあ。

「戦火の灯火」は、和楽器バンドの「虹色蝶々」「風鈴の唄うたい」「暁ノ糸」「なでしこ桜」辺りを混ぜた感じの曲。
和楽器バンドはピアノが入ってないので、違いといえばそこだけど、曲は和楽器バンドそのもの。
まあ、琴がピアノの役目はほぼ果たしてるからなあ。
ストリングスなんかも入って盛り上がるし、いい曲ではあるけど。

「step forward」は、もはや普通すぎる歌謡ロック。
アン・ルイスを思い出しちまった。
まあ、歌がうまい人だから、聴けてしまうのだけど、メロもまあまあだし、残らないかなあ。

「雪時計」も、「戦火の灯火」同様です。
和に加えてチャイナなとこもあるメロはそれなりに魅力的。
ここにきて、詩吟ぽいヴォーカルも少し聴ける。

「Remains」も和楽器バンドそのものだなあ。
イントロから入るピアノのフレーズは魅力的だけどね。
まあ、ピアニストだったら、和楽器バンドの曲をピアノでやってみたいのかなと思ったんだけど、ピアノも本人が弾いてるわけじゃないんだよね。
そしてこの曲もすぐにディスコになりそうだし、いやいやエレクトロにしたらどうなんだろうとか、いろいろ妄想してしまう。
途中のアレンジとか面白いんだけどね。

「背中合わせ」は、「戦火の灯火」「雪時計」よりか、かなり普通にJ-POP寄り。
そういう意味では、一番和楽器バンドからは遠い曲かもしれない。
ドラムは打ち込み?ぽい感じにも聴こえるし、悪くはないメロだ。
そして、ハード系とバラード系は、最後まで交互に並んでおりました。

最後は、1曲目の「永世のクレイドル」をしっとりと、唯一本人によるピアノで。
このあたりはソロ・アルバムっぽいとも言える・・・のかな?
まあ、アレンジ次第でハードなロックになったりバラードになったりするってこってす。

付属のブルーレイは、お決まりとなったシングル曲?「永世のクレイドル」のクリップとメイキングです。
クリップは映画の予告か?というイメージ。
和楽器バンドでも「華火」なんてのがそうだった。ストーリー仕立て。
違うとこと言えば、和の要素は絵的にもなくって、中東っぽいと思ったけど、メイキング見ると茨城でのロケみたい。

ソロということで、和楽器バンドより華風月に近いのかな?と思っていたし、もしかしたら新しい顔も見せてくれるかなと期待したんだけどね。
和な歌い方は控えてるし、和楽器抜き、ピアノ入りでやっただけって感じは否めないし、曲も二番煎じっぽいし。
半分くらいが彼女自身の作だけど、他の曲もそれほど変わった感じがしないので、1枚通しての曲としてのメリハリはあまりない。
ギターは多少引っ込んで、ピアノやストリングスを前に出してるのが多少和楽器バンドとのサウンドの違いを感じるけど、これもそれほど大きな違いでもない。
曲はまあ悪くないんだけどさ。
すまんね。

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

疲れた。
昨夜、帰宅後にコーヒー飲んでしまったら、頻尿状態。
夜中に何度もトイレに起きて、ろくに寝れんかった。


そんな中、朝はMと母のところへ。
その後、ラーメン屋「誉」にてランチ。
コンビニでコーヒー飲んでから、「ひかりペット霊園」へ。
はなちゃんの埋葬。
なんかね、泣いちゃうね。

それから、「いなげや」で買い物して帰宅。

帰宅後、J1昇格プレイオフの準決勝。
どっち観ようかと思ったけど、「松本山雅vsファジアーノ岡山」を観る。
岡山が先制して、後半松本が同点に追いつき、最後の最後、ロスタイムで岡山が勝つ。
劇的で面白い試合だった。


夜は、wowowで「ヒトラー暗殺、13分の誤算」を観る。



:タイトル通りの内容で実話ベースにしているようです。
記憶と現在をうまく組み合わせた演出で、最後まで面白く観れた。
なんていうか、丁寧な作りで、起伏はないんだけど、重みがある。
動機の部分とか、希薄な気がしないでもないけど、行動にうつす時ってのはそんなもんなのかもしれないし、逆にそういうところがウソっぽくない気もする。
徐々にヒトラーが支配していくドイツと、将校の中にも人間臭さを感じる人がいたりして、そういうとこがリアルなんだよなあ。
あと、その将校が後に処刑されるとこも妙に生々しい。
しかし、この13分間の誤差ってのは歴史が変わる可能性があったわけだよなあ。
こういうのって他にもいろいろあるんだろうなあ。

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

朝からお出かけ。
御徒町の「音楽館」にて、CRすぎのこリハ。
そのままライヴ@御徒町「JAM SESSION」。
待ち時間がなかったのは良かったけど、慌ただしくもあった。
ライヴ後、タイバンしたGOTTANICAさんたちと合同打ち上げ@「酔っ手羽」。
しこたま飲んで帰宅。
早いライヴだったので、帰りも余裕でした。
でも、寝てしまわないように、車内ずっと立って帰ってきたので、とっても疲れたのでした。

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

金曜だ。
今日も寒いね。
朝、西武線が停電とかで、昨日以上に会社遅れる。


今日のいちまい。



じゃあ、カバーじゃなきゃどうよって話なんだけど。
3rdアルバムになります。
1stアルバム収録のオリジナル楽曲が何曲か新たに録音し直されたらしい。
インスト4曲に歌もん8曲という構成。
調べてみたら、このアルバムは和楽器バンドの「ボカロ三昧」発売後なんだね。

で、まずは、尺八メイン、琴とピアノが絡み合うインスト「夕暮れ時の雨」で始まる。

次の「星降る丘」でヴォーカル。
前作もそうだけど、この曲も終始しっとりと淡々と歌ってる。
こういう歌は誤魔化しようがないからね、上手いよね。
ピアノと琴の相性はやはりいいなと思わせる。

「月食」は、ほぼピアノの弾き語りを二人がサポートて感じ。
ピアノもなかなかの腕前なことがわかる。
琴が時々マンドリンに聴こえるぞ。
しかし、うーん。歌いだしのメロなんかいいから、リズムがあればいいのにと思ってしまうのも事実。

「幻想夜」のイントロを聴くと、一瞬、和楽器バンドみたいにグワーンと来るんじゃないかと錯覚してしまう。
歌い方も、前作にはそれほどなかった、和楽器バンドみたいに詩吟ぽかったり、と和になってるし。
和楽器バンドでそのまま出来そう。

次、インストです。
「花鳥風月」も尺八ソロから、ピアノと琴の絡み。
3人でインストってなると、どうしてもこうなっちゃうよね。
ただ、3つの楽器は凄く活きてる。
綺麗な曲なんで、これもぜひ和楽器バンドでお願いしたい。

短い曲「かざぐるま」。
ちょっと矢野顕子ぽいAメロで、「おっ」ってなったけど、Bメロ以降は和楽器バンドに似たのがあったような。
この曲のヴォーカルも「幻想夜」同様に和楽器バンド的だ。

尺八メインのインスト「竹林の風」は、ピアノがなかなか良い。
前作のカバー・アルバムぽい雰囲気。
そして、ほれ、マンドリンみたいな琴がチラッと。

「塒」で、また和楽器バンド的な曲が。
ヴォーカルがアルバムで一番詩吟してます。
前作ではあまりなかった歌い方なんだがね。
これも和楽器バンドでお願い。
ピアノの部分なんてそのままギターと三味線で行けるじゃん。

一転、ポップス・シンガーの「そそら巡り」。
曲も歌詞もJ-POPぽい。
歌い方の違う曲が続いたのでわかりやすい。

「深紅」は、難易度高いメロだな。
そして、これも和楽器バンドです。
ヴォーカルも詩吟系。
終りの方の尺八がギター・ソロっぽかったり、仕掛けやアレンジがこの編成ぽくなくって、リズム楽器が入っていないことを一瞬忘れてしまいましたわ。

3人のソロがそれぞれフィーチャーされたインスト「結ノ道.藍」。
やっぱり、ピアノのプレイには驚いてしまうのであった。

最後はJ-POP系で締めます「あの場所へ」。
こういう伸びやかな声もあるってのはほんと凄いわ。

というわけで、ヴォーカルが前作と違って、詩吟的なのと、J-POP的なストレート系なのとを使い分けてる感じで、思ったほど退屈ではなかった。
それでも、正直、オリジナルだとアルバム1枚はキツイなあ。ごめん。
テンポもどうしても似ちゃうしさあ、劇的なメリハリはないしさあ。
全体的に、ゆう子たんの弾き語りを2人がサポートしてるって感じなんだよね。
1曲1曲はいいんだけどね。
むしろ、和楽器バンドでこういう編成の曲を挟めばいいのにと思うんだけど、どうよ。

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

雪だ。寒いだ。
まあ、それほど積もらなかったので良かったけど、とにかく寒い一日だった。
朝の電車もちょい遅れくらいでした。


夜、wowowで「運命の門」という映画を観る。



木曜の夜は日本初公開映画。
カンボジアで、革命勢力にスパイの容疑をかけられて拉致されたフランス人の話。
そういえば、カンボジア難民救済コンサートってのがあったなあ。
主演はラファエル・ペルソナ。
ちょいと地味だけど、革命なんてのは実際には派手じゃなくって、こういうジリジリしたもんなんだろうなあと思わせる。
政府軍は負ければ反体制、革命軍が負ければ罪人っていう構図がわかりやすく描かれていた。
ただ、映画的にはあまりにも起伏がない。
もうちょっとビゾとドッチの人物描写とか、国外に出る時の緊迫感とかがあっても良かった。


今日のいちまい。



和楽器バンドの前身となったバンドということで興味がいった。
前身と言っても、和楽器バンドと平行してやってるのかな?次作は「ボカロ三昧」直後の発売だし。

で、デビュー・アルバムは限定?高値の良くあるパターンで手が出ず、これは2ndアルバムす。
全曲カバーで構成す。

和楽器バンドのゆう子たんがピアノと、いぶくろの箏、神永の尺八というトリオ編成なんだけど、ドラムレスとは知らなんだ。
ちょっと心配だったけど、歌もんも半分入ってたので、まあ大丈夫でした。

1曲目の「古畑任三郎のテーマ」は、テレビドラマはほとんど観ないので、原曲と比較しようもないんだけど、情感的なピアノと尺八と琴の音色の相性はいいようだな。

次の「ラジオ体操第1」はウケました。
なーんか聴いたことあるなあと思いつつ聴き進む。
知らずに聞いたら、何の曲かわからずに苦しみそうなアレンジだなあ。

ここで歌もん「ハナミズキ」。
同名映画の主題歌なんだね。
一青窈の歌つーことで、聴く前から、ゆう子たんには合いそうとは思った。
あくまでストレートに丁寧に、アクは出さずに歌ってる感じ。

おおっとぉ「世界の車窓から」が入ってた。
ピアノと尺八の主旋なので、音が固く、弦楽とはまた違った感触だ。
むしろ、途中からのピアノと琴の絡みが聴きどころか。

再び歌もん「涙そうそう」。
オリジナルは森山良子かBEGINかわからないけど、夏木りみのバージョンは同名映画に使われたね。
この曲もハマるわなあ。

「太陽にほえろ!メインテーマ」は、「ラジオ体操第1」並みの面白さ。
まさか、このイントロからこうくるとはねえ。
琴がギターのカッティング部をやってるのよ。
これは傑作。

「TRUTH」ってのはsquareの曲?
この曲ではとにかく尺八の力のこもった演奏が聴きどころ。
合間に出てくるピアノと琴の音色的な組み合わせがいい感じだ。

「異邦人」で出てきた。
EGO-WRAPPIN'のバージョン聴いた時には、最強カバーだと思ったけど、これもなかなか捨てがたいな。
ほぼピアノの弾き語りだけど、琴も利いてる。
ヴォーカルは伸びやかに、森山良子みたいに歌ってる。
前にも書いたけど、演歌っぽくもこういう風にストレートにも歌えるとこがこの人の強みだ。

続けての歌もん、「ロマンスをもう一度」。
まさか葛谷葉子の曲が出てくるとはね。
CMで使われてたからだろうけど、選曲の幅が広いなあ。

「万物創世記のテーマ」も、番組は知らないけど、聴いたことはある曲。
まあ、無難なアレンジと演奏ではある。

最後は「雪の華」でした。
ゆう子たんヴォーカルは、あまりに安定したヴォーカルなんで、中島美嘉のように危うさの魅力みたいのはないわけだけど。
好みからすると、もっと最後なんかは乱れても良かったかなと思う。
演奏は、ピアノの弾き語りに琴が絡む程度にして、尺八はちょっと不要だったかもしれないね。

というわけで、曲によってはパーカッションが入ってたりもしてるけど、ほぼ3人の演奏といっていい。
アルバム・タイトルの「テーマ」ってなんだろと思ったけど、テレビ番組や映画のテーマてことなんだね。
最初に聴いたのがこのアルバムで良かったかもしれない。
カバーだから聴きやすかったってあると思うし。
あと、個人的にはピアノと琴だと、アルペジオの絡みみたいになりがちなので、ピアノあたりが大胆に打楽器ぽく弾くのもありかなーとも思ったんだけど、どうでしょか。

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

ゆっくり。
特に何もなくダラダラと一日過ごす。


午後から、チャンピオンシップの準決勝「川崎フロンターレvs鹿島アントラーズ」を観る。
いやあ、一発勝負の鹿島はやっぱり強いね。
川崎は小林と大島の離脱も大きかったね。
でも、決勝は鹿島との方が盛り上がる。
途中から、なんとなく鹿島を応援している自分がいた。
天皇杯で川崎に負けたリベンジよりも、鹿島を破ってシャーレを掲げたいという思いの方が強いのだろう。
対戦の歴史が違うのだ。
それに、年間勝ち点はだいぶ離れてるけど、まあ一応、ファースト・ステージ覇者とセカンド・ステージ覇者の対戦ということになったのは良かったのかも?

