FC2ブログ
晴れ時々素っ頓狂
音楽とかバンド活動とかサッカーとか映画とか。 楽天家。能天気。ボケつき。
帰玉。
朝、ホテルで朝食をとって、すぐに家へ向かう。
昨日の昼まではHに頼んでおいたけど、チャンが心配で。

で、途中事故渋滞で遅れるが、昼過ぎには着く。
「いなげや」で買い物して帰宅。


CATVでやってた「セントアンナの奇跡」を観る。



間違いなく以前観たのだが、全く覚えていない。
戦争の悲惨さを黒人の視点や、舞台になったイタリアの庶民の視点でで描いてるのは新鮮だ。
また、ナチをすべて悪者にしていないところ、パルチザンの存在など、これまで映画にはあまり登場しなかった要素がたくさん出てくる。
ただ、戦争映画というのは、兵隊がヘルメット被ってたり、顔が汚れてたりで、誰が誰やらってのが多く、この映画も例に漏れず。
後になって、なんとなくあの人だったんだろなーみたいな感じ。
印象的だったのは、大虐殺のシーンと、英語、イタリア語、ドイツ語で交互に場面が切り替わる祈りのシーンかな。
また、ひとつひとつの細切れとも思えるシーンが、よーく考えると繋がってくる映画でもあり、そのあたりの「良く考えればわかるっしょ」的な作りが、スパイク・リーらしさなの?かな?


夜は、昨夜録画しといた「夜に生きる」を観る。



ベン・アフレックが今更のギャング映画?って思ったけど、最後まで面白く観れた。
警察とか禁酒法、ギャンブルだけじゃなく、黒人問題、親子、男女の話が絡む。
アメリカ映画的なご都合主義なトコとか、全体的にちょっとスマート過ぎるようにも思えるけど、これまでにはないギャング映画って感じがした。
そもそも人を殺すのを嫌がる、ギャングのボスってのがね。
フツーに楽しめる映画です。


そして、夜、堀監督解任のニュースが。
去年観に行った札幌戦でのミシャ解任に続いて、泊りがけでアウェイに行くと監督解任つーのが続く。
次もそうなったら、ある意味凄い。
スポンサーサイト

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 晴れ時々素っ頓狂 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.