晴れ時々素っ頓狂
音楽とかバンド活動とかサッカーとか映画とか。 楽天家。能天気。ボケつき。
あつい。
朝、昨夜録画しといた「シン・ゴジラ」を観る。



ゴジラがもし現れたら、日本政府はどう対処していくのかってとこにスポットを当てた視点は、やはり面白い。
映画館で観た時より、堅苦しいセリフも頭に入ってきた。
残念なところもなくはないけど、怪獣映画としての面白味や、音楽などに愛情を感じる。
短編の「巨神兵東京に現わる」をゴジラに置き換えた所もあるんだね。
ただ、前にも書いたと思うけど、終盤はもっと加速して欲しかったかなあ。


さて、その後、昨日の続きのCD整理。
その後、Mと母のところへ。
帰り、「バーミャン」でランチ。
「たいらや」で買い物して帰宅。


午後もCD整理の続き。
何となく、少し、終りが見えてきたかなー。


夕方からレッズ
疲れて、もう埼スタ行く気力なし。
イライラ映りのDAZNで観戦。
最下位の新潟にも先制される。
前半の攻めのイメージは良かったんだけど、シュートとか最後の精度がね。
失点にしても、勝ててない時は不思議と相手にうまくボールがこぼれたりする。
多分、ちょっとした自信とか、ゆとりとかがなくって、逆に負のイメージがよぎってほんの一瞬躊躇したりするんだろね。
で、やばいなーと思ってたら、森脇のミドルの跳ね返りを阿部ちゃんが蹴り込んで同点。
CKからラファが一度はGKに弾かれるも、すぐさま反応して勝ち越し。
結局、綺麗に崩してとかじゃなく、思い切りの良さや切り替えの早さや根性!で得点できたってとこか。
阿部ちゃんのガッツ・ポーズや、試合後のインタビュー聞いてると、相当追い込まれてたんだなと思う。
きっかけになってくれればいいけど。


その後、wowowで「葛城事件」を観る。



最初から、なんか胸が張り裂けるような辛い映画だ。
出演者の好演もあると思う。
最初は田中麗奈の存在が良くわからず、浮いているいるようにも感じたけど、観終わった後では必要だったのかなーと思える。
彼女だけが、強引に自分の信念のために家族になろうとしている存在だから。
そして、この映画は、死刑囚の子供の話ではなくて、父親の話だったんだな。
子育て終わってて良かったとさえ思ってしまった。
実話を元にしているということもあってか、久々にガツンと来る映画でした。
スポンサーサイト

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

copyright © 2005 晴れ時々素っ頓狂 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.