それにしても、年間順位上位チームのアドバンテージが、準決勝よりも決勝の方が少ない気がしてならない。
だって準決勝は、年間順位上位の川崎のホーム一発勝負で、引き分けなら川崎が勝ち抜けるのに対し、決勝はホーム&アウェイに加えて、アウェイ・ゴールまで適用される。
年間上位チームは、スコアも勝敗も同じになった場合のみのアドバンテージでしかない。
ほんと、こんな理不尽なシステム、今年で終わってくれて良かったよ。

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

なんか嬉しい。
週中に休みがあるってのもいいもんだね。


今日のいちまい。



オリジナル曲を含む2作目。
前作からどんだけ変わるか、違ったタイプの曲があるか、など興味津々だった。
結論から言うと、それほど多くの違いはなかった。
ただ、前作に比べて、メタル色はやや薄れた感じ。
で、よりポップになって、楽曲的には好みの曲が増えた。

オープニングの「戦-ikusa-」は、前作を継承した感じ。
和楽器のイントロはなく、いきなしメタルで来た!とも言えるんだけど、あたしゃ、Do As Infinityを思い出した。
サビの感じとか。
X-JapanがちょっとJ-POPしたらこんな感じ?あいや、あんまし知らないので勘です。
曲は嫌いじゃないす。
途中で和太鼓がフューチャーされてるのもいい。

和のメロから入る「星月夜」は、ゆう子たん達の別ユニット「華風月」を思わせるタイトル。
こういうヴォーカルはほんとにうまい。
途中からロックになるんだけど、メタルて感じでもなく、煽る仕掛けもいい感じ。
前の曲といい、掛け声多いめです。
また、これも和太鼓が少しだけフィーチャーされてるけど、他の曲含めてもっとあっていいんでないかなあ?

「Perfect Blue」は、英語のタイトルってだけで、ちょっと「おっ」ってなった。
琴と三味線の絡みがノリを作っている感じでたまらない。
だけど、思いきりポップで、普通ぽい。
あたしゃ、好き。
町屋のラップに近い早口ヴォーカルも面白い。

「追憶」もキャッチーな曲だねえ。
三味線や琴や尺八は利いてるけど、メロは普通にポップス。
ヴォーカルも普通にJ-POP風に歌ってる。
いい曲だよ。

「鋼-HAGANE-」は、何とも不思議な、演歌とデス・メタルが合体したみたいな。
ギターの音と掛け声のせいか。
まあ、タイトルがタイトルだしね。
懲りまくりの変な曲だけど、魅力はある。

ここで一転、「風鈴の唄うたい」。
石川さゆりか?という出だしのヴォーカル。
ザ・ブームあたりが演っても不思議じゃないような曲だ。
そういや、ザ・ブームと石川さゆりってコラボしてたもんな。
そんで、やっぱヴォーカルうまいすなあ。

はい。前作の延長「華火」。
得意の和楽器隊のイントロ。
こういう曲がこのバンドの中心点なんだろう。
でも、本作はメロやアレンジが自然に感じるね。
メタル感はそんなにないんだよな。
曲は自称ロック・アーティストの歌謡曲てとこか。
なかなかのハイトーン・ヴォーカルも聴けちゃう。

やはり入ってた、町屋ヴォーカルの「郷愁の空」。
普通にJ-POPなわけだけど、曲どーのじゃなく、それ以前にやっば苦手なタイプのヴォーカルだあ。ごめん。
前作の「Episode.0」よりは全然マシだけど。

「暁ノ糸」は、やはり和楽器始まりで、途中ハードになったり。
ヴォーカルがほんといいんだ。
演奏も雰囲気あります。
結構ドラマティックな曲で、メロが頭を廻る。
「吉原ラメント」といい、亜沙はいい曲を書く。
もっとこういうの聴きたい。

「白斑」は、メタルと言えるか。
ギターが活躍。
3拍子になったりするアレンジとかも面白いけど、曲としては今一つ。

「なでしこ桜」なんかは、演歌歌手だろ、もはや。Aメロとかさあ。
転調するサビもいいけど、どうしてもヴォーカルに耳が行っちゃうね。

「反撃の刃」も前作の流れなんだろうけど、なんかやたら変にポップスに。
というか、普通すぎる?
転調のとこなんかも。
「華火」以上に、大黒摩季とか渡辺美里とかみたいなんかな?よく知らないけど。
曲はまあまあ。
ただ、微妙な違いなんだけど、個人的にはこうなっちゃうとちょっとねって感じ。

何故か再録の「千本桜」を挟んで、「.華振舞」も前作の延長メタル。
メロは、和というか、昭和歌謡している。
演奏変えたら、ほんとアイドルぽくなるんじゃないか。
ベースがスゲー。

最後の「地球最後の告白を」が、いちばん驚いたかな。
驚きのどポップす。
本作の傾向ではあるけど、もはや和もメタルも関係ない。
普通にJ-POPす。
ヴォーカルも歌詞もね。
本作を象徴するような曲なのかもしれないけど、曲どうこう以前に、和楽器バンドでやる意味はないかもねー。
いい曲だけどさ。

まあ、とにかく全体的にキャッチーになった(ポップス化)のは間違いない。
その分、普通ぽくなったけど、自分的には嫌いじゃないんだよなあ。
でも、一枚聴くと、相変わらずぜいぜいしちゃう。
歳のせいもあるんだろうけど、アレンジや仕掛けもギチギチだしさあ、和楽器も全曲詰め込みすぎじゃないかと思うんだ。
演奏の隙間とか弾かない吹かないとか、もっとメリハリつけた方が、各楽器や曲も活きると思うんだがなあ。

さて、おバカさんな私は、豪華絢爛BOXっての購入してしまったので、クリップ集やらライヴ集、mp3とwaveファイル音源を収めたUSBまでついてる。

クリップ集、ライヴは、どちらも1時間ほどのものだ。

クリップ集の方は「千本桜」が前作とのダブり以外は初お目見えもん。
印象に残ったのは、まずは「華火」。
「里見八犬伝」を思わせるストーリー仕立てんかだけど、クオリティは高い。
あと、しっとり系の「なでしこ桜」、CGを大胆に使った「暁ノ糸」あたりもなかなか。
ただ、どれも綺麗で良くできているんだけど、雰囲気はどれもあんまり変わらない。
演奏シーンが基本だし。
それに、「反撃の刃」と「暁ノ糸」は、メイキングも入っているけど、ちょっとこれはもういいかなあ。

一方のライヴのほう。
最後の曲以外は、同じ場所と日時のもの。
やっぱり絵があった方が楽しいし、ほんとの意味でのビジュアル系バンドって言えるんだろなあ。
曲は抜粋だろうから、何ともいえないけど、「箏 Solo」みたいのがもっとあったら良かったかな。
とにかく密度濃すぎてさ。
CDと同じようなことが言えるんだけど、ところどころ力抜くトコも欲しいよね。
なお、最後の「チルドレンレコード」は、違う日時で、台北でのライヴ。
曲は、初聴きだけど、いまいち!っした。

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

たりい月よ。
しかも、夕方から雨。
あ~あ。


夜、CATVで「インベージー・ミッション」を観る。



イラク戦争で生き残った軍医が国を告発するっていう、ハリウッド的な話のスペイン映画。
カーチェイスなんかもあったりするし、家族を守ろうとしたりもする。
ハリウッドと違うのは、ご都合主義にならないとこかね。
人を誤って殺してしまったことがちゃんと重く描かれている。
アメリカにすり寄ろうとするスペイン政府の図も出てくる。
しかし、こういうことって実際にありそうだ。


今日のいちまい。



まず、ボカロってのはいったいな~に?てな感じだったからねえ。
全く知らないので「ボカロ」て括りではなんも語れましぇーん。
あくまで一枚のアルバムとして聴いてます。

最初の「天樂」と「セツナトリップ」を聴いた段階では、正直、かる~い失望感。
だって、メタルにただ和楽器が入ってるだけやん!みたいな感じなんだもん。
それも、「天樂」では、尺八~琴、「セツナトリップ」では、琴と尺八がイントロで流れてさ、なんか期待感あるじゃない。
で、結局メタルか!みたいな。
メロはとにかく演歌寄り歌謡曲。
間奏とか、仕掛けとかで琴や三味線がフィーチャーされたりはしてるんだけど。
後になって思えば、1.2曲目の同じような感じがばらけてたら、もっと早く入り込めたかもねー。
曲的には、「天樂」の方が好きだけど、「セツナトリップ」でのソロ前のヴォーカルの「あ~もう尺八~」ってのは笑える。

以降は違うタイプの曲も出てきまして、結構ハマッてしまった私です。
3曲目の「吉原ラメント」なんてのは、「You Can't Hurry Love」みたいなノリで、和楽器も思いきり活きてる。
セリフも面白いし、メロもポップで好き。
こういうのをイメージしてたんだよね。
最後のスキャットはなんだろと思ったら、鈴華姐さんは詩吟の師範代なんだってさ。
他の曲でも頻繁に登場します。
この曲、本作中のマイ・ベスト・テイク、つーか大好きな曲になりました。

「カゲロウデイズ」で、またちょっとメタル寄り。かな?ハードロック?境目がよーわからん。
ハード・ロックを和楽器中心に演奏するとこんな感じなんかな。
和洋折衷や。
サビが終わって間奏に入るとことかスリリングでええやん。
コーラスとか面白いし、ギターのオブリもグー。

ここでしっとりの「虹色蝶々」。
琴を中心にした演奏。
ヴォーカルがね、和の雰囲気あるんだよね、やっぱり。
それに、メロも演奏もは、和が主体って感じやね。
ここでもあの姐さんのコーラスが出てきます。
ヴォーカルのポテンシャルの高さに驚くばかり。

琴~尺八っていうイントロの「いろは唄」。
和楽器からのイントロは得意のパターンなんだな。
途中からは、アメリカンなハード・ロックみたいに。
ガガガより、こういうのがいいな。
ロックなギターに琴もうまく絡んでる。
途中、和太鼓やベースにドラムスもフィーチャーされとります。

「六兆年と一夜物語」も、琴から入ってハード・ロックに。
随所に出てくる姐さんの詩吟的ヴォーカルがね、たまらん。
しかし、早口なサビだなあ。
複雑な仕掛け、ヴォーカルも演奏もテクで聴かせます。
それぞれのメロディ楽器の聴かせどころもあり。

はい、和楽器隊勢揃いのイントロの「月・影・舞・華」。
この曲も和楽器ふんだんで、曲が目まぐるしく展開。
メロもリズムもどんどんどんどん。
本作の中でも構成含めて複雑な曲。
でも、こんのくらいやってくれていいぞ。
ヴォーカルが和洋どちらも対応可能ってのもおっきい。
アレンジ的にブリッジ?のもろ和とか、もっとあっていいと思う。

「Episode.0」は、珍しく、至ってノーマルなポップス始まり。
ギターの町屋ヴォーカルが聴けるけど、歌い方がちょっとね。
デュエット曲ですが。

「深海少女」では、珍しくヴォーカルから始まります。
和太鼓をフィーチャー。
ヴォーカルは和だけど、J-POPぽい。
曲的にはまあまあ。

「脳漿炸裂ガール」は、琴始まり。
ファンキーっぽくもあるけど、結局メタルか。
鈴華ゆう子はんと町屋の早口ヴォーカル掛け合いに加えて、曲はどんどん展開します。
3拍子のとことか面白いんだけど、曲自体は今一つ。

