FC2ブログ
晴れ時々素っ頓狂
音楽とかバンド活動とかサッカーとか映画とか。 楽天家。能天気。ボケつき。
雨には降られず。
天気予報ほどは暑くもなく。
帰る頃なんて肌寒かったぞ。


夜、録画しといた「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」を観る。



なんのこっちゃーという邦題は、最後の方で意味がわかる。
しかもわかりにくい。
内容はまさに原題の「Demolition」の方で、奥さんの死をきっかけに一度ぶっ壊して再生していくというか、死んだ奥さんへの思いに気付くまでというか。
観てる時より、後でジワーと来る映画。
奥さんを亡くして、ちょっと危なげに生きているジェイク・ギレンホールと、平凡でつまらなそーな日々だけど、息子は大事にしているナオミ・ワッツはナイス・キャスト。
二人の距離感がとてもいい。
「やもめ」「孤児」という言葉はあるが、子供を亡くした親を指す言葉はないという、義父役のクリス・クーパーも大事な役処で、良い感じだ。
そして、監督のジャン=マルク・ヴァレって誰じゃらほいと調べてみたら、「ダラス・バイヤーズクラブ」や「わたしに会うまでの1600キロ」を撮った人でしたか。
映像のテイストはなんか似てるかも。


で、昼過ぎくらいから、徐々に喉が痛くなって、咳もひどくなってきた。
寒いんだか暑いんだかが続くからなー。
寝よ。
スポンサーサイト

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 晴れ時々素っ頓狂 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.