晴れ時々素っ頓狂
音楽とかバンド活動とかサッカーとか映画とか。 楽天家。能天気。ボケつき。
三連休おわり。
あっちゅー間だった。


Hは昨夜遅くに戻ってきて、今朝早く帰る。

昼前、母を送りがてら、「銚子丸」でランチ。
送り届けてから、「島忠」「いなげや」で買い物。


帰宅後は、「この3連休で過去観たお気楽な邦画を見直そう」シリーズ第3弾、「フィッシュストーリー」を観る。



何度も観てるので、何度も書いたと思うけど、何度見ても面白い、とまた書いてしまおう。
5人のヒーローと、風が吹けば桶屋が儲かる映画で、最後に1つに繋がるところの爽快感は、何度観ても楽しい。


夜は、wowowで「キング・オブ・エジプト」を観る。



まあ、ベタなストーリー。
アニメ観てるみたいだし、展開はゲーム感覚。
でも、まあ、それなりに面白かった。
女優陣もみな美人。
ジェラルド・バトラーが敵役で、ああいうカッコすると、「300 <スリーハンドレッド>」とダブってしまうつー。


続けて、「淵に立つ」を観る。



前半部分は、同監督の「歓待」を思わずにいられなかったが(古舘寛治は立場が違うけど)、より重く、ダークな映画であった。
役者陣の熱演、読めない展開で、引き込まれる。
結局、肝心なところの事実は全く明かされていない。
他にも、劇中には、いくつも顛末や理由が明かされていないものがあって、それらは、人物のキャラや先入感、前後関係から、観る側が勝手に解釈してしまっていて、実際に明らかになった映像や会話はないんだよね。
さらに、浅野忠信のいくつかの言葉にも、伏線らしきものがあるようで、考えれば考えるほどわからなくなる。
ただ、最後まで面白く観れたのは間違いないです。
また、そういうミステリー部分が重要なのではなく、「家族」ってのが、この映画のキーワードなのかなあとは思います。

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

引きこもり2。
いや、買い物は行ったぞ、今日は。
でもそんだけ。


昼、つい「大洗にも星はふるなり」を観てしまう。



昨日の「婚前特急」に続いて、この3連休は、過去観た、お気軽な邦画を観直すことを決意。
その第2弾。
で、嫌いな人は嫌いだろなーというこの映画。
以前観たほどは笑えず。
一度観ればいい感じかな。
みんなちょっとオーバー演技すぎでね。


その後、wowowの「バイオハザード」一挙放送を食いつまんで観る。
このシリーズは、元々、食いつまんだ状態でしか観てなかったので、パズルが多少埋まった程度。
でも、特に、「バイオハザードII アポカリプス」と「バイオハザードIII」を観てなんとなく繋がった気がした。



あんまし長い時間観てると頭がとろけそう。
残酷なシーンもずっと観てるとマヒしてくるね、こら。


で、正真正銘初めて観る「バイオハザード:ザ・ファイナル 」。



新作はちゃんと観よ思ったら、観始めて早い段階で眠っちまった。
あはは。

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

引きこもり。
母が家にいるので、出かけることもなく、一日家の中。


昨夜は、wowowでやってた「エルム街の悪夢」を、つい遅くまで観てしまった。



当時観た時はそれなりに怖かった記憶があるけど、今観ると笑えるトコ多し。
ただ、眠ると襲われるっていうアイデアは秀逸だと思ったなあ。
あと、ジョニー・デップが出ていてビックリ。
それでも、最後のシーンはショボすぎて、ちょっと今観るのはきつい。


今日は、午後、何となく「婚前特急」を観る。



以前、中途半端に観たままになってて、気になってた映画。
もうなんか、浜野謙太がいい味でね。
嫌いは、好きの反対じゃなくて、そんだけ気になる存在だっていう映画。
あるある。
コメディなんだけど、登場人物それぞれのキャラがしっかりしてて、気持ちが伝わってくるようです。


その後、wowowでやってた「ジュラシック・シャーク」を観る。



いやあもう参った。
こんなひどい映画初めて観た。
セリフ、カット、編集、役者・・・学生映画か?
もちろんCGのひどさも際立つ。
途中からだったけど、その前が全く気にならない。
そして、極め付け。とどめの一撃し、エンド・ロールで、字がでっかいのにあまりにスローっつー。
タイトルのパクリ具合が全く気にならないほどひどい。
もう大笑いです。