最後は「千本桜」すね。
和楽器バンドを初めて知ったのはこの曲す。
曲としては本作中では、一番良くできてるかもしれないメタル。
琴の早弾き?とかスゴいんですけど。
断頭台とかなかなかコワイ歌詞。
この曲に限らないけど、尺八吹きすぎじゃあないかなあ。
1曲ならいいんだけど、アルバム通すとね。

録音とかavex臭がしてしまうのが気にはなる。
音的に、1音1音がもっと分離して温もりがあった方が好み。
アレンジや楽曲的に和楽器をもっと活かせたようにも思うし、もっと和のノリも大事にして欲しかった気もする。
中でも、和太鼓はもっとフィーチャーしていいんじゃないかなあ。

また、アルバム通すと、曲の印象が同じように感じてしまう上に、演奏、アレンジの密度が濃すぎてちょい疲れちゃう。
「吉原ラメント」「虹色蝶々」みたいな曲がもっとあっても良かったかなあ。


さて、ディスク2にはクリップ3曲とそれぞれのメイキング。
いずれも同じ路線だね。
シングルとしてハード・ロックorメタルで統一ってことなんだろうけど。

収録曲は「六兆年と一夜物語」「天樂」「千本桜」です。
いずれも演奏シーンの合せなので、面白味はないけど、絵はあった方が断然いい。
見栄えのするバンドです。
音もCDより肝心の和楽器がより活きてるように感じた。
いろんな意味で、これがほんとのビジュアル系てことかな。
ドラムスが友達募集中ってのはわかった。

メイキングの方は、それほど面白いもんではない。
ちょっとダラケるし。
思いきりカッコつけた撮影と、撮影後のオフとのギャップくらいかな、見どころは。

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

ちょっとゆっくり。
朝、Mと母の所へ行き、帰りに「バーミャン」でランチ。
「エコス」で買い物して帰宅。


帰ってからは、J2の最終節をザッピング。
試合経過が変わって面白い展開でした。
結果、札幌が優勝。
清水が2位で自動昇格。
松本は3位でプレイオフへ。


夜は、CATVで「イン・ザ・ヒーロー」を観る。



ヒーローもんのスーツアクターが主人公。
主人公には別れた妻子がいるとか、ハリウッドを目指す若い俳優が絡んできて、彼には弟と妹を養っているとか、なんかとってつけたみたいでさー。
クライマックスに、「蒲田行進曲」みたいな命がけのアクション・シーンを置いたのはいいんだけど、とにかく前述の設定が陳腐に感じてしまう。
いや、ベタでくさいのはいいと思うんだけどね。
なんつーか、見せ方、持っていき方がイマイチ。


続いて、wowowで「FOUJITA」を観る。

FOUJITA.jpg

http://foujita.info/
あ、まだDVD等は未発売みたいですね。
藤田嗣治という画家の生涯。
ある程度の予備知識がないと、話がはしょられてるのでわかりにくい。
また、アップがほとんどなく、動きも少ないので、絵画みたいな映像が続く。
背景なんて、絵そのものじゃないかと思う場面がいくつか。
娯楽性がないばかりか、暗いシーンが多い上に映像の演出もないし。
ちょっと辛いす。
舞台が日本に移ってからはまあ観れたけど。
でも、フランスと日本の映像の質感の違いは凄いと思う。
芸術性は高いのかしら?
しかし、よく最後まで寝ずに観れたと思う。

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

プチ遠出。
朝、Mと母の所へ行き、そのまま「玉川温泉」へ。
昭和レトロな温泉銭湯というキャッチフレーズのトコである。
まあ、あまり広くはないんだけど、昭和なポスターやら貼ってあって、雰囲気はある。
着いてから、まずは腹ごしらえ。
温泉入ってから、マッサージならぬ骨盤矯正もやってもらった。
帰り、「いなげや」で買い物して帰宅。


夕方から、wowowで「ルパン三世」をまた観てしまう。



2回目だけど、小栗旬は何度見てもハマッてるねえ。
しかし、どうしても峰不二子が黒木メイサってのだけは、ないなあ。
特徴である、肉感的と小悪魔的、どっちもないしなあ。
かと言って、若くてそういう女優って、今はいないのかもしんないね。


で、小栗旬特集らしく、続けて「信長協奏曲(のぶながコンツェルト)」を観る。



テレビドラマの続編なんだなあ。
ほんと、こういうパターンやめてほしい。
映画は映画で最初から最後までで完結して欲しい。
ついでにパート1と2を分けるのもやめて欲しい。
というわけで、本作だけど。
ストーリー的にはテレビドラマを知らなくてもほとんど問題ない。
「本能寺の変」を核に、いちおー完結してる。
信長と光秀と秀吉の解釈も面白い。
「三日天下」はなくなっちゃうけど。
終わりは、やっぱりタイムスリップもんの定番通りでしたか。
最後はちょい引っ張りすぎに感じた。
もちっとサクッと終わってくれた方が好みだね。

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

週末はつかれる。
んだよね。

そういえば、少し前から、スカパーのオリジナル・ドラマの「ひぐらしのなく頃に」を観ている。
映画2作は観たんだけど、解明されなかった部分も多く、どーにも納得できなかったので、ついつい観始めてしまったのだ。
ただ、女優陣がねー。
NGT48なんだけど、演技がねー、もう少しうまかったら、なかなか怖くなった気がするんだけどね。


今日のいちまい。



まさか、復活第2作がこんなにすぐに出るとは思わなんだ。
前作は、聴きやすいポップス風味満載のアルバムでビックリしたけど、本作はデビュー・アルバムに近い雰囲気もあるなと思った。
それもそのはずで、デビュー作「Y(最後の警告)」以来のデニス・ボーヴェルのプロデュースじゃん!
なお、輸入盤では、本作の数曲を多分ダブ・ミックスしたディスク2が付いてたのが出てたけど、ダブは基本苦手なので、ボートラで「Stor mo chroi」が入ってる国内盤にしました。

1曲目の「Instant Halo」。
イントロからいきなりボーヴェル節。
ダブなんだけど、前作を経てるせいか、聴きやすい。
ヴァースらしきやリフもあるのは前作からの流れか。
メロもちょいと下世話感が。
ノイジーな四分のギター・カッティングとストリングス系のキーボード、レゲエぽいベースが何とも言えない。

で、次の「City of Eyes」他2曲は、ボーヴェルPではありません。
ドラムの音からして違うし。
この曲、序盤のハードなギターがカッコいいぞ。
音階があるんだかないんだかわかんない、相変わらずのマーク・スチュワートのシャウトを聴いてると、あれから何十年も経ってるとは思えないね。

再びダブの「Michael 13」。
いやあ、思い切りダブ。
コーラス以外はメロとかリフらしきもない。

「War Inc.」も、ボーヴェルPではないんだけど、本作でのマイ・ベスト・テイク。
固い音のドラムとパーカッションにヴォーカル含むサンプリング。
もちろんノイジーなギターも。
たまらん音の感触にグルーヴ感なワケっすよ。

マークさんの祈りみたいなヴォーカルから始まる「Pure Ones」。
これも少しばかり下世話な感じがするのは、シンセのフレーズのせいか。
そのシンセのフレーズにヴォーカルもユニゾンで絡んだりしてね。
もちろんダブしてます。

ダブは続くよ、どこまでもの「Little Town」。
もっともファンク寄りな曲かもしれない。
ギターのカッティングにスラップ・ベースがね。
ドラムだけベタッとしてるのが面白い。
しかし、ギターの単音のフレーズはなんかシャレっぽいぞ。

さらにダブ「Days Like These」。
この曲はもっともフリーな演奏だ。
セッションかってくらい。
ギターが一瞬リフめたいのを弾くくらい。

「Zipperface」は、EDMぽいとこもある。
このヴォーカルはギャレスだろうか。

いちおー、ボー・ディドリーなリズムの「Heaven?」。
とは言え、そこはポップ・グループって曲っすな。

「Burn Your Flag」もボーヴェルPじゃありません。
思いっきり音処理したバスドラをバックに、語りかけるようなヴォーカル。
ノイジーなベースに女性ヴォーカルの絡みとか、ありそでなかったタイプの曲かもね。

ラストのボートラ「Stor mo chroi」は、すっかりダブ。
でも、アイリッシュ・トラッドのカバーだそうだ。
ヴォーカルは珍しく朗々と歌ってるふう。
ギャレスのピアノとストリングスが普通に綺麗だ。
絡んでくるギターもいいな。

と、前作とは違うニュアンスも多々感じるものの、前作がなかったら、このアルバムみたいにはならなかったようにも思う。
いい意味で旧と新が融合されたような感じか。
もちろん、以前のように耳に痛い音の感触や弾けるビート感、エネルギッシュな声や演奏は望めないけど、普通のポップス、ロックといったカテゴリーの音楽では得られないワクワク感があるのもまた事実。
早くも、次はどんなん出すのか、楽しみで仕方ない。

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

うおっす木曜。
あと一日かあ。
今日も忙しかったなあ。


夜、CATVでダークウォーター」を観る。



前に観たと思ってたけど、後半部分とか初めて観た感じがした。
きっと眠っちゃったんだな。
で、ハリウッドによるリメイク映画だけど、オリジナルの「仄暗い水の底から」より、筋が通った終わり方となっている。
怖さはやっぱりオリジナルにはかなわんが・・・というよりあんまし怖くない。
ただ、ラスト近くで、ジェニファー・コネリーがセシリアに本を読んでいるつもりで、実はナターシャだったっていうシーン・・・見上げるナターシャ役の女の子の表情が秀逸。
これは切なくていじらしくて、ほんといい絵だった。
あと、記憶になかったけど、ティム・ロスとかが出てたんだね。
他にもジョン・C・ライリー、ピート・ポスルスウェイトといったお馴染みの名だたる脇役たちが楽しい。 
あ、ダグレイ・スコットも。
思ってたより、ずっと見どころの多い映画でした。


今日のいちまい。



トニー・ベネットとのデュエット・アルバムを経ての新作す。

オープニング曲「Diamond Heart」は、出だしから前作「Artpopp」とは別もんて感じがする。
印象としては「Born This Way」に近い曲なのかしらん。
結構難しい曲だと思うけど、卒なく歌ってるね。

で、次の「A-Yo」では、キャッチーなメロにホーンにクラップ。
好きなタイプの曲だなあ。
そして、ガガさんは叫ぶ叫ぶ。
ヒップホップ系アーティストとかが歌いそうな曲かも。

アルバム・タイトルの「Joanne」は、地味目な曲だなあ。
アコースティックなサウンドで、メロトロンみたいな音が入ってる。

一転、サンプリングなんかも駆使した「John Wayne」は、これまでのガガさんのイメージに近い曲ではないだろうか。
曲名なんかもね。

アフタービートなエレクトロ曲「Dancin' In Circles」は、前作のイメージだろうか。
今更だけど、ガガさんのヴォーカルて本格派だよなあ。
こういう軽いめの曲のヴォーカルを聴くと特に思う。

いかにもヒット曲風「Perfect Illusion」は、初期の雰囲気もあり、「Million Reasons」は、ビアノを中心にしたバラード、「Sinner's Prayer」は、カントリーな雰囲気満載曲、と拍子抜けするくらいシンプルな曲が続きます。

「Come To Mama」は、サックスやメロ、コーラスとかがオールディーズなシャッフル曲。
前々から、ガガさんのこういうキャッチー路線の曲は大好きです。

「Hey Girl」は、今までにないタイプの曲かもしれない。
AORチックな感じ。
フローレンス・ウェルチという人とのデュエット。

「Angel Down」もね、なんつーか、まるで70'sのンガー&ソングライターみたいなバラード曲だよね。
こういうストレートな曲をストレートなアレンジでってのも、なんかあんまりイメージできなかったね。

「Grigio Girls」も、ノスタルジックな感じがする曲だね。
デッカい曲だね。

「Just Another Day」も、イントロからキャッチーな曲でっせ。
これも今までなかったタイプの曲かも。
アルバムとしてはこれで終れば良かったかなあ。

本編収録のデモらしきが2曲入ってます。
「Angel Down」 はアコギらしきも聴こえるんだけど、ほぼピアノの弾き語りバージョンだね。
「Million Reasons」も同様。

とにかく、曲もアレンジも演奏もミックスも録音もイメージしてた以上にシンプル。
フアルバム全体のイメージは、前作とは全く違うかなー。
なんか、ヴォーカルが生々しいのよ。
以前に比べて、華はないかもしれないけど、聴き込む内に味わい深く、面白くなってくるアルバムではなかろーか。
3分ほどの短い曲が多くって、それぞれ違うタイプの曲ってのもいいよね。
しっかし、必ず叫ぶというか、あまり抜いたとこが少ないヴォーカルは相変わらずで、いつもは1枚通してアルバムを聴くと疲れっちゃうんだけど、今回は音が以前より少なめだったり、曲の配列にメリハリがあるためか、あまり疲れは感じなかったね。
純粋にシンガーってこと以外で飾られてきた部分を削ぎ落とそうとしたのかな?なんて思うのは考えすぎだろうか。

