FC2ブログ
晴れ時々素っ頓狂
音楽とかバンド活動とかサッカーとか映画とか。 楽天家。能天気。ボケつき。
年度末。
とーってもイヤなことがあった。
気分悪い。


夜、昨夜録画しといた「ブリザード 凍える秘密」を観る。



シェイリーン・ウッドリーとエヴァ・グリーン。
前半は、過去と現在を交互にしながらも、時間が経過していくうまい作りで、面白かった。
でも、後半はなんかちょっといろいろ残念。
最後は、もう真相とかどーでもよくなっちゃった。
ってことは、サスペンスとしての面白さはあんましなかったってことかね。
なんとなく面白くなりそでなりきれないまま終わっちゃったって感じだね。
主人公は、結構かわいそうなのかもしんないけど、尻軽ぶりがなかなかで、あんまし感情移入できんかった。


続けてwowowで「ピーチガール」を観る。



おじさんにはちょっと恥ずかしい、青春三角関係もん。
突っ込みどころ満載、つーか、そういうトコは別に重要じゃないんだろうけど。
ただただ胸キュン路線。
でも、最初は照れちゃう感じだったけど、だんだん慣れてくるもんだね。
主人公の「ももちゃん」が、菊池桃子の娘ってのは偶然か。
それにしても、永野芽郁の役処は小悪魔つーより、鬼だろ。


と言ったところで、Hが帰ってきた。


今日のいちまい。



コラボもんとかカバーもんとかいろいろ出てたけど、純粋にソロ名義では「THE NOKKO STORY」以来なんだねえ。
まあ、レベッカの再結成とかもあったから、お久しぶり感は全くないのだけど。


まずはオープニングの「ふふふ」だ。
ユーミンの描き下ろし新曲らしい。
プロデュースがカメちゃん。
で、これがまた、ゴーゴーぽい昭和歌謡チックな曲なんだ。
チープなオルガンといい、キノコホテルみたいだ。
タイトルや歌詞も雰囲気出てるし、ストリングスもいい感じ。
1曲目から期待値上がってしまう。

ユーミン繋がりで、松任谷正隆プロデュースの「翼」が続く。
TXの平昌五輪テーマソングなんだね。
曲は、生ピアノをメインにしたバラード。
NOKKOのヴォーカルは、こういう声でも、表情あるんだよねえ。
ドラムのスネアとか、もっとオンにしても良かったようにも思うが。

アルバム・タイトル曲の「TRUE WOMAN」で、NOKKOの曲が出てくる。
ここまでのストリングスにホーン・セクションも加わった、ノスタルジックなハチロク曲。
歌う人によったら、ソウルぽくなるかもしれん。
ゴージャス感のある、いい曲だよ。

「All my life」で、再び、生ピアノ中心のしっとり系。
ここからバンド・サウンド中心になる。
フリューゲルホン?がいい感じで入ってる。
何気にコーラスがいい。

「この道」は、サンプリングを駆使した、エレクトロなダンス・ミュージック。
ソロになって直ぐくらいのNOKKOを思い出したよ。
聴いたことあるようなメロだけど、いい曲す。

ユーミンのカバー「翳りゆく部屋」が。
この曲のカバーでいえば、姫の強烈なのが浮かんでしまうけど、ここではアプローチが全く違ってて、フィリップ・セス・トリオによる演奏。
ジャズなアレンジというわけでもなく、ウッベは入ってるけど、まあ割りとフツー。
コーラスが入ってからの仕掛け、最後のアドリヴがカッコいいね。

「シアワセのくつおと」は、ストーンズでも始まるのかと思ったイントロ。
ギター・サウンドのロックンロールなアレンジだけど、メロは昭和歌謡。
そうなると、どうしたってGO!GO!7188を思い浮かべるわなあ。
好きです。

「恋に堕ちたら」は、レベッカの新曲として出た曲だと思うけど、レベッカのは聴いてないので比べようはない。
元気いっぱいのロック曲で、アルバム的に前の曲からの流れはバッチリ。
演奏もいい感じで、なかなか盛り上がるな。

再びユーミンのカバーっすか、の「卒業写真」。
NOKKOは、ユーミンほんと好きね。
それも荒井由実時代専門。
以前にも「COBALT HOUR」や「ベルベット・イースター」をカバーしてたもんね。
で、これはシンセ中心にアレンジを組み立てたような感じになってる。
リズムが入ってからはフツーかなー。
ここでもコーラスがいいというか、教会Choirが意表をついた感じで出てくる。
終盤のヴォーカルのアドリヴなんかも凄い。

最後は、「恋に堕ちたら」のアコースティック・バージョン。
アコギ中心のバラードで、これは要らないんじゃね?とも思ったけど、リズムが入ってからは良くなってくる。
チェロ?も加わってきて、段々盛り上がっていくのでした。
この手のは何かと退屈してしまうのが多いけど、そんなことはなかった。


さて、ディスク2に「翼」のMVが入ってます。
白を基調としたNOKKOの歌唱シーンとアスリートたちのシーンが交互になってる、MVとしてはちょっと前の雰囲気。
オリンピックの曲つーことで、あまり大胆なこともできないんだろうけど、映像はまあフツー。


とにかく、声からして、ソウルフルだったりっての全くないんだけど、表現力はほんとあるシンガーだ。
加えて、NOKKOのソングライターぶりもなかなか。
アルバムの構成的にも、序盤にストリングス、さらにホーン・セクションが加わり、以降は、打ち込みはあるものの、バンド・サウンドになっていく流れは気に入ってる。
最後のアコースティック・バージョンでチェロが出てくるのもうまく締めくくってる。

好きだった「ベランダの窓辺」とか「Viaje」辺りのアルバムを聴き直してみたくなった。
スポンサーサイト

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 晴れ時々素っ頓狂 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.