続けて、「ポセイドン・レックス」を観る。



これ、前に観たなあ。
そん時はえらいまたB級感丸出しだなあと思ったけど、前の映画のあまりのひどさのおかげで、まあ観れた。
映像もセリフも全然まし。
それでもCGは浮いてたし、ヒドイけどね。
いちおーマーク・L・レスターが監督なんだけどね。


夜は、「ヴィジット」を見る。



M・ナイト・シャマランにしては、想定内すぎるというか。
POVにしてはさすがで、それほど観辛くなかった。
死ぬかもしれないって時に、カメラ離さないなんてありえねーだろ!ってのは、この手の映画の宿命だね。
ドキッとさせられたりするトコ含めて、シャマランもこういうことやるんだあっていう感じ。
親子の話を絡めたり、子供のラップを使ったりというアイデアは良かった。

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

金曜みたいな木曜。
やったー。
明日から3連休。
で、連休で母が家に戻ってきました。


夜、「盗聴者」を観る。

LA MECANIQUE DE LOMBRE

木曜の夜は、日本初公開映画。
なかなか良くできたストーリーでハラドキもそこそこ。
でも、なんか今一つ盛り上がらない。
最後もアッサリ。
悪くはないんだけど・・・。
関係ないけど、フランソワ・クリュゼって、時々、仕草や動作がダスティン・ホフマンに見えるんだよねー。


今日のいちまい。



「A Head Full of Dreams」のインタールードだった「Kaleidoscope」をタイトルにしたEPが出た。
陰と陽の関係の「Ghost Stories」と「A Head Full of Dreams」に、さらにヒモ付け足され、さらなる展開はあるんだろうか?

オープニングの「All I Can Think About Is You」は、ちょっと「おっ」ってなった。
ダブぽい雰囲気つーか、生演奏でミニマムみたいな。
コールドプレイには、ありそでなかったタイプかもしれないし、アレンジのアプローチとしては面白い。
ただ、曲自体は今一かなあ。
中盤からの生ピアノのループに、ストリングスからギターが絡んで盛り上がるトコとか、らしくていいんだけど。
曲そのものは以前のなんかの焼き直しぽいて感じ。

「Miracles (Someone Special)」は、サブタイがついてて、「A Head Full of Dreams」にボートラとして入ってたのとは別曲のようだ。
エレクトロでアフリカンぽいリズムに、16のギターのカッティングと歌メロは、これでもかってくらいコールドプレイ。
ラッパーのビッグ・ショーンって人がゲスト参加してるのは、新機軸かも、だけど。

「A L I E N S」は、打ち込み?
この曲も、なんか過去にあったような曲。
ちょっとメロが違えば、レディオヘッドみたいになったかもしれない。
作者にブライアン・イーノの名前があって、妙に納得してしまった。
最後のストリングスとか綺麗だけどね。

「Something Just Like This」は、東京でのライヴだね。
大合唱で、オーディエンスの盛り上がりが伝わる。
コールドプレイのライヴの凄さを思い出す。
曲は、チェインスモーカーズとのコラボで、すでに彼らがシングル発売してたので、知れ渡ってたようです。
よく聴くとエレポップなんだ、これまた。

ラストの「Hypnotised」は、 先行配信された曲。
生ピアノのリフがループする、とにかく綺麗なバラード。
一番素直に聴けた曲かもしれない。
ループということで、オープニングと呼応してるのかもしれないけど、曲としては、よりオーソドックスで、オープニングとは対をなすという、狙ったかどうかはわかんないけど、ちょっと洒落た曲配列。

聴き終わってみれば、どれも絵に描いたようなコールドプレイだなーという印象。
どれも1曲通してよくできている。
ちょっとだけ心配なのは、当たり前すぎて刺激がなくなってきてる気がするのだな。
新しいことやってるのに、新鮮味を感じないのはどうしてだろう。
それは、バンドとしてのカラーが確立されてて凄いってことなのかもしれないし、マンネリってことなのかもしれない。
次作のフル・アルバムを待ちたい。

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

こけた。
今日、会社で階段一段踏み外した。
こけた。
痛かった。
危なかった。


夜、ウィークデイのJ。
アウェイのvsヴァンフォーレ甲府。
前半はいい雰囲気で、ラファとのワンツーで柏木のループ。ゴラッソ。
後半は甲府も盛り返し、守備に追われる時間が増えたけど、「1-0」のまま終了。
今日は身体はって跳ね返してたし、危ないミスもほぼなかった。
(中盤で奪われての危ないのは2.3回あったけどね。どピンチまでには至らなかった。)
最後のトコの守備は、身体に当てる、カバーするはできてたと思う。
後は、大宮戦同様に、奪ってからの攻撃の形を何とか増やして欲しいね。
少しずつかな。
そして、関根の国内最後の試合。
今までで一番ショックな海外移籍だけど、また戻ってきてー。