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

めっさちかれたび。
ちょっと仕事でバタつき、忙しかった。
以上。


今日のいちまい。



「1月」を含む「完全盤」も出てるんだけど、その「1月」を敢えて抜きにして、オリジナルに忠実に、でも新たにボートラを加えて出た「最終盤」。
冊子がついた豪華版ではあるけど、よほどのファンじゃないと買わねーだろ・・・って、なんであたしゃ買ったんだろう。

で、iTunesに取り込んだら、75曲入りになっててビックラ。
「blank」もある上、ボートラ曲の1曲を60トラックに区切られてる・・・っていうことでした。

で、本作も、オリジナル、完全盤同様、「2月/february」から始まる。
完全盤との音の違いはなさそう。
へヴィーなサウンドにギターの音色、気だるそうな吉村ヴォーカルはいつも通り。
テンポが変わったり、繋ぎや仕掛けがなんかカッコいい。

「3月/march」は、アップテンポの、いかにもブラッドサースティな曲だ。
基本ストレートなアレンジで、ちょっとキャッチーなギター・リフにぶっきらぼうなヴォーカルはもはや定番。

突然閉まるドアの音に続いて、同じくブラッドサースティ節の「4月/april」。
あまり、キャッチーな要素はない。
ヴォーカルは違うものの、ナンバガぽい曲なのかもしれない。
ただ、演奏は、特にリズム・セクションはいかにもブラッドサースティだけど。

「5月/may」は、ダブのインスト。
曲として聴いてられるのはハーモニカとベース・ラインの面白さだ。
ほんと、ベースはヴォーカル同様にこのバンドの色だ。

ハードなイントロから始まる「6月/june」は、同じコードの繰り返しをベースに、ブリッジや演奏とヴォーカルのメリハリで聴かせる。

「7月/july」は、ブラッドサースティらしからぬ?なんか爽やかな演奏だ。
ノリはいつもの感じだけど。
長い曲で、後半以降、ストリングスも入ったり、弾けるギター、走り気味の演奏の盛り上がりはいい感じ。

「8月/august」も、らしい曲。
イントロのドラムからギターとベースのリフにのけ反る。
シャウトするヴォーカルもアレンジもカッコいい。
アコギとノイジーなギターとのアンサンブルも好きだし、本作のマイ・ベスト・テイク。
というか、アルバムのハイライト曲と言ってもいいんじゃないだろうか。

「9月/september」は、ちょっと雰囲気違う出だし。
時に呟くように適当に歌ってるんじゃないかと思えるよな、エレギの弾き語りが中心。
サビのメロが綺麗なバラードだ。

一転、スピーディーでハードな「10月/october」。
ピッキング・ベースならではのグルーヴ感。
カッコいい。

そんなベースから始まる「11月/november」は、本作中でも全く違うテイストのインスト曲。
録音やら音色やら。
なんか結構驚いてしまうぞ。

オリジナルではラスト曲「12月/december」は、パンキッシュな曲だ。
特にイントロや間奏とかのダークな和音は、マガジンとかスジバンとかを思い起こす。
ギターの人、ジョン・マクガフとか好きじゃなかろーか。

さて、ここからが問題のボートラ・ゾーンだ。
なが~い「blank」の後に、5秒のトラックx60ほど。
シャッフル再生とかしちゃったらやばい。
よっぽどファイル繋ぎ合わせようと思ったけけど、かったるいのでやめた。
吉村秀樹による、アコギによる弾き語りなんだけど、ギターつっかえたり、音が濁ったりしてるから、多分、即興。
で、どうやらこれは表記外の曲らしく、さらにその後に、まともなトラック状態で、相当長い弾き語りが入ってる。
これが表記されてる「kocorono」なんだよね?
いちおタイトル曲ってことになるんだよね?
そして、こういう音源ってたくさんありそうだなーと思ったのでした。

まあ、結局、自分としては幻の1月や8月の別バージョンが入った完全盤の方がいいかな。

あ、冊子は読んでないの。ごめん。

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

予防接種と最終予選。
午後、会社でインフルエンザ予防接種。
なんか痛いし、調子悪くなったなあ。


夜は、WCアジア最終予選。
ホームのvsサウジアラビア。
今日は割と伸び伸びやってた。
大迫の存在はおっきかったね。
久保と酒井の右サイドは不安だったけど、前半終了間際にPKゲットで先制。
後半から本田、香川と出てきて、元気が4試合連続ゴールの追加点。
1失点したのは残念だったけど、収穫はあった。
大迫、ブラジルWCに比べると逞しくなったなあ。
そして、元気の運動量。
得点はご褒美だね。


今日のいちまい。



シングル「EGG」からおよそ1年ぶり、「MIETA」からはどんのくらいになるんだろう?
とりあえず、「EGG」に収録されてた3曲含むアルバムが出ましたあ。

前作「MIETA」は久しぶりに好きなカエラだったので、結構期待した。
そして1曲目の「There is love」は、なんだろう、70年の匂いがする、アメリカン・ロックって感じかなあ。
ちょっと意表をつかれた感じで、カエラにはありそでなかった曲かもしれない。
まあ、随分と落ち着いてしまったとも言えるのかなあ。

と思ったら、次の「僕たちのうた」では、元気一杯でした。
キャッチーな垢抜けたメロとニュー・ウェイヴぽい間奏がたまらん。
フェイバリット曲になるかもー。

で、「EGG」。
シングルで聴いた時は、シングルにしちゃあ地味な印象だったけど、アルバムだとそれなりに収まりまんな。

「THE SIXTH SENSE」は、M・ナイト・シャマランの映画とは関係ないみたいだ。
カエラの中でもへヴィーなロックだ。
シンセ・ソロがなんか懐かしい感じ。
曲的には今一つだけど、アルバム的にはこういう曲もあっていい。

シングル「EGG」のカップリングだった「オバケなんてないさ」。
前の曲とのギャップが楽しめる。
昔、弘田三枝子が「みんなのうた」で歌った曲らしいっすよ。
まあ、こういう曲を歌っても許されるというか、アルバムに収まってしまうのがカエラだから。
サンプリング、DJをもっとムチャクチャたくさんぶちこんでも面白かったかもね。

「SHOW TIME」も、「EGG」のカップリングどした。
ハンドクラップやらピアノやら、ポップでキャッチーなメロだし、楽しい曲だよね。
ドラムも好き。
前にも書いたかもなんだけど、この曲、音域が広い曲で、低音とか苦しそうながらギリ歌いこなしてる。

「好き」は、超短いパンク曲。
Puffyみたいに聴こえるぞ。

「恋煩いの豚」は、路線としては「オバケなんてないさ」なんだけど、曲やアレンジがより楽しい。
オールディーズな魅力いっぱいのメロとニュー・オリンズなアレンジの演奏。
管にピアノ、ドラムが好き。
これはいい。

「PUNKY」は、タイトル通り、パンキッショでカッコいい。
んだが、やっぱりPuffyに聴こえますぜ。

「BOX」のメロはしっとり系とはいえ、演奏はスピード感があるつう、聴く内に好きになっていった曲。
アレンジがいいのかもね。
ヴォーカルは、なんというか、変に上手く歌おうとしていないとこが好感もてる。

くるりの岸田繁と共作した「向日葵」は、ピアノ主体のバラードでした。
Aメロなんか、和のテイストもあって、なかなかいいす。
弦楽も「EGG」より効果的で好きだ。

ボートラ扱いの「Happyな半被」。
シャッフルの軽くて楽しい曲だ。
祭りというより、チンドンぽくなるのが面白い。
ボートラとか言わないで、カエラならこういう曲が堂々のラスト曲ってことでもいいんじゃないかなあと思いますた。


前作「MIETA」も近年のカエラの中では楽しいアルバムだったけど、本作では、よりバンド・サウンドに重きを置いたようで、録音も生音に近いいうか。あまり音処理してないというか。
加えて、アレンジやピアノを中心とした演奏もいいし、ヴォーカルも背伸びせずに自然に歌ってていいと思う。
録音とか演奏含めて、前作とは違う印象のアルバムで、今後が楽しみにもなります。

さて、付属ディスクDVDは凄いよ。
「EGG」「BOX」のクリップ、メイキング、そしてなんつーても昨年のライヴがまるっと入ってるっていう。

まず、クリップ2曲。
「EGG」の方は、綺麗だけど、まあ普通。
カエラのクリップは割りとアイデアが面白かったり、楽しかったりするんだけど、それに比べたらって話だけど。
前の「MIETA」付属の「OLE!OH!」や「TODAY IS A NEW DAY」 のクリップが秀逸だったからね。

そこ行くと、「BOX」のアイデアは面白い。
CTが出て来て、心臓やらマウスやら体内やら血管やら人体標本をイメージしてたり、を可愛くポップに仕上げるつう大胆なクリップなんです。

そして、「BOX」のメイキングを挟んで、昨年9月9日の「FREE LIVE『GO!SHOW TIME』@渋谷公会堂」と題したライヴをどどーんと。
メンバーにはDJや弦楽4人も加わっているのだな。

まずは、「TODAY IS A NEW DAY」で始まり、「STARs」「BEAT」とノリノリ系。
曲そのものはたいしたことないんだけど、演るのは楽しいだろなーと思える曲。
「SHOW TIME」「Ring a Ding Dong」「リルラ リルハ」とキャッチーな曲が続いて、「オバケなんてないさ」も演っちゃう。
「Butterfly」をピアノのみで歌って、弦楽入りの「EGG」。
以降、弦楽が入ったまま、「You bet!!」「Yellow」と、あまり好きな時期のカエラじゃない曲が続く。
で、結局「TREE CLIMBERS」だよね。
やっぱこれだよ、これ。
ただ、ずっとここまで弦楽が入ってるんだけど、ビート系の曲はあんまし意味ない感じではある。
ラストの「KEKKO」も同様。
しかもこの曲そのものもイマイチ。

アンコールは「Magic Music」と「Sun shower」。
後者は弦楽も活きてます。
アコギでしっとりラストでした。

何となく、激しいめの曲でも、以前より落ち着いてる気がした。
カエラも歳とったのか、ハコのせいか。
ヴォーカルは以前に比べて安心して聴いてられた。
うまかないけど。
曲が短いのはいいね。
選曲的に、イマイチ感のあった時期の曲はやっぱりイマイチ。
「MIETA」からも「TODAY IS A NEW DAY」 しか演ってないしねえ。

ところで、カエラって三田佳子に似てるね。

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

月曜はサッサッと。
帰るに決まってます。
母の病院の日だったけど、Mが休んで連れて行ってくれたので助かった。


夜、CATVで「デビルズ・ノット」を観る。



前々から気にはなっていた映画。
実際にあった3人の少年の惨殺事件をベースにしたこともあってか、演出的な要素は最小限で話は淡々と進む。
予備知識がないと良くわかんないとこもあるが、真相を解き明かす映画ではなく、真相に仕立てていく人間の怖さについての映画なんだと思う。
主役のコリン・ファースは地味な役どころで、むしろ殺された少年の母親役のリース・ウィザースプーンの方が目立っていた。
デイン・デハーンも最初の方から出てて、カギになりそうな存在でありながら、出番はほとんどない。
まあ、こういう実話を扱かってて、なおかつ、真相が完全に明らかになっていない映画ってのは難しいよね。
ドキュメンタリーもんで「ウエスト・メンフィス」って映画があるらしく、その方がこういう事件を扱う映画には向いてるんだろうし、機会あらばぜひ観てみたいものだ。


今日のいちまい。



フィル・コリンズのシングル集。
以前にもベストが出てるけど、本作は、前ベスト以降の曲も加えて、時系列で並べたシングル集。
ジェネシスと並行してソロ活動してたので、アルバム自体は10枚も出てないと思うけど、この人はサントラが多いんだよね。
本作では、そうしたサントラ曲も網羅されているようです。(多分)
ここ最近は、アルバム自体聴いてないので、こういう機会にシングル曲を辿って聴いていくのもいいかなーと思った次第です。
で、前にも書いたかもしれんけど、フィル・コリンズのヴォーカルはともかく、ソングライターぶりについてはちょっと懐疑的な私です。
ジェネシスの楽曲に比べると、ソロの楽曲はどーも今一つで、マイク・ラザフォートやトニー・バンクスによるところがおっきいんじゃないかなあ、などと思い込んでしまってます。

さて、ディスク1は、デビュー作から3作目の「No Jacket Required」までで、最もソロ活動が充実していた時期。

デビュー・アルバムからは3曲で、アルバム全体的には、まだまだジェネシスの影がおっきい印象でした。
「In The Air Tonight」なんかは、ジェネシスの曲じゃなかったっけ?ってくらいなんだけど、「I Missed Again」や「If Leaving Me Is Easy」なんかはソウル~AORで、思ってたよりポップでした。
ちょっと当時の印象も疑わしいかな?
「I Missed Again」のソウル、ファンクな曲を聴いてると、おそらく同時期のジェネシスの「Abacab」とリンクするし、ジェネシスもどんどんポップ&ソウルに向かっている時期だから、まあジェネシスっぽいというのははずれてない。
「Abacab」には、アースのホーンが入った「No Reply At All」て曲があったけど、「I Missed Again」のホーン・アレンジなんかもアースっぽい。
「If Leaving Me Is Easy」の方は、後の「One More Night」にも通じていくお得意のAORなバラード。
曲はあまり展開しないのがこの人の曲の特徴ね。

セカンドの「Hello, I Must Be Going!」からは、どどーんと6曲も収録されている。
つーか、そんだけシングル・カットされたってことなんだけど、なんてったって「You Can't Hurry Love」のヒットしたんだから当然か。
ただ、このアルバムも、まだジェネシスの影がおっきく、「You Can't Hurry Love」だけ浮いてたと記憶してる。
「Thru These Walls」「I Don't Care Anymore」なんかは、「In The Air Tonight」以上にジェネシスぽい感じ。
特に、「I Don't Care Anymore」は、ジェネシスの「Mama」に繋がっていった気がしてならない。
「Why Can't It Wait 'til Morning」は「If Leaving Me Is Easy」同様のピアノとストリングス入りバラード。
「I Cannot Believe It's True」は、「I Missed Again」同様にソウル、ファンク曲。
ホーンがやっぱりアースっぽい。

で、「カリブの熱い夜」という映画のサントラから「Against All Odds」。
この曲自体はまあまあだけど、この曲が入ったサントラのA面は大好きだった。
ビッグ・カントリーやキッド・クレオール、スティーヴィー・ニックス、ピーター・ゲイブリエル、マイク・ラザフォードのソロ名義曲と、どの曲も素晴らしかった。
後日、ほぼそれぞれのアーティストの他のアルバムに収録されて聴くことができるようになったけど、当時はこのアルバムでしか聴けない貴重な曲ばかりだったなあ。

そして、「Easy Lover」です。
ベスト以外はフィルのアルバムには入ってないし、元々はフィリップ・ベイリーの曲扱いだったんだろう。
でも、なんだーかんだとフィルの代表曲のひとつになったよね。

3作目「No Jacket Required」からは4曲。
このアルバムで、全体の印象がジェネシスとは違う感じになったかなあ。
過去2作と違うのは、サウンド・プロダクションが大きく変わって、ドラムが打ち込みなのか、実際に叩いてるのか、もはやわかんなくなった。
ソロはダンス曲とバラード中心に行きまーすてのが明確になったアルバムだろうか。
まあ、「Sussdio」を初めて聴いた時は驚いたんだけど、こうして時系列でシングル曲を聴いてくると、、「I Missed Again」「I Cannot Believe It's True」の流れでできた曲だってのがわかる。
同じダンス曲てことでは、あたしゃ、「Don't Lose My Number」の方が好きだけどね。下世話なとこが。
また、「One More Night」だって、「If Leaving Me Is Easy」「Why Can't It Wait 'til Morning」の流れだろう。
そんでも、これまでになかったタイプの曲として、「Take Me Home」がある。
でもね、ワールド・ミュージックぽいてことで、ゲイブリエルがコーラスで参加したんだろうけど、あまり意味はない。
フィルのヴォーカルはポップな曲はいいんだけど、こういう曲だとゲイブリエルほどの深みがないのがねー。
皮肉にもゲイブリエルのメイン・ヴォーカルで聴いてみたくなってしまう曲でした。

ディスク2に行くと、サントラからの曲が続きます。

まずは「ホワイトナイツ/白夜」のサントラ曲で、「Separate Lives」。
スティーヴン・ビショップが作った曲をフィルとマリリン・マーティンがデュオしたっつー。
映画に使われた男女デュエットのバラードもんて、この頃溢れかえっててさ、なんか食傷気味だったな。
しかも、このサントラでは、ライオネル・リッチーの「Say You Say Me」の方がいい曲だった。
ちなみに映画はバレエ・ダンサーの話ということで興味が行かずに未見。

続いて「バスター」という映画では、フィル自身が主役をやっちゃった。
邦題が「フィル・コリンズin バスター」だもんね。
当時の人気のほどがうかがえるよ。
で、このサントラからは2曲入ってて、「A Groovy Kind Of Love」の方は、なんと、マインドベンダーズのカバーではないか。
「One More Night」路線で、らしくはなってるんだけど、ほんと、バラードもん全盛時代でさ、もういいかなって感じだったけど。
もう1曲の「Two Hearts」の方は、H=D=Hのラモント・ドジャーとフィルの共作。
いい曲だし、フィルに合ってるね。

4作目のアルバムとなる「...But Seriously」からは、5曲。
このアルバムまでかなあ。
リアルで聴いてたのは。
このアルバムは、どポップス時代のジェネシスともリンクする。
「Another Day In Paradise」は、いかにもなヒット曲でまあまあな感じだけど、「I Wish It Would Rain Down」は、一緒にツアーまわってたのはこの頃?のクラプトンのギターと、途中から入ってラストでやたら盛り上がるゴスペル風コーラスが聞き所か。
そして、「Something Happened On The Way To Heaven」は、「Don't Loose Your Number」タイプと言えるだろうか。
で、この曲、マイグルでカバーしたんだった。
すっかり忘れてたよ。あんまし好きな曲じゃなかったし。
あと、「That's Just The Way It Is」は、クロスビーのハモがいい感じだけど、曲自体はまあまあ。
「Hang In Long Enough」は、普通にダンス曲で、これもまあまあかなあ。

ここで、ライヴ・アルバム「Serious Hits... Live!」てのが出ます。
このライヴ・アルバムからシングルになった2曲が収録されているんだけど、本作では何故か、2曲ともスタジオ・バージョンが収録されてる。
「Do You Remember?」は「...But Seriously」収録のバラード曲で、まあまあいい曲。
「Who Said I Would」は、「No Jacket Required.」収録曲だけど、これはもう「Sussudio」だなあ。
アフロなパーカッションを取り入れたりはしてるんだけど。
「Serious Hits... Live!」は、ベストっぽい選曲だったんでリアルで聴いたけど、スタジオとほとんど差異がなくってさ、なんかつまんなかった記憶があるなあ。

続いて、スタジオ・アルバムとしては5作目になる「Both Sides」からは3曲。
「Both Sides Of The Story」は、なんかゲイブリエルぽいなあ、おい。
「Who Said I Would」のアフロなパーカッションから続くこの曲の配列は、偶然か狙ったものかわかんないけど、ゲイブリエルに感化されたりしてたのかね?
「Everyday」は得意のミディアム・バラード。
まあ、悪くはないけどさ。
「We Wait And We Wonder」は、バグパイプの入ってるなかなかいい曲。
そうそう、ドラムが生音なのもいいよね。
このアルバムの3曲は、まずメロがいいのと、いろいろ試そうとしてたりしてるようで、好感がもてます。

続けて6作目のスタジオ・アルバム「Dance into the Light」からはディスク2からディスク3に跨って5曲。
ほらほら、タイトル曲の「Dance Into The Light」もアフリカンなパーカッションだ。
ノリやホーンはカリプソぽいみたいだけど、好きなノリだ。
「It's In Your Eyes」は、なんか軽くて、例えば、バーズみたいな、ちょっとフォーク・ロックっぽい、ストレートなポップ・チューン。
フィルさん、こういうのもいいんじゃね?

さて、そういうわけで、ディスク3の最初の3曲は引き続き、アルバム「Dance Into The Light」から。
「No Matter Who」は、「Do You Remember?」「Everyday」の流れを汲むバラードで、なかなかいい曲。
「Wear My Hat」は、キッドみたいなカリプソぽい楽しい曲。
ここまでモロってのはなかったなあ。
「The Same Moon」は、シンセのフレーズが残る、「No Matter Who」と同タイプのバラードで、これもいい曲だ。
で、「Dance Into The Light」収録の5曲を聴いた限り、なかなかいいアルバムだなあと思ったのでした。

ここで、初ベストが出たんだね。
その「...Hits」に新曲として入ってた「True Colors」が本作にも収録された。
もちろん、シンディ・ローパーのカバーだけど、フィルらしい、いいアレンジで、オリジナルよりいいかもしんない。
だけど、この曲自体があんまし好きじゃないんだわあ。ごめん。

続いて、ディズニー・アニメ「ターザン」のサントラから4曲。
時系列のシングル集だから仕方ないんだけど、並び的にはガツンとくる曲がここらで欲しかったと思いつつも、「You'll Be In My Heart」はサントラだけあって、ストリングス加えた、覚えやすいサビのキャッチーな曲。
残り3曲、「Strangers Like Me」「Son Of Man」「Two Worlds」は、「Invisible Touch」の頃のジェネシスぼい感じがしてしまう。
サントラつーと、バラードもんばかりがフィーチャーされるけど、どれも割りとシンプルでキャッチーで軽快で好きだよ。

7作目のスタジオ・アルバム「Testify」からは3曲。
何故か「Come with Me」のみ未収録。
1ディスク15曲をキープしたかったのかな?
で、「Can't Stop Loving You」は、レオ・セイヤーのカバーじゃん。だよね?
ビート感のある、しっとり系と言えばいいのかな。
あ、マイク&ザ・メカニックスぽいかも。
「The Least You Can Do」は、「We Wait And We Wonder」同様にバグパイプが入った、得意のミディアム・バラード。
「Wake Up Call」も「Can't Stop Loving You」に近いかな。
ストリングスの使い方とか、アレンジや演奏は面白いけど、曲としては今一かなあ。

「ターザン」が評判良かったせいか、同じくディズニー・アニメ「ブラザー・ベア」でも続いて音楽担当。
本作には2曲が収録されている。
「Look Through My Eyes」は、珍しくアコースティックな感じのハチロク・バラード。
ストリングスがふんだんなのはサントラぽい。
「No Way Out」もサントラぽいミディアム・バラード。
どちらも曲はまあまあ。

8作目のスタジオ・アルバムにして最新作「Going Back」からは2曲。
このアルバムはモータウンを中心としたカバー・アルバムとなっている。
もちろん、本人が好きっていうのもあるんだろうけど、「You Can't Hurry Love」よ、もう一度って思えちゃうよね。
アルバムには「You Can't Hurry Love」のホランド=ドジャー=ホランド作が多いし。
まずは、そのH=D=H作の「(Love Is Like A) Heatwave」。
この曲は、どんだけ多くの人たちがカバーしてるんだってくらいの曲だけど、オリジナルはマーサ&ザ・ヴァンデラス。
フィル作は「You Can't Hurry Love」同様にシンプルに原曲に近い。
コーラス、クラップ、サックス群が楽しいぞ。
もう1曲は、ジェリー・ゴフィン&キャロル・キングの名曲「Going Back」で、これも多くの人がカバーしているけど、オリジナルはダスティ・スプリングフィールド?
これも原曲をあまりいじらずシンプルに仕上げてる。

さて、最初にソングライターの才能が疑わしいとか書いてしまったけど、良く聴いてた前半の曲より、あまり聴かなくなった後半の曲の方が良かったことが判明。
終盤にいくほど面白くなっていった。
ごめんチャイ。
カバーや共作を織り混ぜたのも良かったのかも。
しかし、ジェネシス後期は曲が極端につまらなくなったけど、メンバー各々のソロ活動はそれぞれ捨てがたいんだよね。
「Both Sides」や「Dance into the Light」なんかは、アルバムで聴いてみたくなってしまった。

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

疲れた。眠い。
昨日に引き続き、割とあったか。
そんな中、Mと、先週の延期分、約束通り母を連れ出してランチ。
昨日同様に「よへい」にて。
母を施設に送って行って、帰りに「エコス」で買い物して帰宅したら3時過ぎ。


夕方から、CATVでやってた「クリミナル・ロウ」という映画を観る。



あー、これはビデオをレンタルしてた時代に「灰色の容疑者」というタイトルで観たヤツか。
全く覚えてない。
とにかく、ゲイリー・オールドマンとケヴィン・ベーコンが若くって、特にゲイリー・オールドマンの変わりようったらない。
ストーリーや演出は、古典的ながら、そこそこ良くできてるんだけど、詰めが甘いというか。
最後なんか、時間切れで慌てて編集したかのような尻すぼみ具合だし。
ビデオしか出ていなかったり、観てても全く思い出せなかったのも仕方ないかなー。
ところで、カレン・ヤングってどっかで見たことあると思ってたが、思い出せない。
ダイアン・キートンに似てるってことだけかな?