夜遅くにHが帰るとのことだけど、寝ます。


今日のいちまい。



「Doolittle 25」の流れで、「Indie Cindy」のライヴがついた2枚組の輸入盤も買ってしまった。
あ~あ。
再結成後のアルバムでは、最新作の「Head Carrier」はあまり聴かないんだけど、その前のこの「Indie Cindy」は結構聴くのよ。
ただ、どーも曲順がフィットしてないように思えてならず、EP1~3の曲順に並び替えて聴いたりしてた。

今回、アルバムの順番で聴いたのは久しぶり。
うーむ、やっぱりこの曲順の方が落ち着くのかなあ。
もちろん、国内盤ボートラの2曲は入っていないけど。

本編の方は書いたばかりなのでおいといて、問題のディスク2。

2014年USAでのライヴで、アルバム本編ではゲスト・ベーシストだったけど、こちらは、キムに代わって加入したパズ・レンチャンティンがベースを弾いてる。
このライヴに興味が湧いたのもソコである。

いきなり、キムがかなりフィーヘチャーされてた「Bone Machine」で始まる。
これは、宣言ということかもしんないし、こういうやり方は好きだ。
で、パズの声はだいぶ違和感があるのは仕方ないところかね。
ベースはキムに比べて、良くも悪くも堅実。
ギターが少し変わってて、メリハリがついている。

初期の曲が続いて、「Hey」。
こういう曲だと、演奏には年期を感じる。
が、キムの不在は、特にヴォーカルにおいては、やっぱり痛いかもしれん。
ただ、ブラックのヴォーカルは、なかなか野太く迫力がある。

続く「Ana」みたいな曲は遜色ないかもしんないね。
バカにしてるんかっ!てほど短い曲だけど。

次の「Magdalena」以降、本編「Indie Cindy」からの3曲が続く。
本作は、最初からキム不在だったからか、曲そのものも自然に聴ける。
もっと武骨に演奏しても良かったようにも思うけど、その辺は録音とかも影響してるかもしれない。

「Snakes」は、ピクシーズにしてはアクのない曲だけど、こういう曲の方が無難な出来なのも事実。
ギターはソロ含めてかっこいい。

アルバム・タイトル曲の「Indie Cindy」は、アメリカン・バンドらしい、ゆったりしたグルーヴ感と、ラップまじりのパンキッシュなヴォーカルにサビのキャッチーなメロが交差する。
やはり、こういう感覚ってトーキング・ヘッズっぽい。
ライヴならではの勢いも感じる。
好きな曲だ。

再び、初期り曲に戻って、デビュー・ミニ・アルバム「Come On Pilgrim」から「I've Been Tired」。
アクの強いスカっぽい曲なんだけど、変に落ち着いてなくって、まだまだ若いなあ。
たいしたもんだ。
こういう曲だと、パズはお利口さん過ぎるかもしれない。

次の「Head On」以降、4作目の「Trompe le Monde」の曲が3曲続く。
キムが在籍した最後の、このアルバムからの選曲がもっとも多く、この時期、ブラックのワンマンバンド化は進んでたってことの証明なのかもしれないなあ。
で、この曲はシンプルな出来で、まずまずな感じ。

「The Sad Punk」は、タイトル通りパンキッシュ・・・な前半。
そして、テンポダウンしての後半・・・と、斬新な展開つうより、繋げただけて感じもしなくはない。

パンクが続いて「Distance Equals Rate Times Time」。
「Trompe le Monde」収録の、パンキッシュな曲の連続技。

で、まだまだ突っ走って、.ファースト「Surfer Rosa」からは、「Something Against You」。
「Come On Pilgrim」から「Isla De Encanta」。
怒涛の短いパンク曲攻撃はなかなかの迫力。

ラストは、やっぱり「Trompe le Monde」からで、「Planet Of Sound」。
イントロ部分は、ちよっと雰囲気を変えて演ってる。

というわけで、やっぱ初期の曲は難しいのかなあ~と思いつつも、「The Sad Punk」から続く、怒濤の短いパンク曲の連続は迫力満点。
そんで一応、「Trompe le Monde」の看板曲のひとつ、「Planet Of Sound」で締めるっていう構成。
実際のライヴの曲順はわかんないけど、序盤は何かとキムと比較してしまって、今一なとこもあったたけど、後半の勢いには参りました。
凄いす。

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

copyright © 2005 晴れ時々素っ頓狂 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.