夜は、wowowで「Re:LIFE~リライフ~」を観る。



久々、ヒュー・グラントのラヴコメもんだ。
しかも、相手役はマリサ・トメイ!
二人とも老けちゃったけど、往年の雰囲気はあるね。
ヒュー・グラントなんて、こういう役以外できないんじゃないかっていうほどハマってる。
J・K・シモンズも出てるんだけど、家族愛の塊で涙もろい役ってのもまた面白い。
マーク・ローレンス監督・脚本の予定通り、期待通り映画です。

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

ライヴでした。
Hが印鑑証明が欲しいとのことで、朝やってきてそのまま母のところで降ろしてもらう。
いばらくしてHと合流
「よへい」でランチ、コンビニでコーヒー飲んでから川越市まで送ってもらい、新宿へ。
CRすぎのこのリハ@新宿「スタジオペンタ」。
Aさんの代わりはK君が引き受けてくれました。
練習後にみんなで三ノ輪まで。
オープニング・アクト@三ノ輪「VENUS」。
その後、セッション大会になって、パープルとかボブ・マーリーとか歌ってしまった。
ひとしきり飲んでから帰宅。
あったかい一日で良かった。

あ、ライヴやセッションの最中、チラ見してた天皇杯の4回戦vs川崎フロンターレ。
3回リードして3回も喜んだのに、3回追いつかれてPK戦までいって負けてしまったようだ。
あららー。CS大丈夫か?

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

さむいせわしい。
そしてやっと金曜だ。
今日はいろいろバタバタ。
夜もなんやかやとバタバタ。
電話来たり電話したり。
いろんな人と。


今日のいちまい。



実質的にラスト・アルバムとなった「The Spell」は、いまだにCD化されていない。
なんともはや。
さらにそこからしばらく経ってから出た本作は、寄せ集めではあるけど、本当の本当にラスト作になってしまった。
録音時期は良くわかんないけど、アルバム収録されなかったカバーや再演の新録らしい。

「Love Fire」は、2回目の「Syreeta」ッテタイトルのアルバムに入ってた再演だ。
ディスコ・アレンジに変わりはないものの、ちょっと無機質になった感じ。
効果的だったストリングスも奧に引っ込んだ。
時代的なもんなのかな。

「I Can't Give Back The Love I Feel For You」は、リタ・ライト名義でもやってた初期の曲で、これはリニューアル・バージョンだね。
アシュフォード&シンプソンのカバーなんだけど、以前のバージョンでは、いかにもモータウンだっけど、このバージョンはその雰囲気は微塵もなく、普通にディスコに。

「Moment Of Weakness」は、オリジナルだね。
前の曲とは一変、古き良きモータウンの香りがプンプンしてて心地よい。
キャッチーだし、いい曲です。

「Reflections」は、シュープリームスのカバーですなあ。
作者はホランド=ドジャー=ホランド。
いやもうダイアナだなあ。

変わって「I Can't Dance To That Music You're Playing」は、マーサ&ザ・ヴァンデラスのカバーだね。
なんだーかんだと往年のヒット曲連発してた頃のモータウンが、やっぱり一番しっくりくるかなあ。

と、ここまでの前半は、ディスコで始まり、モータウンに流れてっていう展開。
で、以降はオリジナルす。

「If The Shoe Fits」で、80'sなピコピコ紛いのディスコ。
「Set My Love in Motion」で免疫はできてるので、驚きはしないけど。
変に凝ってないのと、こういうごった煮的なアルバム中の1曲としては、これはこれでいいのかも。

前の流れのままの「One Plan Of Action」。
凄くいい曲ってほどではないけど、埋もれさすのには惜しいレベルではある。

「Watching The Hands Of Time」は、バラードのデュエットもんです。
相手はやっぱりビリー・プレストン。
打ち込みぽい演奏がなんともはやだけど、曲自体は悪くない。
生演奏のフルオケだったら、もっと雰囲気出てたろうに。
途中のピアノ・ソロが何ともかっこいっす。

ラストは「With You I'm Born Again」の再演。
元々デュエット曲だったけど、これはソロで歌ってます。
一部重ねてたり、語りもあるでよ。
元々があまり掛け合いによる面白味はなかったので、劇的な違いはないけど、ハイトーンのスキャット部分がないのはちょっと物足りないかも。

つーわけで、元々寄せ集めなアルバムなもんだから、統一感はないっす。
ディスコに始まり、モータウンへ、後半は再び打ち込みぽいディスコに始まり、バラード中心にしたオリジナルで締める、という構成は結構好きだったりする。
改めて、惜しいシンガーを亡くしたと思わせます。
合掌。

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

ますますさむい。
冬ですなあ。
仕事いろいろあってちょっと心労気味。


夜、wowowで「リチャード・ギア/人生の特効薬」を観る。



木曜の夜は日本初公開映画。
自分のせいで親友夫妻を事故で失った主人公と、その親友夫妻の娘と娘婿の話。
重いテーマだし地味だし、それでも、しっかりとしたつくりで未公開は勿体ない。
希望の持てるラストもいいんじゃね?
それにしても、ダコタ・ファニングがすっかり立派な御嬢さんになっててビックリ。
歳とるわけだわなあ。


今日のいちまい。



ビリー・プレストンとは、以前、サントラ盤でデュオ名義のアルバムを出しているんだけど、そっちは未聴だす。
ただ、そのサントラに収録されてた「With You I'm Born Again」と「Go For It」は、本作のボートラに入ってるので、特に聴くこともないやろ。
ちなみに、ボートラにはシングルのみだった曲も入っててなかなか羽振りがいいです。

本作収録曲は、主に2パターンに分けられる。
バラードもんとディスコもん。
1曲目の「Someone Special」はバラードもん。
それなりにいい曲だし、シリータの表情豊かなヴォーカル、ピリー・プレストンのソウル・シンガーぶりは堪能できます。
しかし、何がっていきなりのスラップ・ベースにはビックリだべさ。

次の「Searchin'」は、ディスコ時代のアース・ウィンド&ファイアーを彷彿とさせちゃう。
そういや、エモーションズみたいなとこもあるな。
シン・ドラムとかギターとかは時代を感じるなあ。
だけど、演奏、コーラス、ホーン、となかなかかっこいい。

「Just For You」は、前の流れからファンク色強めって感じかな?
ワンパターンのリズムを繰り返します。
終盤のピアノとフルートの掛け合いがいい。
なお、本編で作者に二人の名前が共作者で見れるのはこの曲のみなんだなあ。

「It's So Easy」は、ミディアムなバラード。
かなりキャッチーで、いい曲じゃん。
シリータさんのハイトーンの叫びつきよ。

「A Long And Lasting Love」は、同じバラードもんでも、まあよくあるパターンのやつ。
ロバータ・フラックとピーボ・ブライソンとかさ、ああいうの。
そういや、この頃は、デュエットのバラードもんってほんと多かったよなあ。

「Love」も前の曲と同様やな。
映画のサントラなんかにも、こういうデュエットのバラードもんはたくさんあった。
そして、だいたい最後のサビで転調する。
流行に乗ったってとこかな。

「One More Try」は、ある意味、ソウルぽいのかな。
こういう感じの曲は好きなのだけど、あと少しだけ、曲自体に魅力があればなあ。

「Hey You」は、作者にビリープレストンの名前が。
共作だけど。
前曲の流れで、ソウル・テイスト溢れる曲す。
軽快でキャッチーな曲だなあ。
デュエット曲としてもなかなかじゃん。

「New Way To Say I Love You」は、「A Long And Lasting Love」「Love」タイプかな。
下世話感が2割増し。

本編のラストもバラードでした、の「What We Did For Love」。
もう映画の主題歌にしか聞こえない。
シリータさんのハイトーンのヴォーカルは、相変わらず来るもんがあるけどね。

さて、ボートラがドドーンと7曲ですよ、奥さん。
シングル曲を集めたもんです。

さんざん映画の主題歌っぽいと書いてきたけど、「With You I'm Born Again」は、まさにそうだったじゃん。良く考えてたら。
しかし、途中のコーラスぽい、シリータさんのスキャットを聴くと、好きな声だなぁと改めて思うのであった。

次が「With You I'm Born Again」のインストで、単なるカラオケかと思ったら、大間違い。
ピアノをフィーチャーした、ジャズなアレンジで、なかなかいい感じなのだ、これがまた。
映画用だと思うけど。

同様に映画で使われた「Go For It」の12インチ・バージョンは、ディスコ曲。
「Searchin」タイプの曲ですね。
珍しくシリータさんの低いめのヴォイスも聴ける。
12インチ・バージョンなので、踊りでもしない限り、間奏は意味なく長いす。
最後のヴォーカルの掛け合いは、なかなかグーと思ったら、ここはすぐ終わってしまう。

7インチ・シングル・バージョンの「Go For It」も入ってる。
最初の静かな部分はなく、いきなりダンス。

「It Will Come In Time」は、唯一のビリー・プレストンの単独作。
なんか、ビリー・プレストンのイメージ通りの曲で、「Nothing To Nothing」にも通じるキャッチーな曲。
ディキシーぽいとこもあって、可愛い。
好きな曲だけど、カップリング曲なんだねえ。

「One More Time For Love」は、アコギ曲。
クリストファー・クロスか!って曲。
AOR全開す。

最後の「Please Stay」で、映画主題歌系再び。
フルオケによる盛り上がりとか、いかにも。
ヴォーカルの掛け合いはすぐ終わっちゃう。

ってことで、少なくとも、前作あった安っぼさはなくなった。
出来としては「無難にまとまった」アルバムと言えるんじゃなかろーか。
安っぽさも満更でもなかったけどね。
ソウル・アルバムというより、ポップ・アルバムとして聴きたい。
シリータは全く曲作りに絡んでないし、ビリー・プレストンにしたって2.3曲に名前が見られるだけなんだけど。

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

さらに寒い。
木枯らし1号。
完全に冬になりました。

そして、米大統領選。
トランプだってさ。
不動産王が大統領って・・・アメリカって凄い。そして怖い。


今日のいちまい。



好印象だった前作だけど、リアルタイムでこのアルバム聴いてたら、さぞかしガックシ来てたろうなあという、凡庸さ。
この時代・・・80年前後にはゴロゴロころがってたような、スペシャリティのないアルバムだ。
ただし、今振り返って聴いてみれば、まあシリータさんがこういうアルバム作ったというのは微笑ましくもあり、痘痕も笑窪で面白がっております。

最初に聴いた時は驚きました、のオープニング「Quick Slick」。
80's前後のダンス・ミュージックで、いくらシリータのポップ・シンガーぶりを推奨してるとはいえ、ここまでアクがない楽曲は拍子抜けした。
ただまあ、歌声そのものが好きで、歌い方のバリエーションもそれなりに楽しめてしまうので、まいっかって感じ。

前曲の流れのままに次に進む「Move It, Do It」。
シリータさんでもシンセ・ベースかあって感じ。
本作はこの音を覚悟しなくちゃいけないって感じ。
逆にいうと、この頃って猫も杓子もこういうダンス・ミュージックやってたんだなあ、と。
で、このあたりの曲、何かに似てると思ったら、ダイアナ・ロスの「Upside Down」の感じやね。
モータウンも時代に飲みこまれたっていうとこか。

とは言うものの、タイトル・ソングである「You Set My Love in Motion」のようなバラード系は、ヴォーカルの良さが際立つね。
次の「There's Nothing Like a Woman in Love」も同じバラード系。
こっちは抑えて丁寧に歌っている分、普通っぽくなってる。
なんていうか、ただ普通に上手いシンガー、以上でも以下でもないって感じ。
そして、やはりダイアナ・ロスとだぶるとこがあるね。

シンセ・ベース再び、の「Can't Shake Your Love」。
ちょいとファンキーなダンス・ミュージック。
サックスやヴォーカルのシャウトなんかもなかなかかっこいい。
ナイル・ロジャースあたりにプロデュースしてもらったら、もっと面白くなったかもなあ。

「I Must Be in Love」は、ソプラノ・サックスをフィーチャーしたバラードもん。
ちょい臭いメロで、まあ、こういうのもアリかなあ!
ヴォーカル的にはなかなかいけてるし。

「Wish Upon a Star」は、ディズニーの曲じゃなくて、自作のバラード。
フワフワしたヴォーカルは面白いんだけど、曲的には凡庸。

「Out the Box」が一番驚いたかも。
まあ、ファンクなディスコなんだけど、シリータもこういうのやるのかあという意味では、ガックシくるか、そこを楽しんでしまうか。
例えばですよ、オーバーに言えば、ロバータ・フラックが「ソウル・ドラキュラ」をカバーした、みたいなインパクトなわけです。
こういうお茶らけは、カイリーとかなら許せるんだけど、シリータがやると少し引いてしまうのはなんでだろね。
おバカな曲は嫌いじゃないんだけど。

「I Know The Way To Your Heart」は、シリータにしては意外な感じの曲だけど、自分的には一番面白く感じた。
下世話感も、この程度なら自然の範疇なのかもしれない。
コジャレたことやろうとしたロック・バンドってイメージの曲ですかな。

最後はバラード「I Love You」。
ストリングスも利いた綺麗なメロの曲で、このタイプの曲が本作で一番シリータぽいと感じてしまうのは何とも。

で、シリータさんにしては珍しくボートラが3曲。
80'sの時代をそのまま踏襲しております。
まず、「Can't Shake Your Love」の12インチ・ミックス。
劇的に変わったってほどではないけど、ピアノのかっこよさに気付いたり、シリータさんのスクリームとサックスが呼応してたりってのがわかりやすくて、これはこれでいいのだな。
くどいけど、シンセ・ベースとかじゃなかったらなあ。

「Move It, Do It」の12インチ・インスト・バージョンは、シンセ・ベースが安っぽく聴こえてしまう。
そして、曲が古臭く感じてしまうのはなんでだろう。

最後にもう一度「Can't Shake Your Love」の別ミックス。
まあ、ネタ的にそれほど膨らむ曲でもないので、ちょっとつらい。

基本、当時は似たようなのがゴマんとあったろうなと思えてしまうアルバムに変わりない。
アルバムとしては相当残念な出来なんだけどね。
まあ、最後はシリータさんのヴォーカルが好きかどうかってこってす。

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

寒いうえにダルい。
昼、「神宮前耳鼻科クリニック」へ。
いつものようにサクッと終わる。


今日のいちまい。



G.C.キャメロンとのデュオ・アルバムの後、今度はビリー・プレストンとサントラを出したのだけど、それは未聴。
さらにその後に出たのが本作つーわけなのです。
デビュー・アルバム同様の、名前のみのアルバム・タイトルってのは時々見かけるけど、やっぱり心機一転って意味合いはあるんだろうなあ。

で、オープニングが「Blame It On The Sun」なのですよ。
スティーヴィーの「Talking Book」に入ってた曲だけど、原点回帰ってことなんかな?
まあ、曲は二人の共作なんだけどね。
スティーヴィーのオリジナル・バージョンは軽快な感じだったけど、シリータさんのはAORチックなバラードに。
コーラスやアレンジ含めて、まるで違う曲のよう。

次もカバーで、「Let Me Be The One」なんだな。
ビル・ウィザーズの「Menagerie」に入ってた曲で、このアルバムは「Lovely Day」の方が有名なんだろうが、この曲もなかなか捨てがたい曲でした。
オリジナルはボサっぽいイメージがあったんだけど、シリータさんのはややソウル・バラードぽいかな。

で、続く「You Bring Out The Love In Me」がファンキーな曲。
こういうヴォーカルも悪くないんだよなあ。
声質からして意外なんだけど。
ギターがローズ・ロイスの「Car Wash」とだぶったぞ。

「Please Stay」は、噂のビリー・プレストンとのデュエット。
後にデュエット・アルバムをきちんと出すんだけど、G.C.キャメロンの時もデュオ・アルバムの前に一度デュエットしてたっけな。
この曲はバラードもんです。
ヴォーカルの相性的にはG.C.の方がいいような気もするけど。

そして、「He's Gone」。
こういう曲が入ってるのは嬉しい。
ロネッツもカバーしてたシャンテルズの曲で、しつこいけど、シリータさんにはポップスが似合うと思うのです。
よってオールディーズもんは大歓迎。

「Love Fire」もカバーぽい。
オリジナルは知らないけど、スラップ・ベースのディスコもん。
キャッチーな曲で、いいね。
前のアルバムに入ってた「Let's Make a Deal」みたいな、アリシア・ブリッジスぽい曲だ。

「Here's My Love」は、リンダ・クリフォードのカバーす。
これもオリジナルは知らないけど、シリータさんのこのテイクより暑苦しかったんじゃなかろーかと想像。
キャッチーなAORってとこかな。

再びスティーヴィーのカバーで「Signed, Sealed, Delivered (I'm Yours)」。
言わずと知れたスティーヴィーの初期の名曲。
スラップ・ベースにホーン・セクションまで入って、オリジナルより相当ファンキーになってる。
これを聴くと、元々のメロにファンキーな要素があったのが良くわかる。
時代の先を行ってたスティーヴィーの凄さが伝わってくる。
かっこいい。

「Dance For Me Children」は、オリジナルになるのかな?
これもファンキーな曲だぞ。
ヴォーカルがね、なんかマリア・マルダーみたいに思えてきちゃった。
こういう曲もやってたもんね。
「Southern Winds」とか「Open Your Eyes」の頃よ。

再び、ビリー・プレストンとのデュエットで「One More Time for Love」。
アコギまで入った、ちょい臭いめのメロのバラード。
例えば、クリトファー・クロスとか、こういうAORと言われた曲は当時沢山あったなあ。
で、最後は同曲をピアノとシリータのみでリプライズで終る。

ほぼカバーだけど、バラードもんから、ディスコにファンキーな曲、オールディーズまでかなりバラエティに富んでるアルバムだ。
ベビー・ヴォイスながら、時にハイ・トーンやドスを聴かせたり、ヴォーカルの幅がある人なのだ。
なかなか気に入ってるアルバムです。

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

さむい。
冬っすな。
そしてかったるい月曜。


夜、CATVで「潜在殺意」を観る。



VHSしか出てない未公開映画。
ハル・ベリーもクライヴ・オーウェンもまだ若いし、痩せてる。
割と古典的なサスペンス。
それはいいんだけど、最後のオチに至る演出が全くなってない。
取ってつけたようで、「ふーん。あっそ」で終わるようなもの。
浮気相手も殺人鬼も実際はどーだったのかを仄めかす部分がないと、「おおーっ」ってならないよ。
「ユージュアル・サスペクツ」を見習うべし。


今日のいちまい。



前々作中の「I Wanna Be By Your Side」でもデュエットしてた、スピナーズのG.C.キャメロンとのデュエット・アルバム。
前作よりポップ度もゴージャス感もアップ。
こういうポップでフィリーなアルバムは大好物です。

サントラのようなタイトル曲の触りから、テンポアップして始まるフィリーなディスコ「You Need a Change」。
スタイリスティックスやMFSBとは違うんだけど。
1曲目にして、二人のヴォーカルはなかなか幅が広いなあとわかってしまう。
いいオープニングだ。

前曲の終りの波の音に被さるエレピで始まる「I'll Try Love Again」は、ミディアムなバーラドす。
途中の、甘ったるい語りの掛け合いってのも時代を感じるなあ。
こういう手法も当時のソウルのパターンだったね。
どうしたって、ピーチズ&ハーブの「Reunited」が頭を過るわけだけど、どっちが先だったんかな?

「Let's Make a Deal」は、G.Cというか、スピナーズに近い曲かもしれない。
ディスコ時代を意識したような、それでいてモータウンという老舗振りは保とうとしたかのような微妙さが面白い。
アリシア・ブリッジスの名曲「I Love The Nightlife(Disco Round)」とちょっとだぶったけどね。
シリータは、声は細いのだけど、こういうパンチのある曲でも負けないね。
ご機嫌なダンス・ナンバーだす。

ここでまたバラードの「Station Break for Love」。
ストリングスと、地味にホーン・セクションが効いてる。
一番前作に近い、すなわち「I Want You」の影を感じる曲かな。

さらに、1.2曲目同様、前曲の終りの波の音が引き継がれて、ストリングスとホーン・セクション、コーラスで盛り上がるバラード「Made from Love」へと続く。
これもピーチズ&ハーブ!
ダンス曲もいいけど、こういう曲での二人のヴォーカル合戦はデュエットならでは。

「Love to the Rescue」の、いきなりのハイトーンが素敵すぎる。
リズム・アレンジが面白い。
G.C.もなかなか引き出し豊富だなあ、と思わせる後半。

「All Things Happen for a Reason」はね、この曲の感じでシタールときたら、やっぱりスタイリスティックス?って思うんだけど、それでもやっぱりモータウンなんだよなあ。
雰囲気的には1曲目の「You Need a Change」タイプかな?

最後は、本作オープニングでちらっと出てきたタイトル・ソング「Rich Love, Poor Love」で大いに盛り上がります。
ストリングスとかホーン・セクションとか、いっすなあ。
キャッチーな曲だしね。
フィリーとかディスコとかのキーワードが出てくるんだけど、やっぱりコーラスに絡むヴォーカルの掛け合いが重要。
さらに、ギター・ソロが結構ロックしてて面白いんだな、これがまた。
最後の長い目のインスト部もお約束かな。

思えば、男女デュオって、モータウンの十八番なわけで、シンガー二人のそれぞれの良さを引き出す術には長けてたんじゃないかな。
デュエット・アルバムとして、ほんと素晴らしいアルバムです。
時折、「ダイアナ&マーヴィン」に代表される、過去デュオ曲のニュアンスを感じる部分もあるし、スピナーズなとこもある。
けど、二人が遠慮がちに歌うんでもなく、曲の進行とともに呼応していく、まさに二人の良さが出たデュエット・ヴォーカル・アルバムです。
このアルバムを聴いて、自分としては、前作の中途半端感は、かなり払拭されました。

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

割とあったか。
昨日はマイ誕生日だったんで、母と外食しようかと思ったけど、施設での健康診断とのことで来週に延期。
で、そのまま帰ってきて、昨日見つけた蕎麦屋でランチ。
「エコス」で買い物して帰宅。
その後はグダグダ。、


夜、wowowで「コードネーム U.N.C.L.E.」を観る。



最初の主役2人の追跡劇が面白い。
引き込まれる。
予備知識なかったんだけど、これは「0011ナポレオン・ソロではないか。
そういや、ソロとイリヤの組織は「アンクル」だったな。
ガイ・リッチーといえば最近ではシャーロック・ホームズだったっけなあ。
観る前からいろいろヒントがあったんだ。
で、映画の方はいろいろ趣向を凝らして面白かったけど、ストーリー自体はイマイチかなあ。
でもまあ楽しめました。


続けて「白ゆき姫殺人事件」を観る。



二度目すね。
観た映画は結構忘れちゃうんたけど、これはほとんど覚えてたなあ。
前も書いたかもしんないけど、ネットの怖さ、実社会のやっかみによる発言で簡単に他者を陥れたり、自分に都合の良い証言など、アルアル映画なのです。
で、こちらもオープニングが面白い。
湊かなえの原作もんでも、中村義洋の中でも好きな部類の映画すね。
唯一、井上真央は健闘してたけど、適役だったかどうかはわかんない。

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

まあ、休んだ。
朝、Mと母のところへ。
その後、評判がいいらしい、川島の「四つ葉」というラーメン屋でランチ。
かなり並ぶとのことだったけど、タイミング良く、割とサクッと入れた。
その後、「TOP」で買い物して帰宅。


帰宅後は、3日のレッズの試合の録画を観る。


夜は、wowowで「人生の約束」を観る。



まあ~ベタなタイトルはかえって斬新っていうね。
ハリウッドの映画なんかだと、ヒューマン・ストーリーとして、ベタッと終わってフツーに良かったねってなるかもしれない。
けど、邦画になるとなんか不自然に感じるのはなんでだろー。
別の意味で、日本ならではの、とてもいいことを伝えようとしている映画なんだけどね。
やはり何かが足りない。
豪華キャストではあります。

その後、スカパーで「Jリーグラボ」を観る。
来年はこういう番組もなくなんのかなあ。
かなり寂しいね。

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

特になし。
だけど休日の狭間。
やる気はねー。
昨日の酔いがまだ残ってるし。


今日のいちまい。



スティーヴィーに替わって、3作目はレオン・ウェアがプロデュースっていう、この時期のモータウンの革新的なアルバムを作った2人に絡んだシリータさんは、ラッキーだったのかもしれない。
レオン・ウェアに替わったことで、曲がこれまでより長い目になって、ソウル寄りになった。
曲作りにはシリータさんも多くに絡んでます。
ただ、全8曲っていう短いアルバムで、しかも、1曲はインストのリプライズで、1曲はスティーヴィーの曲も収録。
当時(多分)売れっ子になった、レオン・ウェアのやっつけ的な気がしないでもなくはないかもしれないと思われたりもする。

とりあえずは、前作よりはファーストに近い雰囲気のタイトル・ソング「One to One」で始まる。
語りなんかも含めて、どうしたってマーヴィンの「I Want You」が頭を掠めます。

「I Don't Know」は、ウェアとシリータの共作で、本作を代表する曲だ。
なんか70'sに多くあった、流れる16のフュージョンチックなアレで、このパターンが本作のキモになっとります。
この曲そのものにも、やはり「I Want You」の雰囲気がある。
ドラムだけ残ってのヴォーカルとコーラス、終盤のアドリヴぽいヴォーカルは聞き所す。

次の「Rest Yourself」も、ノリ的には前の曲と同じだけんども、もちっとしっとりした感じ。

「I Too Am Waiting」は、バラードです。
ピアノ類、ストリングスを中心にした綺麗な曲ではある。
シリータさんは、ハイトーンとか、なかなかのテクを聴かせまっせ。

「Tiki Tiki Donga」では、雰囲気が変わって、ストーンズの「悪魔を憐れむ歌」+ワーワー・ワトソンて感じのイントロ。
ポインター・シスターズの「Chainey Do」も頭を過るけど、歌が始まると違う曲。(当たり前か!)
演奏もいいんだけど、スキャット中心の奔放なヴォーカルがやっぱ聞き所っしょ。
アルバムのアクセントになってる曲だ。

「Don't Cry」で、再びバラードに戻る。
凄く丁寧に歌ってる印象だね。

「Harmour Love」は、本作で唯一スティーヴィーの曲とプロデュース。
やっぱ、多曲とは毛色が全く異なります。
前作の「Your Kiss Is Sweet 」の流れってことになるのかな、カリプソ・テイストの可愛い曲だ。
もしかして、前作のアウトテイクだったりして?

最後は、1曲目「One to One」 のリプライズ。
コーラスと演奏のインストです。
1曲目と比べて、リズムが強調されてるように感じるけど、そもそもが、本作はトータル・アルバムって感じもしないので、この収録はどうなんかなあ。

色とりどりだった前作に比べると、同じ色の曲が多く、それがまた時代を感じさせるサウンドでもある。
その割には「Tiki Tiki Donga」やスティーヴィーの曲も入ってるので、「I Want You」ほどの統一感もなく、アルバムとしては中途半端に感じる。
心地よい音ではあるけど、前作ほどインパクトがない。

ただ、アレンジは凝ってて面白味があるのと、曲自体は繰り返し部が多いので、ヴォーカルは制約が全くなくなって自由に歌ってる感じ。
歌を聴かせるソウル・シンガーのアルバムなんだと思う。
個人的には前作の方が好きです。

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

レッズとか。
朝からレッズ
最終節、ホームのvs横浜Fマリノス@埼スタ。
前半は攻めるも、後に重心を置くマリノスに守備に得点できず。
ハーフタイムで他会場の途中経過で、川崎が2点のリード。
勝つしかない状況で、アセる。
後半、やや打ち合いめいた状況になってから、柏木が先制。
盛り上がった盛り上がった。
ところが、いつものやられ方、奪われて独走で失点してしまう。
ところがところが、川崎がガンバに逆転を許したって報が入り、引き分けだったけど、何とか年間勝ち点1位をゲットできた。
勝って堂々と勝ち点1位が理想だったけど、まあよしとしよう。
試合後、珍しくドローにも関わらずウイダイ歌った。
「Champions」のコレオも見事だった。

DSC_0175.jpg

試合後、EJと東川口の「串ぼうず」で納会。
CS獲って、今度は祝勝会やりたいね。
にしても、こういう状況になって改めて、この後CSで勝たないとシャーレ掲げられないって、やっぱ変なレギュレーションだよなあと思う。

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

さらに寒い。
寒いのでとっとと会社出る。
そして、明日休み~。


夜、wowowで「劇場霊」を観る。



中田秀夫監督で、このタイトル、このジャケット、期待せずにはいられないじゃない。
ところが、うーむ・・・。
そもそも劇場霊っていうよりは人形の化け物。
しかも全然怖くねーし。
怖くなかった原因として、まずは、襲ってくる人形に、なんか勝てそうな気がしちゃうとこ。
もっと「怖いんだぞー。抵抗してもかなわないんだぞー」ってとこを前振りで見せとかないとまずかったんじゃないか。
もう一つは、人形の恨みが全く足らない。
だって人形と化した人は、生前、妹たちの面倒見が良くって、とても良くできたお姉さんだったっていうじゃない。
そういう人が急に恨みを持って妹を殺してしまったり、関係ない人を逆恨みするっていう設定、ダメだろ。
まあ、最初の方で、衣装担当の女の子が殺される前のトコはちょこっとだけ怖かったけどさ。
ほんと、そんのくらい。
あと、主役のAKBの島崎遥香が可愛かった。(演技はダメダメだったけど。)


今日のいちまい。



前作に続いて、スティーヴィーが全面的にバックアップした2作目。
こんだけスティーヴィーが関わるアルバムは、これが最後になるんだけどね。
曲は共作とスティーヴィー単独作の半々くらい。

初っ端の「I'm Goin' Left」から、60'sモータウンぽさ全開じゃあないっすかあ。
いい感じ。
適度にソウルなテイストもあり、かっこいい。
好きだわあ。

「Spinnin' and Spinnin'」は、素敵なワルツ曲だ。
ユニゾンで重ねたヴォーカル、ストリングス、そして、最後にスティーヴィーが歌い出した辺りからの遊び心、文句なし。

「Your Kiss Is Sweet」は、レゲエ風の可愛い曲で、この時期、スティーヴィーはレゲエ好きだったんだろね。
「Boogie On Reggae Woman」なんてのもあったしね。
終盤の曲展開はお見事。

ここまでの3曲は2人の共作曲だけど、次の「Come and Get This Stuff」は、スティーヴィーの単独作。
これもレゲエぽい。
前曲より少し泥臭いかな。
クラップとかコーラスとかがかっこいい。
今更ながら、ソングライターとして只者じゃないオーラを感じる。
ほんと、今更か。
なお、この曲は、ルーファスのために書いた「Tell Me Something Good」と同時期の曲らしいっすよ(モヤさまのNA風に)。

「Heavy Day」は、 共作だけど、スティーヴィーらしいバラード。
本人が歌っても何ら不思議じゃない。
昨日思わず書いてしまったミニー・リパートンがコーラスしてて、終盤でちょっと出てくるんだよね。
あの高い声が。
スティーヴィー好みのヴォーカルなんかな?

「Cause We've Ended as Lovers」は、ジェフ・ベックのインストが有名な、何かと曰く付きの曲ですな。
歌が入ると、こういうバラードになるのかあ、て感じ。
そして、シリータの声質とヴィブラートのかけ方が、誰かに似てるとずっと思ってたんだけど、わかりました。
カイリーです。
あ、カイリーがシリータに似てるというべきか。

「Just a Little Piece of You」もモータウンぽい曲ですなあ。
ソロになってからのダイアナ・ロスを思わせる。
キャッチーなんだけど、コード展開は捻りあって一筋縄ではいかんぞ。

ここで続け様に、スティーヴィー作のインタールード的な短い2曲「Waitin' For The Postman」と「When Your Daddy's Not Around」が続く。
もうなんかね、スティーヴィーの世界って感じ。
前者はコーラスのみの斬新な曲で、後者はスティーヴィーの声も聴ける。
途切れないまま、次の「I Wanna Be By Your Side」へ。
シャッフルのりのバラードで、後にデュエット・アルバムを出すG.C. Cameronとのデュエットなんすね。
スピナーズの「It's A Shame」の作者がスティーヴィーとシリータであることを考えれば、普通にあり得る組み合わせだ。
イメージ的にはフィフス・ディメンションが歌いそうな曲。

さらに続けざまに、ラストの「Universal Sound of the World」へ。
前曲からののりのままのミディアムなバラード。
アルバム終盤は、組曲っぽい流れです。
最後に、「Your Kiss Is Sweet」の1節が出てきたりと、トータル・アルバムを意識した作りってことですね。
当時のスティーヴィーの志向もあったんだと思うな。

さて、とにかく前作以上に、いい曲揃い、つうか全曲いい。
ポップス色も強まったし、やはりシリータのヴォーカルには、こういう方向性が正解だと思うんだよね。
ほーら。
また、前作にはなかった、一瞬ドスを利かせたりするヴォーカル、これがね、なかなかいいんです。
そして、曲自体も凝ったつくりになったり、サウンドも多彩になったしね。
シリータの代表作と言ってもいいんではないだろうか。

それはそうと、スティーヴィーとシリータって、この頃、すでに離婚してたのかどうか・・・割とデリケートな時期のアルバムだと思うんだけど、その微妙な?状態がいい方向に出たのかな?
それほど良く出来たアルバムだと思うんだよね。

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

寒い。
特に何もない一日。
さっさと会社帰る。


今日のいちまい。



はい。
リタ・ライト時代のCD発売記念。
案の定、シリータ来ましたあ。

リタ・ライト時代は、「とりあえず、モータウン的な曲歌ってみよかー」なノリで終ってしまったと思うんだけど、デビュー・アルバムつーことで、シリータさんのヴォーカルがどう活かされてるかってとこが聴きどころですね。
で、このソロ・デビュー作が出た頃てのは、結構感慨深くて、マーヴィン・ゲイやスティーヴィー・ワンダーが、独自の道を歩み始めた頃なんだと思う。
モータウンの過渡期というか。
そんな時代の、スティーヴィーの当時妻君のシリータの本作は、当然スティーヴィー色に溢れていました。

1曲目の「I Love Every Little Thing About You」は、シリータの代表作のひとつだと思うけど、サウンドはもう、スティーヴィーそのもので、スティーヴィーが単なるシンガーから脱皮した「Music of My Mind」にも収録されてた曲だ。
まあ、ある意味、時代を象徴する曲でもあったんだろう。
シリータのこのバージョンは、ソウルの要素はほとんどなくって、元々ちょっとベイビー・ヴォイスなこともあるんだけど、フツーにポップスに聴こえる。
そして、その軽いヴォーカルが、この曲では最高に映えて聴こえる。

次の「Black Maybe」は、曲的には前曲以上に、もろスティーヴィーかもしれない。
スティーヴィー本人が歌ってるのが、容易に想像できてしまう。
演奏はクロスオーバーというか、フュージョンぽいというか。
なかなか難しい曲だと思うんだけど、難なく歌いこなしてます。

「Keep Him Like He Is」も、「I Love Every Little Thing About You」同様に、ポップな曲だ。
こういう曲は、シリータのキュートなヴォーカル、ほんに合ってるなあ。
あ、この曲は、2人の共作だね。

で、本作では、次の「Happiness」のみ、シリータの単独作。
歌う人によっては、ソウルぽくなったり、カントリーぽくなったりしそうな曲。
エレピ中心のミディアムなバラードで、こういう曲を聴くと、後にスティーヴィーが手掛けたミニー・リパートンと少しだぶってしまう。

ビートルズのカバー「She's Leaving Home」なんてのも歌ってる。
元歌のせいもあろうけど、白人シンガーって言われても信じるかもしれない。
出来としては、自分的には普通。
クラビぽい音とトーキング・モジュレーターの演奏が聴きどころかね。

再びカバー「What Love Has Joined Together」は、スモーキー・ロビンソン&ザ・ミラクルズの曲だ。
いかにもスモーキーってな曲。
ストリングスとかね。
この曲でも、ヴォーカルがなかなかのテクを聴かせちゃう。

同じようにストリングスが入った「How Many Days」は、綺麗な曲だ。
昔の映画に使われそうな曲。
ヴォーカリストにとっては歌い甲斐がありそう。

最後の2曲はスティーヴィーとシリータの共作す。
「Baby Don't You Let Me Lose This」は、60'sなモータウンらしいフィーリングの曲。
シュープリームスぽいというか。
もちろん、こういう曲は大好物です。

最後が、「To Know You Is to Love You」で、スティーヴィーとのデュエットで終ります。
これはかなりの力作だ。
リフレインから盛り上がっていく、ファンキーな曲で、こういうストリングスとか好きだわ。
70年代に入ってから、テンプテーションズとかが、こういうテイストの曲やってたよね。
この時代では、こういうサウンドが旬だったのかもしれない。

モータウンの中では、ポップス寄りなアルバムなんだと思う。
そこが、自分的にはシリータさんに興味を持った理由でもある。
よって、個人的には「.I Love Every Little Thing About You」や「Keep Him Like He Is」のような、ライトでキャッチーなポップス系が、もうちょっと入ってれば良かった気もする。
でもまあ、ヴォーカルの魅力は充分伝わってくるデビュー・アルバムですね。

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

copyright © 2005 晴れ時々素っ頓狂 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.